果汁100%ジュースは体に悪いし太る?ダイエットには向いてない?

 

 

「体に良い」という理由で果汁100%ジュースを普段から好んで、習慣の様に飲んでいる人も多いかと思いますし、果汁100%と言われるとやはり、

 

新鮮で体に良い

 

ってイメージが湧いてきますよね?

 

体に良いと言われると、ダイエットにも効果的なイメージがありますが、もしもその様な理由で果汁100%ジュースを習慣のように飲んでいるのであれば、ちょっと待ってください!

 

果汁100%ジュースは体に悪いという声が出ていますし、ヘタしたら痩せるどころか、太る原因になるとも言われております。

 

果汁100%ジュースは本当に体に悪いのでしょうか?

太る原因になってしまうのでしょうか?

 

ここでは、果汁100%を普段から飲んでいる人や、これから果汁100%ジュースを飲むこと習慣にしようと考えている人に向けて、

結論!待った!!

と警報を鳴らしたいと思います!

果汁100%ジュースは体に悪いし、太る?結論は?

 


結論からいうと、果汁 100%ジュースは飲み過ぎると、体にも悪く、太ります!

 

果汁100%ジュースは、「果物の代わりになる」と思っていませんか?

 

果物を摂っているから健康的!!

 

は、間違っているかもしれません。

 

果汁100%ジュース

どんな種類があり

どう作られているのか?

どのくらい飲むのが適量なのか?

 

次は果汁100%ジュースについて、、詳しく説明していきますね。

 

果汁100%ジュースの特徴を知っておくと、果汁100%ジュースがどれだけ太りやすいのか、理解を深めることができます。

 

スポンサーリンク
 

果汁100%ジュースの種類について


まず、果汁100%ジュースの種類について説明します。

 

果汁 100%ジュースは作り方から、3つに分類されています。

 

1.濃縮還元ジュース

2.ストレートジュース

3.フレッシュジュース(生ジュース)

 

の3種類です。

 

3種類の特徴を見ていきましょう。

 

濃縮還元ジュース


一般的に流通しているのは、濃縮還元ジュースがほとんどです。

 

濃縮還元ジュースは、果汁を濃縮させたものに、その後水分を加えて作られています。

 

濃縮させることで長期保存ができ、輸送コストを抑えているため、安価で手軽に飲むことができます。

 

海外の果物から果汁を取って濃縮し、日本に運んで濃度を100%に調節しているものもあります。

 

この濃縮する工程で、果物の風味が落ちてしまいます。

 

その味や香りを整えるために、砂糖や添加物を入れて美味しく飲めるように工夫されているものが多いです。

 

この濃縮還元ジュースは、 果物にもともと含まれている糖分の他に、砂糖などの甘みが添加されていることが多いので、注意しましょう。

 

飲み過ぎると太る原因となります。

 

スポンサーリンク
 

ストレートジュース


ストレートジュースは、果物から果汁を絞り出したものです。

 

国産のものが多く、濃縮還元ジュースよりも価格は高くなります。

 

濃縮還元していないため、味や香りが果物に近くなり、無加糖や砂糖不使用のものが多いです。

 

商品によっては保存料が添加されているものもあるので、 商品のラベルの原材料を見ると何が入っているのか分かります。

 

添加物が気になる方は、確認してみてくだいね。

 

フレッシュジュース(生ジュース)


 

フレッシュジュース(生ジュース)とは、容器に詰めて売られていない、果物からそのまま絞ったジュースのことです。

 

フルーツジュース専門店で売っているもので、自宅でもジューサーで 作ることもできます。

 

果物そのままの甘みを味わえるため、3 つの中では添加物がなく一番安心しておいしく飲めるといえます。

 

また、飲み方についてですが、毎日たくさん飲むことは控えた方がいいでしょう。

 

商品によりますが、果汁100%ジュースのカロリーは 200ml80~100kcalくらいです。

 

ちなみ に 100kcalを消費するには、ウォーキングで30分程度といわれています。

 

1日に200mlコップ1杯までを目安にするようにしましょう。

果汁100%ジュースはダイエットに向いていない?

 

 

カロリーが高く、糖質が多いものは、ダイエット中は控えた方がいいでしょう。

 

ジュースとして飲むと、果物をそのまま食べるよりも、ついつい量を摂り過ぎてしまいます。

 

ダイエットを目的とするなら、果物をそのまま生で食べることをおすすめします。

 

果物をそのまま食べると、ジュースには含まれない不溶性食物繊維を摂取することができます。

 

整腸効果血糖値の上昇を抑えるといった効果があります。

 

果物をそのまま食べるよりも飲み物として飲みたい方は、スムージーにするといいでしょう。

 

ジュースにすると搾りかすとなって捨てられてしまう不溶性食物繊維を、スムージーなら摂ることができます。

 

果汁100%ジュースに限らず、果物も過剰摂取は健康上良くありません。

 

果物には「果糖」といわれる糖分が含まれており、果糖自体血糖値を上げにくいのですが、過剰摂取肥満糖尿病などの生活習慣病につながります。

 

果物の1日の適量は、80kcal程度です。

 

目安として、

りんご 1/2個

みかん 2個

キウイ 1.5個

といわれており、生活習慣病の予防に効果的です。

 

適量を守り、摂り過ぎには気を付けましょう。

 

スポンサーリンク
 

果汁100%ジュースの体へのメリットを紹介!!

 

商品にもよりますが、ビタミンCカリウム水溶性食物繊維などを果汁100%ジュースで摂ることができます。

 

普段から、野菜や果物が不足している方は、ジュースで手軽に摂取できるでとてもいいですね。

 

ビタミン C…抗酸化作用やがん予防風邪予防免疫力アップの効果

カリウム…ナトリウムの排出を促し、血圧を下げる働きむくみの解消

水溶性食物繊維…腸内環境を整える血糖値の急上昇を抑える

 

体にいい栄養素が入っているとはいえ、糖分の摂取量が多いということの方が体への影響が大きいと考えられます。

 

先ほどもいいましたが、

1日に200mlコップ1杯

を目安にするようにしま しょう。

 

果物の栄養を体の健康のために摂りたいという方は、

生の果物

果物をまるごと使ったスムージー

フレッシュジュース

 

を選ぶといいでしょう。

 

まとめ!!

 

果汁100%ジュースは、果物を食べているのと同じではないことが分かりましたか?

 

商品によって、添加されているものや栄養成分は異なるため、商品のラベルで確認することがよいでしょう。

 

目的に合わせて、選ぶようにしてくださいね。

体の健康を考えて、適量を守って美味しく飲みましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です