手先が不器用な人の克服方法と特徴を紹介!原因についてもの対策も!

皆さんは突然ですが、手先が器用な方ですか?

手先が器用だと、私生活や特技に活かせたりと何かと便利です。

しかし、その反面大人になった後の手先が極端に不器用なのって何かと不自由ですよね?

今回は手先が不器用な人の特徴と克服の仕方や対策を紹介していきます!

スポンサーリンク

そもそも手先が器用な人の特徴は?

「口をふさぐほどの光景を目の当たりにする女性社員」[モデル:土本寛子]

まずは手先が器用な人の特徴は主に集中力が高かったなど、メリットが多いです。

本題に入る前にまずは、手先が器用な人に見られる特徴を見て行きましょう!

集中力が高い

「心を無に、座禅で精神統一する女性」[モデル:河村友歌]

集中力が高い人が手先が器用なのは頷けますね!

手先が器用な人は集中力が高い上にある、細かな作業が得意であり、好きな方が多い傾向にあります!(好きこそものの上手なれ、ということですね!)

工作や家庭科が好きな人に多いタイプですね!

私も学生時代は勉強は苦手でしたが、工作と家庭科は好きなタイプで、手先はそこそこ器用な方でした!

スポンサーリンク

作業にミスが少ない

「時間ピッタリに作業を開始するエンジニア」

手先が器用な人は集中力が高い傾向にあるので、当然作業にミスが出にくい特徴があります。

一点に集中する力に長けており、最後まで丁寧な作業を行うことが出来るのです。

イメージを頭の中で作り上げる力に長けている

「ホワイトボードに指をさして案内する外国人の女性」[モデル:モデルファクトリー]

また手先が器用な人に見られる傾向としては、イメージを頭の中で作り上げる力にも長けております。

細かい作業や長時間の作業でも、頭の中でイメージがある程度出来上がっているので、最後までやり遂げることが出来る人も多いですね!

その他にも色々な方がいますが、主に手先が器用な人にはこの様な人が多い傾向にあります。

次は逆に手先が不器用な人の特徴について紹介して行きたいと思います。

スポンサーリンク

手先が不器用な人の特徴と原因を紹介!

手先が不器用な人は主にこの様な傾向が見られます。(全ての人がそうではありません)

ミスが多い

「クライアントに納期の遅れを謝罪する広告代理店社員」[モデル:大川竜弥]

ミスが多いのは手先が器用な人の逆で、ミスが多い傾向にあります。

基本的に手先が不器用な人は細かなことを考えるのが苦手な人が多く、大きなミスはしないものの、いわゆるケアレスミスが多い人が多いです。

手先が不器用で、ケアレスミスが多いタイプにありがちなのが、手先を使う行為に対してのケアレスミスが嫌になり、手先を使うことを習慣から避ける様になります。

その為、いつまで立っても手先が器用にならない、と言った悪循環に陥ってしまうのです。

スポンサーリンク

手先を使わない、使う機会が少ない人

「ソファーから顔を出す猫」

手先の器用さというのは、生まれつきもありますが、経験の積み重ねから来ているものが多いです。

例えばですが、幼少期から親が共働きで自分で家事をしなくては行けない家庭に生まれた場合、幼少期から料理などで手先を使う機会が多く自然と手先を使うのが上手くなって行きます。

しかし、そもそも手先を使う機会が少なければ、それだけ不器用になってくるのです。

集中力がない

「声をかけたら睨みつけられた」

これも手先が器用な人とは正反対となりますが、手先が不器用な人は集中力がない傾向にあり、長時間細かい作業に向き合うのが苦手です。

それ故に手先が不器用のなってしまう傾向にあります。

スポンサーリンク

変に慎重になり過ぎる

「「お前が悪い」と敗北をジェンガのせいにする器の小さい男性」[モデル:大川竜弥]

手先が不器用な人に意外に多いのが変に慎重になり過ぎるところです。

この原因というのが、丁寧にやらなくては行けない所と、手を抜いても大丈夫な所の分別が苦手なことにあります。

その為変な所で慎重になり、大事な所で集中力が欠けたり、手を抜いてしまいそれが細かな作業に出てしまう傾向の人が多いです。

自分に自身がない

「ジャパニーズホラーごっこ(憂鬱な朝)」[モデル:たけべともこ]

手先が不器用な人に多いのは自分に自信がない人が多い傾向にあります。

苦手意識もそうですが、手先が不器用だと、どうしても器用な人と比べて幼少期から人に怒られる経験が多く人が多いです。

その為、自分に自信がなくなってしまい、ますます苦手克服から遠ざけてしまう傾向があります。

次は手先が不器用な人が「脱・不器用克服」方法を紹介して行きたいと思います。

脱・手先不器用克服方法や対策を紹介!

「モゥーひと頑張り」[モデル:古性のっち]

これから、手先が不器用な人でも、簡単に始めることの出来る手先のトレーニング方などを紹介して行きます!

少しでも参考になれば幸いです!

早速見て参りましょう!

スポンサーリンク

音ゲームなどの無料アプリゲーム

「油揚げとワイヤレスイヤホンでテンション揚げ揚げ」[モデル:大川竜弥]

いわゆる音ゲーと言われるもので簡単に言えば譜面やリズムに合わせて、スマホをタッチするゲームの事です。

今では様々な音ゲーがスマホアプリから登場しております。

ゲーム内でも様々な難易度のものがあり、最初の内は難易度が低いものから挑戦し、徐々に難易度を上げていくと良いでしょう。

また音ゲーの良いところは、ゲーム内の曲が良い曲が多いのも人気の秘密です。

電車の中や、ちょっとした待ち時間に手先を使うのにはもってこいであり、リズム感も鍛えられ一石二鳥となります。

私自身も無料でできる手軽さから、時間潰しに音ゲーをしていたおかげで、手先とリズム感が良くなりました「笑」

折り紙をおる

「折り鶴と射し込む日の光と影」

これもおすすめの方法であり、手先を使いながらも頭の運動にもなります。

手先を使いながらも、頭を動かすと言った行動は認知症対策として、介護施設でも実践されている程です。

始めのうちは難しい物を折ろうとするのではなく、簡単なものから徐々に難易度を上げていくことで、挫折しにくくなります。

折り紙自体は100均で購入出来るかつ、今では様々な絵柄の付いた折り紙も販売しており、レパートリーが豊富です。

料理をする

「釜から上がったばかりのチーズたっぷりのピザ」の写真

普段料理をせずに買って済ましてしまう人にはとくにオススメです。

料理には手先を使う、細かな作業が複数あります。

1人暮らしになり、料理を始めてから手先を使う機会が増え、手先が不器用だったのが自然と改善された人も多いです。

普段料理する習慣のない人にとって、最初は億劫かも知れませんが作れる料理が増えるとそれだけレパートリーも増えて楽しくなってくるのでオススメの方法となっております

パソコンでのタイピング

「Macbook でタイピングするエンジニアの手元」

パソコンでのタイピングも手先を器用にするには有効な方法です。

パソコンのタイピングは5本の両指を使うので手先を使うトレーニングになります。

練習の仕方としては、普段からタイピングをしたり、無料で遊べるタイピングゲームで手先の感覚を鍛えることが可能です。

最初はキーボードを見ながらでもゆっくり手先を使う感覚を覚え、慣れて来たらブラインドタッチ(キーボードを見ないで打つこと)に挑戦するなどして徐々に難易度を上げると練習も楽しくなって行きます。

私自身もタイピングは苦手分野でありましたが、毎日30分、タイピングゲームで練習したおかげで、ブラインドタッチが出来るようになりました!

絵を描く

「タブレット上に林檎マークを描く」

絵を描くのも手先を使い、脳の運動にも効果的です。

絵を描くのも集中力を手先を細かく使う動きがあり、簡単な絵であれば、空いた時間でもトレーニング出来ます。

描く絵については基本的に決まりはなく、景色や置物など何でも構いません。

手先が不器用な人のまとめ

今回は手先が不器用な人が今日から出来るトレーニング方法の紹介でした。

手先というのは小さい頃からの積み重ね的な部分もありますが、大人になっても練習次第では十分に克服することが可能です。

手先の不器用な人は最初から、難しいことをするとモチベーションが続かなくなってしまいます。

最初のうちは簡単なところから練習して行き、慣れて来たら徐々に難易度をあげて行くことで、楽しく手先を鍛えることが出来ておすすめです。

手先が不器用なのは生まれつき持った特性でもあるので、いきなり明日から克服と言うのは不可能ですが、手先が器用になることで良いことはたくさんあります。

不器用で困っている方は1日数分からでもトレーニングし、脱・手先不器用を目指しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする