阿部友也さん、阿部智美さん、阿部勝大さんの顔画像は?北海道 森町で起きた衝突事故の詳細は?

「乗用車のハンドルを握る男性乗用車のハンドルを握る男性」のフリー写真素材を拡大

乗用車とトレーラーが衝突する事故が、北海道森町で起きました。

この事故で5人の家族の内、3人が全身を強く打ち搬送先の病院で亡くなりました。

この事故で亡くなったのは両親である阿部友也さん44歳、阿部智美さん40と三男である阿部勝大16さんです。

長男と次男は病院で手当てを受けているものの意識はあるみたいです。

トレーラーに乗っていた男性も軽いけがだったそうです。

現場は、片側1車線で緩やかなカーブになっており、決して事故が起きやすい場所ではなかったにも関わらずなぜこの様な事故が起きてしまったのでしょうか?

気になる事件の概要について見て行きたいと思います。


スポンサーリンク

事件の概要

「渋滞する海岸沿いの道路     渋滞する海岸沿いの道路     」のフリー写真素材を拡大

15日朝早く、北海道森町の国道で、家族5人が乗った乗用車とトレーラーが衝突し、両親と高校生の息子の3人が死亡しました。

15日午前4時半すぎ、森町石倉の国道で、函館方面に向かっていた家族5人が乗った乗用車が、対向車線を走ってきたトレーラーと正面衝突しました。

この事故で、乗用車を運転していた札幌市白石区の阿部友也さん(44)と、後ろの座席に乗っていた妻の智美さん(40)、それに、三男で高校生の勝大さん(16)の3人が全身を強く打ち、病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。

出典:NHK news

事故は15日の朝早くに起きた事故になります。

家族5人は森町石倉の国道で、函館方面に向かっている道中で、対向車線を走って来たトレーラーと正面衝突しました。

この事故で亡くなったのは、両親である阿部友也さん阿部智美さんと三男である阿部勝大さんです。

長男と次男は病院で手当てを受けているものの命に別状はないそうですが、両親と一番したの弟をこの歳で亡くすのはあまりにも辛すぎますね。

また、20代の長男と10代の次男もけがをして病院で手当てを受けていますが、意識はあるということです。トレーラーの32歳の運転手も軽いけがをしました。

現場は、片側1車線で緩やかなカーブになっていて、警察は事故の状況を調べています。

出典:NHK news

この事故でトレーラーを運転していたのは32歳の男性ケガは軽度で住んでいるそうです。

今回の事故の原因は現在の時点では判明しておりませんが、1車線の緩やかなカーブとなっており、決して事故が起きやすい場所ではなかったことを考えると今回の事故は不注意によるものなのでしょうか?

楽しいはずの家族旅行がまさかこの様な形になってしまうとは、悔やんでも悔やみきれません。

阿部友也さん、阿部智美さん、阿部勝大さんの顔画像

問題を調査する|解決策|探偵 / イラスト / 無料素材 / 画像 / 人物

阿部友也さん、阿部智美さん、阿部勝大さんの顔画像は現在の時点では公開されておりませんでした。

コチラの情報につきましては公開され次第加筆して行きたいと思います。

しかし今回の事故は学校のご友人、関係者の方々にとっても辛い事故だと思います。

なぜ今回の事故は起きたのか?

今回事故が起きてしまった原因は以下の要因があるのではないかと思われます。

眠気によるもの

眠気がある状態で運転をすると、居眠り運転の原因となります。少しでも眠いなと感じたらガムをかんだり、眠気覚ましのドリンクを飲んだりして、それでも眠気がある場合は一度自動車を止めて仮眠をとりましょう。

疲労によるもの

長時間の運転や、疲れているときの運転は注意力が散漫になり、事故につながることがあります。眠気がある場合と同様に一度車を止めて休憩をとってリフレッシュするのが効果的です。ただし、疲労があまりに溜まっている場合には、運転自体を控えたほうが良いでしょう。

慣れによる過信

「いつも通っている道だから」といった慣れが生じてくると、初めての道よりも注意力が低下する傾向にあります。また、乗り慣れた車の場合には「この速度でいつも角を曲がれているから大丈夫だろう」という過信が習慣化してしまいます。たとえ走り慣れた道や自動車だとしても「かもしれない運転」を心がけ、常に初めての道路や自動車のときと同じ気持ちで運転することが大切です。

感情による変化

会社で上司に叱られたり、夫婦で喧嘩をしたり、怒りや悲しみなど通常とは違う心理状態で運転をすると、行動に影響することがあります。ほかの自動車に割り込まれたり、追い抜かれたり、約束の時間に遅れそうなのにもかかわらず、前方の車がノロノロ走っていてイライラするような状況でも同様に乱暴な運転になるおそれも。そういった場合には深呼吸をして気持ちを落ち着かせる、飲み物を飲んだり、音楽をつけたりしてリフレッシュすることで、冷静になるように心がけましょう。

ドライバーのぼんやり運転や注意力の低下が事故の大きな原因の1つになっており、集中して運転できない理由にはさまざまなものがあります。適度な休憩や感情のコントロールをしっかりと行い、冷静さと注意力をもって運転することが大切です。

出典:交通教育センターレインボー埼玉

埼玉の交通教育センターは上記の通りこの様な状態の時は特に注意が必要と促しております、

特にもし今回の事故が不注意によるものだとしたら、朝早いだけあって、眠気によるものという要因は強いかも知れませんね。

しかしこれはあくまでも予測なので、断定はできません。

事故の起きた現場

残念ながら現在の時点では正確な場所を特定することが出来ませんでした・

コチラについては情報が入り次第加筆して行きたいと思います。

まとめ

今回の事故は家族5人の内3人が亡くなるという事故でした。

今回の事件は異常に辛い事故だけに、残された2人の事を考えると非常に心が痛みますね。

また事故の状況など公開されていないことも多く今後の情報の公開を待つしかありません。

今回の事故で亡くなられた阿部友也さん、阿部智美さん、阿部勝大さんのご冥福をお祈りすると共に今後この様な事故が起きない事を祈るばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする