アニマル運送人とはどんな仕事!?動物運送の仕事内容を紹介!【世界まる見え大移動SP】

 

 

2020年2月17日 19時〜21時【世界まる見え大移動SP】が放送され、その中で運送のスペシャリストを紹介されます!

 

私が気になったのはどんな動物でも、時間通りに目的地へと移動させる動物運送のスペシャリスト いわゆる【アニマル運送人】と呼ばれる方々です。

 

世界まる見えで紹介される【アニマル運送人】とは一体どんな仕事なのか? 日本ではどの様に、アニマルの運送が行われているのか、気になったので調査してみました!

【世界まる見え大移動SP】で紹介されたアニマル運送人とはどんな仕事?

 


世界まる見え大移動SPの予告には、「ある時は猛獣を、ある時は巨大動物を」と紹介されていました。

 

「猛獣」と言われると、百獣の王ライオンなどを思い浮かべますね!

 

実際にアニマル運送人の彼らが運送するのはライオンはもちろんのこと、「凶暴動物」から「巨大動物」であり、重さ1トンのゾウヘビなど、予告を見る限りでは何でも運ぶ、スペシャリストです。

 

人間であれば、言葉が通じますが、動物となればそうは行きません。

 

言葉が通じず、思う通りに行かない分トラブルが付き物であります。 動物運送のトラブルでパッと思い浮かぶのが

 

・動物による破損

・動物が亡くなる

・動物による事故

・動物による時間の遅延 などがあるかと思います。

 

予告にもあった通り、アニマル運送人であるスペシャリストは凶暴動物や巨大動物を運ぶ、動物専門の運び屋です。

 

動物の運送と言えば、よく上野動物園のパンダなど、日本には生息していない動物を運んだりというイメージが強いかと思いますし、とやかくいう私も、パッと思い浮かんだのがパンダでした(笑)

 

大移動SPでアニマル運送人のプロが運送するのはする動物の中で取り上げられているのが、チンパンジーですが、チンパンジーも年々数が減少している上に落ち着きがなく、凶暴な面も持つ動物なので、運送が大変なのが分かりますね(汗)

 

スポンサーリンク
 

 

日本のアニマル運送人の仕事内容は?

 

日本でも、動物の運送を行なっている、運送のプロの方々がたくさんいます。 動物の運送は人間とは違い、危険も伴いますし、たくさんの経験とノウハウが必要です。

 

では、動物の運送がどのように行われるのか?

 

仕事内容をわかりやすくする為に今回は運送する 動物ごとに紹介することにしましたので、参考になれば幸いでございます!

 

「ゾウ」を運送する際の仕事内容

 

体重1トンで有名なゾウですが、ゾウは大きな体格に体重が重いだけではありません。

 

ゾウは非常に知能も高く、神経質な動物です。

 

大きな音やちょっとしたショックで暴れてしまうこともあり、過去には死亡事故も起きております。

 

アニマル運送のプロは経験からこのことに最新の注意を払う必要があるのです。

 

コチラで運送の手順を調査したところ、大まかな手順としては

 

「ゾウを入れるための大きな檻にゾウを刺激しない様に入れる」

 

「運送用のトラックを乗せ換える為に、リーチスタッカー(コンテナを吊り上げる特殊自動車)使い乗せ替える」

 

「運送用のトラックに乗せ、檻が揺れたりしない様にしっかりと固定する。」

 

と大まかではありますが、ゾウなどの大型動物を運送する際はこの様な手順で行われます。

 

「キリン」を運送する際の仕事内容

 

私自身気になったので調べてみたのがキリンの運送であります。

 

キリンは首が長く、普通の檻ではまず入りません。

 

またキリンは大人しそうに見えて後ろ足の脚力が非常に強力です。

 

時には相手を蹴り殺してしまうことも珍しくない、キリンを運ぶのは危険な仕事であります。

 

キリンの運送の大まかな手順をここでも解説していきます。

キリンの運送の大まかな手順としては

 

「キリン専用に調整された檻を使い、首の部分が出る仕様の物を使います」

 

「キリンを運送用のトラックに乗せ替える為にリーチスタッカー(コンテナを吊り上げる特殊自動車)やフォークリフトを使います。」

 

「キリンを運送用のトラックに乗せ変えたら、檻が揺れない様に固定する」

 

大まかな流れはゾウと同じではありますが、キリンは首の長さが長い故に、ゾウの運送より大変そうに思いました。

 

【世界まる見え大移動SP】アニマル運送人についてのまとめ!!

 

【世界まる見え大移動SP】のアニマル運送人の動物運送の仕事内容に触れてきましたが参考になりましたでしょうか?

 

今回紹介した動物の運送はあくまでごく一部に過ぎません。

 

動物の運送は非常に大変であり、危険も伴う仕事ではありますが、そこには動物との触れ合いがあったり、感動があったりと、動物運送の仕事でなければ得られない達成感もあるのではないかと感じました。

 

今回の紹介で少しでも動物の運送の仕事のプロフェッショナル「アニマル運送人」に興味を持っていただけたら幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です