浅野俊雄と矢部雅子の顔画像と犯行現場は?山口組「極心連合会」飛田新地で女性従業員に売春の疑いで逮捕

出典:ABCテレビ

大阪市西成区の歓楽街・飛田新地で、女性従業員に売春させた疑いで、指定暴力団・六代目山口組系幹部の男ら6人が逮捕された事件です。

この事件で逮捕されたのは、幹部・浅野俊雄容疑者(64)、内縁の妻の矢部雅子容疑者(54)ら計6人です。

容疑者の顔画像と犯行現場について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

大阪市西成区の歓楽街・飛田新地で、女性従業員に売春させたとして、指定暴力団・六代目山口組系幹部の男ら6人が逮捕されました。

売春防止法違反の疑いで逮捕されたのは、山口組系「極心連合会」の幹部・浅野俊雄容疑者(64)や、内縁の妻の矢部雅子容疑者(54)ら計6人です。警察の調べによりますと、浅野容疑者らは去年12月と今年3月、飛田新地の料亭「銀河」で、売春させる目的で、女性従業員に男性客を紹介した疑いが持たれています。料亭の売り上げは月に400万円あり、矢部容疑者が店の実質経営者を務めていたとみられます。警察は、売上金の一部が暴力団側に流れ、資金源になっていた可能性もあるとして調べを進めています。

出典:ABCテレビ

女性従業員に男性客を紹介した疑いで、山口組系「極心連合会」幹部・浅野俊雄容疑者(64)内縁の妻の矢部雅子容疑者(54)ら6人が逮捕された事件です。

有名な指定暴力団「山口組」の売春疑惑の事件ですが、非常に恐ろしいですね。

今回、犯行現場となった料亭の売り上げは400万あり、矢部容疑者が店の実質経営者だったみたいです。

お店の売り上げ金は一部、暴力団側に流れており、資金源になっていた可能性が見られており、警察は現在も取り調べ中だそうです。

売春行為は日本の法律では、禁止されておりますが、「山口組」にとってはそんなことは、蚊帳の外でした。

又山口組という巨大組織は、お店の経営もしていても全然不思議ではありませんね。

スポンサーリンク

容疑者の顔画像

出典:ABCテレビ

顔画像は現時点では公開されていませんでした。

今後顔画像が公開されてる可能性は、少なそうですが顔画像が公開され次第加筆させていただきます。

犯行現場

出典:グーグルマップ

調査の結果こちらのお店が事件現場です。

飲み屋通りになっており、左上に銀河の看板が見えます。

コチラのお店の経営を実質山口組の幹部の容疑者がしており、月の売り上げは400万あったそうです。

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

名前 浅野俊雄(あさの としお)
年齢 64歳
職業 山口組系「極心連合会」若頭
血液型 不明

名前 矢部雅子(やべ まさこ)
年齢 54歳
職業 山口組系「極心連合会」
血液型 不明

逮捕された、残りの4人については情報が公開されておりませんでした。

情報が公開され次第加筆させていただきます。

ネットの反応

・大門背負った人が経営したら捕まえる。
けど実際 経営者みんな裏の世界の人やん。

去年 飛田ウロウロしてたら 近所の派出所さん非番やったみたいで 店の中に消えて行ったで。

・ヤクザの斡旋だからであって、普通に求人で入店して「自由恋愛」しているのは不問ってだけの話。
わけわからんというコメントこそ、わけわからん。
こんなものは、お上の目こぼしで成り立っているわけで、このケースは目こぼしできない、というだけ。

・ほんまに意味わからん。

まわりはなんで捕まらんの?

出典:yahooニュース

コメントに寄りますと大阪の飛田は山口組のテリトリーだという声もありました。

確かに道は狭く、夜は裏の世界の方が多いイメージがあります。

今回の事件も裏の世界で起きた事件ということで非常に恐ろしい事件でした。

まとめ

今回、有名な指定暴力団「山口組」による売春の疑いのかかった事件でした。

今後事件に動きがあり次第またその都度加筆させていただきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする