バイトを辞める残りのシフトが気まずい時の過ごし方をケース別に紹介!

 

 

バイトを辞めるの残りの出勤って気まずいですよね?

 

「就職先が決まった」などの明るい理由であれば残りのシフトも気まずくありませんが、そうでない場合はどうでしょうか?

 

「仕事が合わなかった」

「人間関係が嫌」

「入ったが条件が合わなかった」

 

など、バイトを辞める時は不満の方が大きいのではないでしょうか?

 

私も過去にバイトが合わずに3ヶ月で辞めたことがあるのですが、残りのシフトって結構気まずいんですよね(汗)

 

残りのシフトが気まずい時の過ごし方を今回はケース別に紹介していきますので、悩んでいる方は是非参考にしてみてください!

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

バイトを辞める残りのシフトが気まずいと感じる理由は?

 

バイトを辞めることが決まったとしても、基本的には最低1ヶ月はいなければいけないことが多いです。

 

バイトを辞めるにしても、次の募集やあなたが抜けた穴を誰かが埋めなければなりません。

 

これだけでもバイト先が大変な理由が分かりますね・・・・・

 

では早速ですが、先にバイトを辞める残りのシフトが気まずいと感じてしまう理由を紹介していきます。

 

罪悪感がある

「買ったばかりのベッドが小さくて憂鬱な高身長ガール」の写真[モデル:たけべともこ]

 

バイトを辞めるときに多くの人が感じるのが罪悪感ではないでしょうか?

 

罪悪感を感じること自体、悪いことではありませんし、真面目な証拠です。

 

大抵のバイトは人手不足であり、店長や社員が休日に出勤したり、残業したりと見ているだけで憂鬱になりますよね?

 

そんな中、バイトを辞めると言うのは残った人達に負担がかかります。

 

私もバイトを何回か辞めたことがありますが、合わないのを理由に辞める時は罪悪感がありましたね。

 

特に半年以上働いているとバイトの中では真ん中くらいの立場であることも珍しくありません。

 

働いた月が長いほど、今までお世話になった恩などもあり、気まずいと言うこともあるでしょう。

 

スポンサーリンク
 

周りの反応が気になる

「顎に手をあてて動揺する女性」の写真[モデル:にゃるる]

 

私も過去にバイトを辞めると言った次の日は、色々な人から質問攻めされましたね(笑)

 

辞めるって噂って割とすぐに広まるものであります(笑)

 

バイトを辞めることが周りに知られると、変に気を使われたり、そっけなくなったりすることもよくある話です。

 

また、周りはそんなに気にしていなくても、自分だけ気にしすぎていると言うこともよくあります。

 

辞めると決めたからには、周りをあまり見ないのが吉ですね。

 

仕事を振られなくなった

「窓を乾拭きする様子」の写真

 

バイトを辞めると決まった人に新しい仕事を教えることは、ほとんどないといっていいでしょう。

 

人手が足りていないと、ある程度仕事がまわってくることはありますが、何日も雑用ばかり任せられる

 

というパターンも多いみたいです。

 

明らかに辞めることが決まってから「雑用ばかりで嫌」と思う反面、何もいえずに気まずい思いを私もしたことがあるので、気持ち分かりますね・・

 

また、自分は雑用ばかりなのに自分より後に入った新人が色々任せられているのも、どこか気まずさを覚えます。

 

スポンサーリンク
 

バイトを辞める残りのシフトが気まずい時の過ごし方をケース別に紹介!

 

バイトを辞める時の残りのシフトってどうしても憂鬱になることが多いでしょう。

 

バイトを辞める残りのシフトはなるべく、トラブルやストレスなく過ごしたいものですよね?

 

残りのシフトをなるべく、ストレスやトラブルなく過ごす方法をケース別に紹介していきますので、是非参考にしていただければ幸いです。

 

仕事内容が合わなくて辞める場合

 

仕事が合わなくて辞める時の残りのシフトって結構キツイですよね?

 

私も仕事内容が合わなくて辞める場合は、最低限の仕事だけをこなす形で乗り切るのが個人的にはおすすめです。

 

既に辞める人に対して、重要な仕事を頼んだり、新しい仕事を教えるといったことはしないでしょう。

 

合わずにバイトを辞めるのに、頑張りすぎてしまうと疲れてしまいます。

 

おすすめの方法としては、言われてたことだけを最低限こなすことを優先的に考えましょう。

 

その代わり、あからさまにめんどくさい事はしたくないと思いすぎると態度に出てしまうので、態度に出さないようにする事が大切です。

 

無理せずに残りのシフトを乗り切ることを考えましょう!

 

人間関係が合わなくて辞める場合

「言った言わないで喧嘩してる」の写真[モデル:段田隼人]

 

人間関係で辞める場合、周りもあなたに対して不満を持っている可能性が高いです。

 

人間関係は正直仕方のない部分も多いですが、あなたが抜けるところを周りが埋めなければいけません。

 

その為、あなたに対しての不満が露骨に出す人物元々仲が悪かった人から嫌味も言われる可能性があります。

 

不満を露骨に表す人や自分が嫌いな人と一緒にいるのは、残りわずかと分かっていてもシンドイものです。

 

このように自分にとって害になる人ととは、シフトを被らないようにすることをおすすめします。

 

また、可能なのであれば、シフトの出勤日数を減らすことで、嫌な人と過ごす時間を減らす事が出来るのでおすすめです。

 

また、嫌な人と関わりたくないのであれば、お客さんの相手を率先したり、黙々と作業し、関わらなくて済む様にするのも手でしょう。

 

スポンサーリンク
 

バイト先の条件が合わずに辞める場合

 

バイト先の条件が実際に働いてみたら違かったということもよく聞く話ですね。

 

・日勤の時間で希望したのに夜の時間帯にシフトが入る

・週2で希望したのに週4シフトを入れられる

・未経験者歓迎のつもりがそうではない環境だった

 

など、バイト先の条件が入って見たら、違うと思って辞める場合は基本的に堂々としていて大丈夫かと思います。

 

もしも、条件が合わなかった原因が店長だったとしても店長に対して不満などは言わないのが無難です。

 

不満を言ってしまうと、後々気まずくなる可能性が高くなります。

 

条件が合わなかったバイトの場合は、シフトを減らしたり、残りのシフトはなるべく条件を聞いてもらえるように交渉してみてもよいでしょう。

 

提示した条件を守らなかったバイト先に非があるので、コチラは罪悪感などを持つ必要はないとかと思います。

 

バイトを辞めるときの残りのシフトがしんどい時はどうする?

 

バイトを辞めると決まっていても残りのシフトがどうしてもしんどいと感じてしまうものですよね?

 

まだシフトを提出していないのであれば、シフトを減らしたりするのも手です。

 

また、有給が残っているのであれば、有給を使い切ってしまうのも良いでしょう。

 

バイトでも有給があることは多いので、気になる場合は有給の有無を確認してみるのも手です。

 

バイト行くのがしんどい場合は

 

・退職までのカウントダウンをする

・バイトを辞めた時のご褒美やイベントを用意する

・新しいバイト先を見つけておく

 

退職まで後何日とカウントしたり、バイトを辞めた後にイベントがあったり、次が見つかっているとモチベーションに繋がります。

 

残りのシフトをこなすのは中々、シンドイと思ってしまいがちですが、辞めるまでの期間は生きているうちのほんの一瞬です。

 

残りは大変ですが、新しい生活に向けて、最終日はトラブルなく辞めたいものであります。

 

スポンサーリンク
 

まとめ!

 

バイトを辞める残りのシフトが気まずい時の過ごし方をケース別に紹介していきましたが、参考になりましたでしょうか?

 

バイトを辞めると決まっていても、残りのシフトって気まずくなりやすいですよね?

 

バイトを辞める時の過ごし方としては

 

・辞めるという態度をあからさまに出さない

・有給やシフトを減らせるのであれば、減らす。

・合わない人とは極力関わらない様に努力する

 

など、いくら嫌なバイト先であったとしても、極力不満は出さないようにするのがベストであります。

 

残りのシフトを乗り切るのは大変かも知れません。

 

私も過去に合わないシフトを乗り切るのは大変でしたね・・

 

しかし、あなたに合うバイトは絶対にありますので、今回の経験は絶対次に生きると私は考えます。

 

しかし、今回紹介した内容が少しでもあなたの参考になれば、幸いです!

 

また、今回の記事をきっかけに「このままフリーターとしてバイトを転々としていてもいいのかな・・・・」と思った人に向けて、未経験のフリーターをサポートしてくれる就職エージェントサービスを紹介しています!

一緒にフリーターから正社員への内定獲得を目指して見ませんか???↓

フリーターから正社員へ!20代〜30代未経験者が登録するべき就職エージェント4選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です