チーズケーキの保存方法は?冷凍と常温での期間の違いを紹介!

 

 

チーズケーキって美味しいですよね。

 

あっさりとして、ふっくら軽いチーズケーキなのでいくつでも食べられそうで、ついつい買いすぎたり作りすぎたりします。

 

では、チーズケーキが余ってしまったらいつまで持つのでしょうか?

 

また、保存方法によりどのくらい違いがあるのでしょうか?

 

チーズケーキは冷凍と常温の保存方法の違いで保存期間にどのくらいの差が出るのか

 

違いをご紹介します。

 

チーズケーキはどのぐらい持つの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@kanako_iki)がシェアした投稿

 

 

 

美味しいチーズケーキは、クリームチーズ生クリームなどで作られた、乳製品が主材料のケーキです。

 

チーズケーキは生クリームでデコレーションしたショートケーキなどより日持ちしますが、常温に放置すると短時間で傷みます。

 

お店で買ったチーズケーキで、保存料や防腐剤が入っているチーズケーキは例外ですが、家で作ったり店で買った防腐剤なしのチーズケーキなら、常温で保存するのは避けた方がいいでしょ う。

 

チーズケーキは大きく分けてレアチーズケーキベークドチーズケーキがあります。

 

特にレアチーズケーキは常温に置かないようにしましょう。

 

ベークドチーズケーキは、ある程度は常温で保存できますが直ぐに食べないのであれば、ベークドチーズケーキも冷蔵庫に入れることをおすすめします。

 

チーズケーキを冷蔵保存すると

 

レアチーズケーキなら長くて3日

ベークドチーズケーキでも3日~5日

 

です。

 

保存方法によっても保存期間が異なりますが、風味が落ちることもあり早めに食べるようにしましょう。

 

スポンサーリンク
 

チーズケーキのおすすめの保存方法を紹介!

 

チーズケーキは出来たてが一番美味しいです。

 

ベークドチーズケーキなら、1日寝かして落ち着いたチーズケーキがしっとりとして美味しという方もいます。

 

出来たてが一番美味しいといっても、作りすぎたり買いすぎたりしてチーズケーキが余ることがあります。

 

チーズケーキのおすすめの保存方法は冷蔵保存です。

 

保存期間は3日前後と伸びますし、風味もあまり変わらす食べることができます。

 

チーズケーキの冷蔵保存方法をご紹介します。

 

手順1.温かいチーズケーキは粗熱が取れるまで常温で冷やす。

 

粗熱が取れていない状態で冷蔵保存すると、まわりに結露がつき食べるときに水分がつ きベチャっとしたチーズケーキになるので、しっかりと粗熱を取ります。

 

手順.2. 粗熱が取れて冷めたら、切り分けます。

 

次回食べるときにホール1個食べられるのならば、切り分けないで冷蔵保存する方が切断面が少ないので風味が保たれて美味しいです。

 

しかし、1個全て食べるのは難しいときには切り分けて保存します。

手順3. ラップでしっかりと密閉する。

 

チーズケーキの切断面や周りが空気に触れないようにしっかりとラップに包みます。

 

切断面などが空気に触れると、風味が抜け美味しくなくなるのです。

 

手順4. さらに、ジップつき密封袋や密閉容器に入れる。

 

ラップで包んだチーズケーキを再度ジップつき保存袋や密封容器に入れて保存します。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

チーズケーキの保存期間は冷凍と常温でどれぐらい変わる?

 

チーズケーキを冷蔵保存すると、保存期限が3日になるということはおわかりいただけたと思います。

 

もともと、常温で保存はいない方がいいチーズケーキです。

 

 

常温でチーズケーキの賞味期限は半日です。

 

常温に保存する際は、注意しないといけません。

 

季節や状況によって異なりますが、常温に半日放置すると匂いや味がいつもと違うようでしたら、食べない勇気が必要になります。

 

冷蔵保存期限の3日間でも食べられそうにないときには冷凍保存をしましょう。

 

冷凍保存の方法は冷蔵保存の時と同じです。

 

同じ手間で、冷凍保存は2週間~3週間となります。

 

常温と比べると冷凍保存が、どれだけ長期間保存できるかおわかりいただけると思います。

 

解凍方法も簡単で、食べる2時間~3時間前に冷蔵庫に移して解凍するだけ美味しいチーズ ケーキに戻るのです。

 

風味も若干落ちますが、気になるほどではないと思います。

 

急いでる時には常温で自然解凍でも大丈夫です。

 

電子レンジで解凍することもできます。

 

解凍したチーズケーキが美味しくなるソースのレシピを紹介!!

 

チーズケーキの解凍時に、全部解凍するのではなく半解凍のチーズケーキを食べることも魅力的です。

 

半解凍でシャリシャリのショーベットのような口触りで美味しくいただけます。

 

半解凍で食べる際にソースをかけると、更に美味しくなるのです。

 

解凍したチーズケーキが美味しくなるソースのレシピをご紹介します。

 

レモンソース

【材料】

レモン 1個

大さじ 5杯

砂糖 大さじ 3杯

片栗粉 小さじ 2杯

作り方

1. レモンを半分に切り果汁を搾る(種は取りのぞく)

2. *レモンの農薬が心配がないものだと、皮の黄色いところだけをすりおろしてまぜる。

3. 耐熱容器にレモン汁、水、砂糖、片栗粉を入れよく混ぜて、レンジ(500W)で約1分加熱
(時々レンジから出し、かき混ぜてください)する。(加熱時間は様子を見て調整してください)

4. *片栗粉が透明になりとろみがついたら完成です。

 

ベリーソース

【材料】

イチゴ 5~10粒(他のベリー類でも可)

砂糖 大さじ2~3杯

レモン汁 適宜

作り方

1. 耐熱容器ににイチゴを入れ砂糖を振り入れラップをし、レンジ(600W)で約1分加熱する。(様子を見て加熱時間を調整してください)

2. フォークでイチゴを潰し、粗熱を取る。

3. 粗熱が取れたら、レモン汁を加える。

チョコレートソース

 

【材料】

ココア 大さじ 3杯
大さじ 4杯
チョコレート 7~8カケ

作り方

1. 小さめの耐熱容器にに水、ココアを入れよく混ぜとかす。

2. レンジ(500W)で約30秒温める。(様子を見て加熱時間を調整してください)

3. レンジから出したボウルにチョコレートを入れ溶かす。(チョコレートが溶けなかったら軽くレンジで加熱する)

ヨーグルトソース

【材料】

ヨーグルト 50cc

生クリーム 50cc

砂糖 適量

作り方

1. ボウルにヨーグルトと生クリーム、砂糖を入れ、滑らかになるまで混ぜる。
お好みに応じて、チーズケーキにソースをかけてお召し上がりください。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

まとめ

 

チーズケーキの保存方法、冷凍と常温での期間の違いを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

チーズケーキを冷蔵保存すると

レアチーズケーキなら長くて3日

ベークドチーズケーキでも3日~5日

となりますので、早めに召し上がることをおすすめします。

 

また、冷凍保存は2週間~3週間

 

となりますので、どうしても保存期間を伸ばしたい場合は冷凍保存も検討してみてください。

 

チーズケーキは常温で保存すると半日しか持ちませんので、常温で置きっぱなしの保存は絶対にやめましょう。

 

冷凍したケーキは半解凍の状態でソースをかけて食べるとまた違った味わいになりますので、冷凍保存した際は是非お試し頂ければ幸いです。

 

チーズケーキに関しての関連記事はコチラ↓

手作りチーズケーキの賞味期限・消費期限は?日持ちはいつまで?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です