コンビニバイトの面接で落ちた人に当てはまる特徴8選と受かるコツを紹介!!

 

 

コンビニバイトの面接に対して、あなたは簡単というイメージを持っていますか?

 

それとも、受かりにくいイメージを持っていますか?

 

コンビニのバイトであれば、

 

「ハードルも低そうだし、受けてみよう!」

 

と言う気持ちで受けてみたものの、不採用でショックを受けていませんか?

 

コンビニバイトは、バイトデビューだったり、隙間時間で出来るバイトということで有名ですが、受かる人がいる一方で実は不採用になってしまう人もいます。

 

私も過去にコンビニバイトの面接担当ではありませんでしたが、店長の横で数回立ち会ったことがあり、コンビニバイトに落ちた人の多くに当てはまる特徴が実はあるのも事実です。

 

ここでは、コンビニバイトに受からなくて

 

「なんで受からないの?」

 

となってしまっている人に向けて、

 

コンビニバイトに落ちる人に当てはまる特徴

 

コンビニバイトに受かるコツ

 

を過去にコンビニバイトを4年間してきた私が紹介して行きますので、是非参考にしてみてください!!

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

コンビニバイトって受かりやすい?経験談からお教えします!!

 

「揉み手で商品をオススメする販売員」の写真[モデル:八木彩香]

 

コンビニバイトの面接ってイメージ的に誰でも出来る仕事(向き・不向きは別れますが)故に「受かりやすい」ってイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

 

コンビニバイトが実際に受かりやすいかそうでないか、私個人の意見になりますが結論

 

他のバイトよりは難易度は低い。ただしそれ故に落ちる人も多い

 

と言うことです。

 

私自身、過去に数回、働いていたコンビニの店長が面接をしているのをみたり、立ち会ったことがあります。

 

ですが受かる人には共通点があると同時に落ちる人の多くにも共通点がありましたね。

 

コンビニのバイトと言えど、お客様の相手をする接客業であり、お店の名前を背負って働く責任は少なからずあります。

 

特に最近ではバイトテロも流行っており、以前よりも面接で人間性を用心してみるバイト先も多いのが事実です。

 

では、コンビニバイトの面接で落ちた人に当てはまる特徴とは一体、どんな特徴が当てはまるのでしょうか?

 

次はコンビニバイトの面接で落ちた人に当てはまる特徴を紹介して行きますね!!

 

スポンサーリンク
 

コンビニバイトの面接で落ちた人に当てはまる特徴8選を紹介!

 

面接態度が悪い

「圧迫面接」の写真[モデル:OZPA]

 

 

コンビニバイトの面接に限らず、面接態度が悪い人を雇いたいと思うバイトはありません。

 

「連絡なしに平気で遅刻をする」

「志望動機がネガティブ」

「めんどくさそうな態度をする」

 

と言う人を雇いたいと思うでしょうか?

 

コンビニバイトといえど、採用する前から勤務態度が悪そうな人を採用側は雇いたいとは思わないでしょう。

 

コンビニバイトの面接するのは、ほとんどの場合、責任のある立場の社員がすることがほとんどですが、態度が悪い人を平気で雇ってしまうと、周りから怒られるのは雇った人です。

 

雇った側にも責任があることを考えれば、態度が悪い人は即不採用なのも納得出来ます。

 

履歴書に不備がある

「書き出せない履歴書」の写真

 

履歴書はあなたのことを判断する材料として重要な資料の1つです。

 

自分をPRする要素の1つなので、いくらやる気があっても、不備があるとマイナスになってしまいます。

 

よくある履歴書の不備として上げられる点は

 

・誤字脱字が多い

・字が汚い

・修正液の跡が目立つ

・修正液を使った箇所が多い

・汚れが目立つ

・空欄が多い

・顔写真がない

 

などがあります。

 

履歴書の不備を改善する方法としては

 

・誤字脱字や字の汚さに関してはパソコンで打ち込みをする(修正液を使わなくても済む)

・汚れに関しては、汚い場所に履歴書を置かない、持っていく時は封筒に入れておく

・空欄に関しては志望動機や自己PRをしっかりと考えて書いたり、連絡先や通勤方法、シフト希望をしっかりと記載する

 

などすれば、しっかりとした履歴書が作れるでしょう。

 

あくまでもアルバイトの面接なので、正社員ほどのクオリティは求められることはありませんが、最低限記載しなければならない部分は記載する様にしましょう。

 

スポンサーリンク
 

覇気がない

「上司が気に入らない!会社ごと消えてほしい!」の写真[モデル:大川竜弥]

 

私が過去に働いていたコンビニバイトで不採用になる人にこのタイプが実は多かったですね。

 

声が小さくて、何を喋っているのか分からなかったり、意欲がなかったり、元気がない人は

 

「この人に接客をさせて大丈夫なのかな?」

 

と相手を心配させてしまい、最終的に不採用になってしまうことはよくあります。

 

コンビニの仕事は接客業なので、レジでのお客さんとのやり取りや、スタッフ同士のコミュニケーションお客さんや本部のお偉いさんからの電話対応など、ある程度のコミュニケーションスキルが求められる仕事です。

 

覇気がない人はイメージ的に

 

コミュニケーション能力が低い

 

というイメージを持たれてしまい、接客をさせたとしても、コミュニケーションがうまく取れないことが原因で、お客さんからクレームを受けたり、従業員同士の作業で支障を来してしまう可能性があると思われてしまいます。

 

今までの生活の中で、「声が小さい」「結局、何が言いたいの?」などしょっちゅう言われている人は特に注意した方がいいでしょう。

 

 

面接に相応しくない格好

「身も心もボロボロです。」の写真[モデル:紳さん]

 

 

面接する側は相手の格好も以外と見ているものです。

 

コンビニバイトの面接でスーツを来て、面接を受ける必要はありませんが、だらしなさ過ぎる格好(面接に相応しくない格好)は相手にマイナスの印象を与えてしまいます。

 

例えばですが、

 

・ラフすぎる格好(Tシャツ1枚・アロハ柄の短パン・サンダルなど)

・服が汚い、シワが目立つ

・派手すぎる服装(龍や虎の刺繍が入った服など)

・派手な指輪やネックレス、ピアスなど

・ダボダボな服装

 

など、コンビニバイトの求人に「服装自由!!ピアスOKです!!」と書いてあったしても、面接時の時ぐらいは清潔感のある格好で面接にいくのが無難です。

 

確かに私が過去に働いていたバイト先で、自由な服装で面接に臨んで合格した人はいますが、大抵の場合、面接官にルーズな印象TPO(時間・場所・場面)を弁えない人という印象を持たれてしまいます。

 

スポンサーリンク
 

シフトが合わない

 

 

これは学生に多いのですが、バイト側がお願いしている最低限のシフト条件に対して、条件が合わなかった時に採用側は不採用にすることはよくありましたね。

 

例えば、私が過去に働いていたコンビニの求人例を1つ挙げるとすれば

 

「週3からOK!!労働時間は6時間勤務から!!(17時〜23時30分の時間帯で働ける方大歓迎!!)」

 

という求人を出していたことがあったのですが、そこに

 

「週2希望の午前勤務の労働時間は4時間勤務希望」

 

という人が面接に来ることがよくあったのですが、予め採用枠が決まっているバイト先も多く、条件が合わない人を雇うのが難しい場合もあります。

 

バイト先が希望している条件と合わないと採用が見送りになるケースはよくある話です。

 

募集人数が多かった

 

募集人数が多くて、不採用になるケースも実は多くあります。

 

コンビニなどの接客業は特に人手不足の業界ではあり、なるべく多くの人を採用したいのが本音ですが、バイト先によってはそうは行かない場合もあるのです。

 

私が過去に働いていたバイト先も人手不足だったのですが、人を雇うとなるとやはり、人件費というのが掛かります。

 

つまり、人を多く雇えばそれだけ人件費がかかるので、店舗によっては予め募集人数を設けていることも多いです。

 

私が過去に働いたバイト先でも、某大手求人サイトで求人を出したところ、大量に面接希望者が来たことがありました。

 

しかし、面接希望者が多いとどうしても、経験だったり、シフトの条件などを考慮して選ばれることが多いです。

 

特にアクセスが良いかつ、時給が高い、都心のコンビニだったりすると人気が集中して不採用になることは珍しくありません。

 

その場合、あなた自身に問題があったわけではないので、引きずらないで切り替えることが大事です。

 

スポンサーリンク
 

面接担当者との相性が合わない

「困った表情で考え込む男性社員」の写真

 

私も過去にコンビニバイトの面接に立ち会ったことがあるので分かるのですが、バイトの面接で落ちる理由として

 

面接担当者と相性が合わない

 

という理由で不採用になるケースが稀にあります。

 

コンビニであればほとんどの場合、お店の責任者である店長が面接に立ち会うことがほとんどでしょう。

 

店長とバイトの相性というのは非常に大事であり、面接者側に特に非がなかったとしても店長自身が「相性が合わない」と感じてしまうと、丁寧で優秀な人でも不採用になってしまうケースがあります。

 

私も過去に働いていたバイト先の店長がこの様な理由で不採用にしていたことは実際にありました。

 

「相性が合わない」という理由だけで不採用にするのもどうかと思いますが、やはり採用する側も感情の人間なので、面接時に「あれ?相性が合わないかも・・・」と感じて、不採用になったとしても自分を責めないことが大切です。

 

店の色と合わない

「幸福のCDをBGMに筋トレを頑張る男性」の写真[モデル:大川竜弥]

 

私が過去に働いていたバイトの面接で不採用になる理由として掲げられるのが

 

店の色とあっていないこと

 

が掲げられます。

 

私が過去に働いていたバイト先は都心ということもあり、オタク系の人が多かったのですが、面接に髪型と格好が派手なヤンキー系の人が来たことがありました。

 

オタク系が多い店舗に派手なヤンキー系と相性があまり良いとは思えませんし、お店も基本的に従業員が働きやすい環境を維持するために、お店特有の色は守りたいと考えます。

 

お店の色と合わない人を雇ってしまい、職場環境が悪くなるのは採用する側として避けたいものです。

 

先ほどの内容は極端な例かも知れませんが、お店の色と合わないと判断されてしまい、不採用になるケースというのも実際にあります。

 

スポンサーリンク
 

コンビニバイトに受かるコツを紹介して行きます!

 

先ほどまでは、コンビニバイトで落ちた人に考えられる特徴をいくつか紹介してきました。

 

コンビニバイトと言えば、私個人が感じる感想としては面接のハードルは決して高いわけではありません。

 

しかし、1〜2件の不採用であればともかく、8〜10件も不採用が続いているのであれば、落ちる原因の改善と共に、受かるコツもしっかりと抑えておく必要があると思います。

 

次はコンビニバイトに受かるコツをいくつか紹介してきますので、是非参考にしてみてください!

 

何を聞かれてもある程度、答えられる準備をしておく

「弊社の経営理念を3つ言ってください(面接)」の写真[モデル:のせさん]

 

コンビニバイトの面接は基本的に企業の正社員採用の様な難しいことはありませんし、相手側もその様な答えは実は期待していません(笑)

 

ですので

 

「御社で働きたいと思った理由は接客の的確さや将来性を感じ〜」

 

などお堅い志望理由を無理して考えていく必要はありません。

 

コンビニバイトで面接する側が見ているのは

 

・任せた業務をしっかりとしてくれる

・ある程度のシフトの融通が聞くか?

・ウチのバイト先で問題を起こさないか?

・長期的に続けてくれるか?

 

などを見ていることがほとんどです。

 

よく聞かれる質問例としては

 

「ウチで働こうと思った理由は?」

「希望の時間帯や休みの希望は?」

「いつから働けるか?」

「前職を辞めた理由?」(過去に仕事をしていた場合、聞かれる場合がある)

「長所と短所は?」

 

などを聞かれることが多いです。

 

下記に質問別に注意点をまとめて見ました。

「志望動機は?」 誰でも出来そうだからなどのネガティブな理由は避ける又、「時給」「家が近い」なども言い過ぎない方がいい。

過去の経験や「接客業が好き」などの理由があればベスト。

「希望の時間帯や休みの希望は?」 時間帯などは出来る限り、シフトを多く出るアピールをしておくと良い。

どうしても休みが欲しい曜日がある場合は、休む分、他の曜日は頑張ることをアピールする

「いつから働けるか?」 なるべく「すぐ働ける」というのがベスト。

どうしてもすぐが無理な場合は、正直に事情を話す

「前職を辞めた理由は?」 「人間関係」「前職の不満」基本NG

建前でも良いので、辞めても仕方ない理由を伝えること。

又は前向きな理由に変換できればベスト

「長所と短所は?」 なるべく、バイトに結びつく「長所と短所」を言えればベスト

短所に関しては、あまりネガティブすぎる内容は言わない方が無難(仕事が続かないなど)

 

私が今までバイトの面接で聞かれた内容はこんな感じでした。

 

面接で聞かれることをある程度抑えておくことで、面接をスムーズに進めることが出来るので、是非この辺りはしっかりと抑えておきましょう。

 

スポンサーリンク
 

清潔感のある服装で面接に臨む

「セルフ恋人つなぎ」の写真[モデル:大川竜弥]

 

人は見た目が9割とよく言われますが、最初の数秒で印象が決まると言っても過言ではありません。

 

先ほども言いましたが、就活の様にスーツで臨む必要はありませんが、誰が見ても清潔感のある服装で面接に臨むのが無難です。

 

男性であれば、派手な色をした服装ではなく、色が落ち着いた服装でズボンは短パンなどは控えて、黒の長ズボンにする

 

女性であれば、ブラウスとカーディガンなどがベストで、短すぎないスカートなどにする

 

のがベストです。

 

清潔感のある服装で行けば、必ず受かるわけではありませんが、面接の服装は判断基準の1つになりますので、面接の際は服装をしっかりと意識する様にしましょう。

 

ハキハキと答える

「得意気にビジネスモデルを語るIT社長」の写真[モデル:大川竜弥]

 

面接で大事なのは、相手の質問に対してハキハキと答えることであります。

 

コンビニは接客業ですので、ゴニョゴニョ話したり、自信なさげに話してと相手に良い印象を持たれにくいです。

 

「緊張して言葉に詰まってしまったらどうしよう・・・」

 

という気持ちは私もありますし、今から面接となったら私も緊張するので気持ち分かります。

 

しかし、大事なのは、一字一句詰まらずに話すことではなく、ハキハキ元気に話すことが大事です。

 

ゴニョゴニョ、小声で話すよりもハッキリ話すことで相手に好印象を与えることが出来るので、少しずつでもよいので、ハッキリ話す習慣をつけるといいでしょう。

 

スポンサーリンク
 

シフトや時間帯に関して譲歩出来るところは譲歩する

「電波時計(8時をお知らせ)」の写真

 

バイトの面接で落ちやすい原因の1つとしてよくあるのが

 

シフトや時間帯が合わない

 

ことであります。

 

バイトで働く以上、出来る限り、自分の要望を通したい気持ちは誰にでもあるでしょう。

 

コンビニバイトの採用側が雇いたい人物像は、出来るだけシフトを埋めてくれる人です。

 

せっかく、働いてくれる人が来てくれたとしても、限られた時間しか働けないのであれば、その人を雇うメリットは薄くなってしまいます。

 

シフトや時間帯に関して、譲れるところは譲り、シフトを埋められるところは極力埋める姿勢をアピールすることで、採用率はグッと上がりますので、シフトや時間帯の条件を緩めてみるのも手です。

 

あなたを雇うメリットを明確にさせる

「くぅぅぅううううう(気分爽快)」の写真[モデル:大川竜弥]

 

バイトで採用に結びつけるコツとしては面接官に

 

あなたを雇うメリットを明確にさせる

 

ことです。

 

採用側が人を採用したいと思う理由は、単純に

 

「お店にとって必要な人材」

 

と思っているからです。

 

私がバイト時代に来てくれてよかった人の特徴としては

 

・シフトの融通が聞く

・週4以上で働ける

・何かしらの接客業の経験がある

・一緒に仕事をしていると楽しい

 

などが掲げられます。

 

初めてのバイトであれば、極力シフトに入る様にし、1日でも早く戦力になれる様に頑張ることをアピールする。

 

何かしらのバイト経験があるのであれば、自分の経験してきたことや出来る業務を相手に伝える。

 

ようにすれば、採用者側も

 

「この人を雇いたい」

 

と感じることでしょう。

 

謙虚な姿勢で挑むことは大事ですが、相手にコレらのメリットを提示することで「この人を採用したい!!」と思わせることが出来るので、自分にアピールできることはないかを1度探すことをおすすめします。

 

スポンサーリンク
 

コンビニバイトの面接で落ちた人に当てはまる特徴8選と受かるコツを紹介!まとめ!

 

コンビニバイトの面接で落ちた人に当てはまる特徴受かるコツについて紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

 

コンビニバイトはハードルが低く、誰でも受かると思われがちですが、最低限の社会的マナーやお店側との相性が合わないと判断されてしまうと落ちてしまうことは実際にあります。

 

ですが、コンビニは基本的に人手不足な職種なので、準備をしっかりとして面接に望めば、大抵の場合採用されることがほとんどでしょう。

 

是非、今回の内容があなたの参考になり、コンビニバイトが見事に採用になれば、私としても嬉しい限りです!!

 

↓アルバイトの面接についての関連記事はコチラ↓

 バイトの面接で落ちるフラグ5選を紹介!受からない原因と対策は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です