料理酒のアルコールを飛ばす時間は何分かかる?飛びきったのを確認する方法は?

 

 

煮物はもちろん、ステーキや和え物にも使える料理酒は、料理に旨味やコクをつけるのに欠かせません。

 

料理酒というくらいですから、アルコールが含まれています。

 

しかし、料理酒を使った料理を食べても酔っ払うことはありません。

 

煮込むことで、アルコールを飛ばすことができるからです。

 

では、料理酒をどのくらい煮込めばアルコールが飛ぶのでしょうか?

 

アルコールが飛んだかを、どうやって確認すればよいでしょうか?

 

今回は、料理酒のアルコールを飛ばす時間や温度について調べてみました。

 

正しくアルコールを飛ばすことができれば、安心して料理酒を使うことができますよ。

 

料理酒のアルコールを飛ばす時間は平均何分かかる?温度との関係は?

 

 

 

煮立ててアルコールを飛ばした料理酒を、「煮切り酒」といいます。

 

おひたしや和え物など、煮込まない料理にはこの煮切り酒を使うとよいでしょう。

 

煮切り酒を作るには、電子レンジで1~2分加熱すればOKです。

大きめの耐熱容器に料理酒を使いたい分量だけ入れて、ラップをせずに電子レンジにかけてください。

 

一緒に水などは入れないでください。

 

大さじ1、2杯程度なら電子レンジがよいですが、それより多く使いたい場合は鍋で火にかけるのがおすすめです。

 

電子レンジでも鍋でも、沸騰後30秒~1分ほど煮立たせるのがポイントです。

 

作った煮切り酒はそのまま料理に使えますが、長期保存はできません。

 

その日に使い切れる量を作るようにしてください。

 

どうしても残ってしまった場合は、密閉できる瓶などに入れて、冷蔵庫で保存します。

 

冷蔵庫保存でも、1週間以内には使い切るようにしてください。

 

わざわざ煮切り酒を作らなくても、煮込み料理に使う場合は、調理の際、煮汁と一緒に火にかければ、煮込むうちにアルコールは飛びます。

 

料理酒は水よりも沸点が低く、78℃で沸騰し始めます。

 

水の沸点は100℃ですから、水が沸騰し始めたときにはもう、アルコールは蒸発しているのです。

 

スポンサーリンク
 

料理酒を入れるタイミングは、いちばん最初!! 

 

料理酒は、砂糖よりも前に入れてください。

 

煮込み料理を作るとき、味付けに砂糖を入れることもあるでしょう。

 

糖分が入ると煮汁に粘度がつき、アルコールが飛びにくくなるのです。

 

最初にアルコールを飛ばしてから、他の調味料を加えていくようにしてください。

 

料理酒を使うのはなんのため?

 

料理酒を使うことで、料理にコクと旨味を足すことができます。

 

また、肉や魚の臭みを取る効果もあります。臭み消しに使う場合は、調理の際、一緒に煮込むのがおすすめです。

 

料理酒には、食材をやわらかくする効果もありますよ。

 

スポンサーリンク
 

料理酒がないときは、他のアルコール飲料で代用できる

 

料理酒を切らしているときは、日本酒やビールなど、家庭にある他のアルコール飲料でも代用が可能です。

 

料理酒のアルコール度数は14%前後

日本酒は15%前後となっていますので、あまり変わりません。

 

料理酒と日本酒との違いは、塩が入っているかどうかです。

 

料理酒は塩を入れることで飲用と区別されるので、安価に入手できるようになっています。

料理酒の代わりに日本酒を使う場合は、塩分が足りないと感じるかもしれませんので、味の調整をしてください。

 

ビールや焼酎で代用するときには、それぞれの飲料の風味がありますので、量を調節しながら使うとよいでしょう。

 

料理酒とみりんの違い

 

みりんにもアルコールが含まれるため、料理酒の代用にみりんを使うこともできます。

大きな違いは、料理酒には塩が入っていますが、みりんには糖分が入っている点です。

みりんを使うと、料理酒よりも甘みが出ますので、全く同じ味にはなりません。

料理酒の代わりにみりんを使ったときは、味付けに注意しましょう。

 

また、みりんとよく似ていますが、みりん風調味料はアルコール度数が1%未満のため、料理酒の代用にはなりません。

 

スポンサーリンク
 

料理酒のアルコールが飛びきったのを確認する方法は?

 

料理酒のアルコールが飛んだかどうかは、見た目ではわかりませんので、匂いや味で判断します。

匂いを嗅いで、食べてみてアルコールを感じなければ、問題ないでしょう。

 

料理酒のアルコールを全部飛ばすのは実は難しい?

 

料理酒のアルコールは、完全には飛ばせないようです。

 

食材にしみ込み、他の調味料と混ざることで、どうしても揮発せずに残ってしまいます。

ただ、残るといってもほんのわずかなもので、影響はほとんどないといえるでしょう。

 

心配な方は、長めに煮込むと、その分アルコール濃度は下がります。

 

アルコールにアレルギーがある人や、妊娠中、授乳中の人、または乳幼児に食べさせる場合も、注意が必要です。

それ以外の人にとっては、気にするほどではありません。

 

まとめ!

 

料理酒は旨味とコクを出すため、煮込み料理に多く使います。

 

使うときには、煮立たせてアルコールをしっかり飛ばすようにしましょう。

 

アルコールはほとんど蒸発するので、料理酒を使った料理を食べても、飲酒にはなりません。

 

料理酒を上手に使って、料理をおいしく仕上げてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です