カレー粉の代用品10選を紹介!ターメリックやカレールーは代わりとして使える?

 

こんにちは。 カレーやタンドリーチキンなどのスパイシーな料理を作る時に使うカレー粉ですが、今回はカレー粉の代用品10個紹介していこうと思います。

 

これから紹介するカレー粉の代用品の特徴をそれぞれ理解し料理の幅を広げていきましょう。

カレー粉の代用品10選を紹介!

カレールー

 

カレールーならあるよという家庭も多いのではないでしょうか?

 

スパイスではないもののカレー粉の代用品としてはとてもオススメです。

 

カレールーを刻んだり、擦ったりするとカレー粉の代わりとして使いやすくなります。

 

しかし、カレールーには野菜ブイヨン食塩砂糖なども含まれているので味付けをする際は他のスパイスや調味料の分量に注意してください。

 

多く入れすぎるととろみなどもついてしまうため、分量の調整が必要になってきます。

 

ターメリック


ターメリックとは、ウコンの地下茎を感想させたスパイスのことです。

 

カレー特有の黄色を生む、色付けとして主に使われています。

 

香りや味があんまりしないので、他のスパイスと組み合わせて使うことをオススメします。

 

ウコンの一部でクルクミンという肝臓の働きを活性化させる効果もあるので、ぜひ料理に取り入れてください。

 

スポンサーリンク
 

ガラムマサラ

 

ガラムマサラとは、インドで使われているミックススパイスで、3~10種類のスパイスを混ぜ合わせて使われています。

 

カレー粉と同じようにさまざまなスパイスが使われているため、カレー粉の代用品としてピッタリです。

 

混ぜ合わされているものの中にはクミンシナモンナツメグカルンダモブラックペッパークローブなどが含まれており、配合率などに決まりはありません。

 

カレー粉との大きな違いとしては、ターメリックが入っているかいないかです。

 

カレー粉にはターメリックが入っておりガラムマサラには入っていません。

 

ですので、 ターメリックを入れることにより、さらにカレー粉に近づけることが出来ます。

サフラン


サフランとは、特徴的な黄色の色付けや香り付けとして、パエリアなどの料理に使われています。

 

サフランはスパイスの中では高価な部類に入ります。

 

カレー粉の代用としてはあまりピッたしとは言えませんが、スフランの色や香りは料理の幅を広げてくれることに間違いはありません。

 

クミン

 


クミンとは、強い香りが特徴で、カレーの匂いの成分のほとんどを占めています。

 

スパイシーな香りのためカレー粉の代用品にオススメできるスパイスです。

 

しっかり炒めることでさらに香りや高めることができます。

 

カレ ーだけでなく、スパイスがたくさん使われるエスニック料理などにもオススメです。

コリアンダー

 


コリアンダーとはパクチーのことで、パクチーの種子の部分を乾完熟させたものがスパイスとして使われています。

 

パクチーの独特の匂いとは違い、甘い香りが特徴です。

 

コリアンダーはカレーやシチュー、肉料理の臭みけし、パンやクッキーなどにも幅広く使われています。

 

スポンサーリンク
 

ミックススパイス


ミックススパイスとは、すでに複数のスパイスが配合されているものです。

 

用途に応じてさまざまなスパイスが 配合されていますので、簡単に味付けや香り付け、色付けをすることができます。

 

製品によって配合されている ものが異なりますので、配合されているものを確認し、それぞれの特徴を理解して料理に使うようにしましょう。

 

チリペッパー

 

チリペッパーとは、唐辛子を粉末状にしたもののことです。

 

チリペッパーだけでカレー粉の代用をするのは難しいので、他のスパイスと組み合わせることをオススメします。

 

辛みを出したい時に使うと良いです。

 

カレーの他に麻婆豆腐やチリソースなどをつくる時にも加えてみてください。

五香紛


五香紛とは、中国を代表するスパイスで、シナモン、クローブ、花椒(山椒)、陳皮、フェンネルを組み合わせたものです。

 

独特の甘みのある香りで料理に深みのある香りをプラスしてくれます。

 

オールスパイス


 

オールスパイスとは、フトモモ科の植物の果実を香辛料にしたもので、クローブ、ナツメグ、シナモンを混ぜ合わせたように香りがあります。

 

ミックススパイスに似た香りです。

 

1つでさまざまな料理に使うことができ、カレー粉の代用にもとてもオススメです。

カレー粉の代用品で作るサンプルレシピを紹介

ここでは、カレー粉の代用品で作ることが出来るサンプルレシピを2品紹介していきたいと思います。

 

少し手間はかかりますが、カレー好きなら絶対に挑戦したくなる品ですので、是非、参考にしてみてくださいね!!

 

タンドリーチキン

〈材料〉
・鶏モモ肉200g
・漬け込みダレ
・ヨーグルト:100g
・ガラムマサラ:小さじ2
・チリパウダー(お好みで他のスパイス):適量
・ケチャップ:大さじ2
・ニンニク:1かけ
・ショウガ:1かけ

〈手順〉

1. 肉を均等に大きさに切り、フォークで数か所さします。

2. 混ぜ合わせておいた漬け込みダレに切った鶏モモ肉を入れ、30分ほど漬け込みます。

3. 油をしいたフライパンに漬け込んだ肉をこんがりするまで焼くと出来上がりです。

パエリア

〈材料〉
・米:2合
・鶏モモ肉:350g
・玉ねぎ:中1玉
・ニンニク:1かけ
・ターメリック:適量
・クミン:適量
・塩コショウ:適量
・水:350cc
・コンソメ:小さじ1/2

〈手順〉

1. 鶏モモ肉を食べやすい大きさに切ります。

2. 玉ねぎ、にんにくはみじん切りにします。

3. フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくと玉ねぎを炒めます。

4. 米を加えて、色が透き通ってきたら、水、コンソメ、鶏モモ肉を入れ、20 分程度煮込みます。

5. 鶏モモ肉に火が通ったら、中火で水分が飛ぶまで加熱したら出来上がりです。

 

カレー粉の代用品10選を紹介!ターメリックやカレールーは代わりとして使える?まとめ!

 

カレー粉の代用品として使える調味料を10選紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

カレー粉の代用品の代用品の多くは、香りを引き立たせてくれるものが多く、代用品の中でも使う代用品によって香りが違うので、使う際はどの代用品が料理に合うかしっかりと確認し、使うことをおすすめします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です