カレーを冷蔵庫に何日持つ?鍋ごとや1週間保存は危険なのかを紹介!

 

こんにちは。

 

家庭料理の定番であるカレーですが、ついつい作り過ぎてしまって、余らせることも多いのではないのでしょうか。

 

そこで今回は余らせてしまったカレーの安全な保存方法や期間について解説していこうと思います。

 

正しく保存することで長く日持ちし、美味しく安全にカレーを食べることができます。

 

今回紹介する方法を参考にしていただくと、カレーを作り過ぎたとしても安心ですよ。

 

カレーを冷蔵庫に何日持つ?鍋ごとは大丈夫なの?

 

 

カレーはとても傷みやすい食べ物ですので、余った分は冷蔵庫で保存をするべきです。

 

常温でそのまま一晩寝かせたりするのは避けましょう。

 

特に夏場などは食中毒の危険性が高まります。

 

カレーを冷蔵庫で保存する場合2〜3日保存することができます。

 

カレーは菌が繁殖しやすい食べ物ですので、3日以上経っていたら食べるのをやめるようにしてください。

保存方法として、タッパーなどの小分けができ、密閉性の高い容器などに入れるようにしましょう。

 

鍋のまま保存することは可能ですが

 

鍋は密閉性があまり高くないため菌が繁殖しやすくなります。

 

鍋で保存するときはお玉を入れたままにしないことです。

 

お玉にも菌がついていますし、鍋と蓋の間に隙間ができ、菌が繁殖しやすくなりますので注意してください。

 

また、蓋がしっかり閉まっていないと匂い移りの原因にもなります。

 

ですので、 カレーを保存するときはできるだけ、タッパーなどの密閉性が高い容器に小分けして保存するようにしましょう。

 

スポンサーリンク
 

カレーを冷蔵庫に入れても1週間は危険?

 

カレーを冷蔵庫に入れて、保存していても一週間は危険です。

 

カレーはウェルシュ菌という腹痛や下痢などを引き起きる菌が繁殖しやすいです。

 

ウェルシュ菌は熱に強く、カレーを鍋で煮込んでもほとんど死にません。

 

いくら、冷蔵で保存していても 1 週間ほど経過すれば菌は増えています。

 

ですので、冷蔵庫に入れて保存する場合は 1 週間ではなく、2~3 日で食べるようにしましょう。

 

もし 1 週間保存する場合は冷凍保存をおすすめします。

 

タッパーなどに小分けにして冷凍し、最低でも 1 か月以内に食べ終わるようにしましょう。

 

カレーは温かいまま冷蔵庫に保存は大丈夫?

 

カレーに限らず冷蔵庫で保存するときはしっかりと粗熱をとり、冷ましてから保存するようにしてください。

 

温かいまま冷蔵庫で保存してしまうと、保存容器の蓋などにカレーの蒸気が水滴としてつき、カビの原因になっ てしまいます。

 

また、周りの食品にも影響が出てきます。

 

温かいまま保存したカレーの熱気が周りの食べ物に菌が繁殖してしまう原因になるかもしれません。

 

また、温かいまま入れてしまうと冷蔵庫内の温度も上がりますので、冷蔵庫の電気代が上がったり、他の食材が痛んだりすることに繋がります。

 

ですので

 

カレーを冷蔵庫で保存するときにはしっかりと粗熱をとってから、冷蔵庫で保存するようにしましょう。

 

スポンサーリンク
 

カレーのおすすめの冷蔵方法を紹介!

 

 

カレーを冷凍保存する場合、まずチャック付きの保存袋タッパーなどの小分けできる容器を準備しましょう。

 

カレーを容器に入れたら、粗熱を取り、しっかり冷ましましょう。

 

粗熱が取れたら、しっかりと密閉して冷蔵庫で保存してください。

 

粗熱をしっかり取って、保存することがとても大切です。

 

また、冷蔵保存したカレーも2~3日以内に食べるようにしてください。

 

それ以上経ちますと、菌が繁殖している可能性もありますので。

 

食べる際には事前に匂いなどを確認するようにしてください。

 

また、温め直す時もその時に食べる分だけを温めるようにしましょう。

 

カレーを冷蔵庫で保存するのにおすすめの容器を紹介!

 

ここでは、カレーを保存するのにおすすめの容器を紹介していきます。

 

カレーを冷蔵庫で保存する際は是非、参考にしてみてください。

 

耐熱ガラス容器


耐熱ガラス容器は密閉性も高く、匂い移りもしにくいのでとてもおすすめです。

 

しかも、レンジやオーブンでそ のまま使うことができるので、温め直す時やカレードリアなんかを作る時にも役に立ちます。

 

プラスチック容器

プラスチック容器の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

プラスチック容器は軽くて丈夫なものが多いです。

 

冷凍できるものやレンジでそのまま使えるものもあるので、持っておくと便利ですね。

 

チャック付き保存袋


チャック付き保存袋は収納性が高いのがポイントです。

 

 

冷蔵庫や冷凍庫で立てて並べて置けるのでスペースを最小限に抑えることができます。

 

スポンサーリンク
 

まとめ

 

今回はカレーの保存方法について、紹介させていただきました。

 

まず、カレーを保存する場合な常温で保存することは避け、冷蔵庫や冷凍庫で保存するようにしましょう。

 

また、鍋のまま保存するのではなく、タッパーなど の密閉性が高い保存容器に小分けにして保存するようにしてください。

 

保存期間として

冷蔵庫なら2、3 日

冷凍庫なら最低でも1か月程度

を目安に食べきるようにしましょう。

 

あくまで目安ですので、食べる前に匂いなどを確認することをおすすめします。

 

また、カレーを温かいまま冷蔵庫で保存してしまうと、カビが生えたり、 周りの食材が傷む原因にもなりますので、しっかりと粗熱をとってから、保存するようにしましょう。

 

ついつい作りしまうカレーですが、長く、安全に美味しいカレーを食べるためにも今回紹介した保存方法を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です