暖房は何度からつける?時期の目安やおすすめの温度を紹介!

 

 

「肌寒くなってきたけど、暖房はつけるべき?まだ早いかな?」

毎年寒い季節が始まると、必ずといって良いほど考えてしまう悩みですよね。

 

暖房を一度つけると暖かさに慣れて、なかなか手放せなくなってしまうのですよね。

 

そこで、暖房は何度からつけるかが重要になってきます。

 

今回は、

 

暖房をつけるべき温度や時期

おすすめの設定温度

 

についてご紹介します。

 

また、暖房は冬に欠かせないものですが、暖房費の請求にハラハラしてしまいますよね。

 

暖かさをキープしながら節約できる方法も、お教えします!

 

暖房を快適に使えるような情報が満載ですよ。

 

暖房は何度からつける?つけるべき温度を紹介!

 

一般的に人が寒いと感じるのは、室温が16℃以下になったときだと言われます。

 

暖房をつける目安として、16℃と覚えておくと良いと思います。

 

でも、暑がり、寒がりによっても暖房をつけたいと感じる温度は変わってきますよね。

 

あなたが「これ以上、寒くて耐えられない!」と感じたときが暖房をつけるタイミングかもしれません。

 

それでも、つけるべきかどうか迷ったら、日本気象協会の暖房指数をチェックしてみてくださいね。
https://tenki.jp/lite/indexes/danbo/

 

スポンサーリンク
 

暖房をつける時期の目安は何月から?

 

暖房をつける時期は平均で11月頃が一番多いとされます。

 

11月は平均気温がぐっと下がり、気温と室温の差が大きくなる日が増えてくるため、寒いと感じやすくなるのです。

 

さらに、寒さを我慢しすぎると体温も急激に下がり、体調不良を感じる人が11月頃から増えてくるとも言われます。

 

ただ、日本全国同じように気温が下がるわけではないため、地域によって暖房をつける時期も変わってきます。

 

 

たとえば、

 

北海道などの寒い地域では10月頃から

九州などの暖かい地域では12月以降

 

といったようにズレがあるようです。

 

11月は暖房をつけ始める目安と覚えておきましょう。

 

 

暖房をつける時のおすすめの温度は?

温度計[28144085687]の写真素材・イラスト素材|アマナイメージズ

 

 

暖房はついつい高めの温度に設定したくなりますが、おすすめは環境省が地球温暖化対策のために推奨する20℃です。

 

 

暖房の設定温度を20℃にするわけではなく、室内の温度が20℃になるように設定します。

 

 

20℃と聞くと、冬としては意外と低く感じるかもしれませんね。

 

 

でも、温かい下着を1枚プラスするなど暖房以外の方法と組み合わせれば十分暖かく過ごせます。

 

 

暖房費の節約にもつながり、一石二鳥!

 

 

ちなみに、赤ちゃんや高齢者の場合は20℃よりも高い室温を保つ必要があります。

 

赤ちゃんは体温調節がまだ上手くできないため、周りの温度に左右されやすいです。

 

高齢者も体温調節の機能が衰えつつあるため、適切な温度管理が必要になります。

 

赤ちゃんがいる場合は20~25℃、高齢者がいる場合は20~22℃に室温を保てるように暖房を上手に使いましょう。

 

スポンサーリンク
 

暖房をつける時の節約ポイントは?

支払いアイコンイラスト - No: 906652/無料イラストなら「イラストAC」

 

夏の冷房冬の暖房。

 

実は、冬の暖房の方が費用が高くなりやすいのです。

 

外の気温と室温の差が大きくなればなるほど、設定温度まで室温を調整するために大きなエネルギーが必要になるからです。

 

なので、できるだけ小さなエネルギーで部屋を暖めるのが節約のポイントになります。

 

さらに、冷房は3~4ヶ月程度の使用期間であるのに対して、暖房は約半年近く使います。

 

使う期間の違いからも、暖房は費用がかかることが分かります。

 

30分程度の外出であれば暖房はつけたままにしておいた方が良いと言われますが、つけっぱなしに抵抗を感じる人も少なくないですよね。

 

 

そこで、暖房の節約ポイントとして、つけっぱなし以外の3つの方法をご紹介します。

 

 

方法①:風向きは下向き、風量は強めで使う

 

暖かい空気は軽くて部屋の上部に集まりやすく、座っているとなかなか暖かく感じないですよね。

 

そのようなときは風向きを下向きに調整してみましょう。

 

風量を弱くしていると、暖かい空気は床まで届きにくいため、風量は強めにしましょう。

 

扇風機やサーキュレーター、空気清浄機など室内の空気を動かす機械と組み合わせると、より効率的に部屋を暖められますよ。

 

方法②:窓ガラスの断熱

 

窓ガラスの対策が不十分であれば冷気がどんどん入り、暖かい空気は逃げてしまいます。

暖房でどんなに部屋を暖めても、冷気が入り続けたり、暖気が逃げたりすれば暖房のエネルギー消費が増える一方です。

窓ガラスに

断熱ボードを立てかける

断熱シートやフイルム貼る

厚手で長めのカーテンをつける

を試してみましょう。

最近はおしゃれなデザインが多く、冬の簡単な模様替え感覚で選んでみると楽しいですね!

 

方法③:時期によってメリハリをつける

 

寒いときは我慢しないで暖房を使っても良いと思います。

 

ですが、早めにつけて寒いシーズンが終わるまで暖房をフル稼働させれば当然暖房費はかなりの額になってしまいます。

 

暖房費を1ヶ月単位で節約するのではなく、シーズン全体で節約するという発想に変えてみましょう。

 

たとえば、

朝晩の冷えが厳しい時間帯だけ暖房を入れる

冬はフル稼働で春が近づいてきたら暖房を使わない時間を増やす

比較的暖かいときは洋服を重ねて暖房の設定温度は低めにする

 

といったようにメリハリのある暖房の使い方をしてみましょう。

 

まとめ

 

暖房をつけるべき温度や時期、設定温度、節約のポイントについてご紹介しました。

●つけるべき温度…16℃

●つけ始めの時期…11月

●設定温度…室温20℃

 

この3つの目安を覚えておきましょう。

 

暖房は冷房よりも費用がかさむため、節約を意識することも重要になってきます。

 

暖房を使うときには、3つの節約ポイントも押さえておくと良いですよ。

 

もちろん、ご紹介した内容はあくまで目安です。

 

体調なども考えながら、快適に過ごせるような使い方を見つけてくださいね。

 

寒さを我慢しすぎないで、暖房と上手に付き合っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です