DEAD ENDが今後解散する可能性は?足立祐二の死で今後の活動はどうなる?

 

DEAD ENDのバンドメンバーである足立祐二さんが2020年6月16日に敗血症の為、亡くなっていることが分かりました。

 

最近まで普通に何事も無いように活動していた足立祐二さんが亡くなったことについて、ファンの方々は驚きを隠せない状態です。

 

メンバーの中でも多くの功績を残した足立祐二さんが亡くなったことで今後DEAD ENDは解散という道を選ぶのか?

 

それとも今後も活動を続けていくのかを調査してみました。

足立祐二さんが死去したニュースの概要を紹介

 

2020年6月16日にDEAD ENDのバンドメンバーである足立祐二さんが敗血症の為、亡くなっていることが分かりました。

 

最近まで元気に活動していたということで病気のことは一切世間には公表していなかったそうです。

 

最近までの足立祐二さんを知っているファンからは驚きの声と悲しみの声が多く寄せられております。

 

私自身も先ほど足立祐二さんが亡くなったというニュースを目にしたのですが、正直驚きを隠すことが出来ませんでした。

 

DEAD ENDは1990年1月に1度解散しておりますが、2009年に再結成し、活動を再開し、現在に至ります。

 

その後も数々の音楽シーンを盛り上げてきたバンドということで、音楽界にも足立祐二さんの死を悔やむ声が多いことを考えると本当に心が痛みますね。

 

足立祐二さんのお別れ会についてはコチラで紹介しております!

足立祐二のお別れ会はいつ行われる?敗血症はいつから?

DEAD ENDは今後解散する?足立祐二さんの死で活動はどうなる?

 

DEAD ENDの解散の有無については現在の時点ではホームページなどでのアナウンスはありませんでした。

 

しかし、1991年に1度、解散した理由として脱退したドラムの後続人を見つけることが出来なかったと公表されております。

 

足立祐二さんの後続人となると正直かなりのプレッシャーかと思いますし、その立ち位置を簡単に築けるギターリストは中々いないと考えられるでしょう。

 

そう考えると、DEAD ENDの解散の可能性は0では無いことが考えれられます。

 

私自身解散して欲しく無いというのが正直なところではありますが、こればかりは今後の答えをただ待つしかなさそうです。

スポンサーリンク

DEAD ENDに対してのTwitterの声

 

DEAD ENDが今後解散する可能性についてのまとめ!

 

DEAD ENDが今後解散する可能性や今後の活動について現段階で、公式サイトからのアナウンスはありませんでした。

 

私としては今後も活動を続けて欲しいというのが正直なところでありますが、足立祐二さんの後任をするというのもかなりのプレッシャーですし、中々足立祐二さんの様なギターリストを見つけるのは大変なことだとも感じます。

 

今後解散するのか続けていく方法を選ぶのかは分かりませんが、DEAD ENDが決めた道であれば、どんな結果になっても応援していくのが本当のファンでは無いでしょうか?

 

また今回亡くなった足立祐二さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です