フードテックのメリット・デメリット!安全性や食品ロスへの貢献は?【ガイアの夜明け】

 

 

2022年1月14日(金)22時から放送される「ガイアの夜明け」ではフードテックと呼ばれる食の最先端テクノロジーである

 

食+科学

 

を組み合わせた科学技術によって、最適な食べ合わせや新商品の開発する様子が紹介されます。

 

 

フードテックによって、味を数値化し、最適な組み合わせを導き出したり、フードテックにはこれからの食にまつわる問題を解決に導いたりと、将来性がかなり期待されております。

 

フードテックとは一体なんなのでしょうか?

 

また、ここではフードテックのメリット・デメリットについても紹介していきます!!

フードテックとは何か?【ガイアの夜明け】で紹介!

 

フードテックとは簡単に言ってしまえば、食と現代IT技術を織り交ぜた

 

食(food)+科学技術(technology)

 

と合わせた言葉で、世界で注目を集めている食の科学技術で、味を数字化することで、最適な味の組み合わせを見つけたり、料理の配膳や料理を作るロボットなどをフードテックと呼ばれております。

 

フードテックが今最も進んでいるのは先進国であるアメリカであり、後述でも解説しますが、世界レベルで問題になっている食品ロス(フードロス)問題や人口増加の影響の食糧不足。

 

食が多様化した故の栄養の偏りや栄養不足をフードテックはこれらの解決の一歩として研究が進められております。

 

フードロスに関して、日本では食糧に困ることが少なく、お腹いっぱい食べようと思えば、食べることができる一方で、飲食店やスーパーやコンビニで、食べることなく、廃棄になってしまう食品が多いのが現状です。

 

 

私も以前コンビニやスーパーで働いていた時に、多くて1日ゴミ袋3袋分の廃棄される食べ物を何度も目にしたことがあります。

 

フードロス問題といえば、最近、商品を値下げして売るということをしないコンビニもフードロス対策に貢献するために賞味期限間近の商品を値下げして売る風景も珍しくなくなってきました。

 

 

また、最近では日本人の肥満化が進んでおり、いつでもその気になれば、ジャンクフードやスナック菓子を食べられる環境になったことが原因と言えるでしょう。

 

 

それ故に日本の肥満率は2022年現在の時点で20歳以上の人の肥満の割合は男性33.0%女性22.3%
となっております

 

参照資料:https://www.jili.or.jp/lifeplan/rich/1260.html

 

この数字はここ最近では5年間の間、増加傾向にあり、日本がどれだけ便利になった反面、栄養の偏りを象徴する結果となっております。

 

これらを解決するのがフードテックであり、フードテックがあれば、ITで数値化し、最適な解決作へと導く、世界が注目する科学技術ということが頷けますね!!

 

フードテックのメリット紹介!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

缶ファク(@canfac_official)がシェアした投稿


フードテックについて紹介してきましたが、フードテックがもたらすメリットをここでは紹介していきたいと思います。

フードテックがもたらすメリットは

食糧不足・飢餓

フードロスへの貢献

食の安全

生産者不足(人口減少)

菜食主義への対応

人工肉の生成

 

が掲げられます。

1つずつ見ていきましょう。

 

スポンサーリンク
 

食糧不足・飢餓

 

食糧不足は世界の課題の1つとなっている問題で、人口増加の影響で今後、食糧がなくなる危険性が危惧されています。

 

日本では、廃棄になった食べ物を棄てることに対しての抵抗がない(麻痺している)傾向にあるだけあり、あまり実感が沸かないかと思いますが、世界に目を向けると、食糧不足で困っている国はいまだに多いのが事実です。

 

また、世界の人口は2030年後には85億5100万人に達すると言われております。

 

最近では天災などの被害も多く、2030年後に食糧の需要と供給が間に合うのかも疑問視されているのが実情です。

 

この様に食料が調達出来ない環境に対して、フードテックはITの力で生産力の向上や生産の安定に貢献が将来期待されております。

 

フードロスへの貢献

 

先ほども少し触れましたが、発展途上国では食料不足に苦しむ一方で、先進国では肥満や食料の大量廃棄が行われているのが現状です。

 

農林水産省の調べによると、日本の食品ロス年間612万トンと言われており、東京ドーム約5杯分という恐ろしい結果が出ています。

 

 

そして、世界では13億トンの食料が毎年、廃棄されいるのが現状です。

 

フードテックはその問題を解決する第一歩になることが世界でも期待されております。

参照:https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/2010/spe1_01.html

 

食の安全

フードテックには食の安全性を確保するメリットがあります。

 

食べ物をいえば、やはり怖いのが「食中毒」「食品の傷み」「健康被害」などが掲げられます。

 

フードテックであれば、傷みにくい食材を選定し、更にITの力で数値化することにより、人間では見分けることの難しい「食品の傷み」などについても見分けることができ、安心して、食べ物を食べることができる世界を実現可能といえます。

 

企業が日々、努力をしていても起きてしまう「食品への異物混入」

産地を偽装や農薬などの成分が正しいとは限らない。

 

なども、フードテックを使うことで、製造面での安全の確保、食品の成分も数値化することで、より安全で確実な食品を食べることができるメリットに貢献します。

 

スポンサーリンク
 

生産者不足の解決

 

近年、企業では人手不足が深刻化しており、中でも、農業酪農漁業飲食店の人手不足が問題視されています。

 

フードテックを導入することで、生産にロボットの導入などを採用したり、AIを使った効率的な人材配置を行うことで、人手不足を解決できるメリットがあるのです。

 

菜食主義への対応

 

近年では、ベジタリアンや菜食主義という言葉を耳にする機会が増えてきたかと思います。

 

また、オーガニック思考と言われる人たちも増え、健康志向が強くなっていることが伺えます。

 

フードテックが普及したことで、次にも解説しますが、「大豆ミート」などの代替え肉の生成が可能になったり、野菜を主食としながらも肉のタンパク質を確保することができる機会が増えます。

 

フードテックが当たり前の社会になれば、この様にベジタリアンや菜食主義思考の人達がより、暮らしやすい食生活になることが考えられるでしょう!

代替え肉の生成

 

先ほども触れましたが、フードテックを使うことで、代替え肉の生成が可能となります。

 

色々な事情があって、肉が食べられない人でも、代替え肉が食べられる様になることで、食の楽しみが増えるメリットや、タンパク質を取ることが出来るなど、フードテックには安全性への期待だけでなく、食の可能性を広げてくれるでしょう。

 

また、最近では大手企業である「日本ハム」「大塚食品」なども代替え肉への取り組みを積極的に行っているだけあり、フードテックへの将来性が期待出来ます。

 

スポンサーリンク
 

フードテックのデメリットを紹介!


ここまではフードテックのメリットを紹介してきました。

 

フードテックのメリットは世界的も注目されている科学技術であり、将来が期待されております。

 

では、フードテックにはデメリットはないのでしょうか?

 

結論から言ってしまえば、フードテックにデメリットはあります。

 

それは、

 

開発にお金がかかる

 

というデメリットです。

 

フードテックの取り組みには大手企業やベンチャー企業などが、参入して取り組んではいるものの、まだまだ日本には広く行き渡っていないのが現状ですし、そもそも「フードテックとは??」という人も多いのが現状です。

 

その背景にはやはり、莫大な生産コストがかかるというデメリットがあります。

 

例えば、フードテック技術を使って、効率よく野菜を育てるとしても施設代や太陽光の代わりに別の光が必要になるなど、電気代や水道代などの衛生面や野菜などが傷まない環境を維持していくというのは想像以上に大変であることは言わずともでしょう。

 

フードテックは海外では参入の勢いを見せている一方で日本ではまだまだ課題が多く、多くの企業が参入や実装できていないのが実情だったりします。

 

まとめ!!

 

【ガイアの夜明け】で紹介されたフードテックについてのメリット・デメリットについて紹介していきましたが、フードテックのメリットは

 

食糧不足・飢餓

フードロスへの貢献

食の安全

生産者不足(人口減少)

菜食主義への対応

人工肉の生成

 

デメリットは

参入コストがかかる

 

という点です。

 

フードテックは食品とテクノロジーを合わせたITテクノロジーで、ITが進む現代において、将来性が期待されております。

 

世界にはまだまだ、食品ロスや食糧不足、食の多様化によって引き起こされた栄養の偏りなど課題が多いですが、フードテックが当たり前の世の中になれば、これらの問題を解決へと導くことも夢ではないでしょう。

 

世界でフードテックが当たり前の世の中に1日でもなることを期待したいところです!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です