グラニュー糖の代用品13選!代わりに使える砂糖などを紹介!

 

 

コーヒーや紅茶に入れる砂糖として使われたり、お菓子で使われたりと、グラニュー糖は世界でもっとも使用量が多い砂糖であります。

 

サラサラしていて、癖がほとんどないことから使用用途の多い甘味量でありますが、使いたいと気に限って、家に無かったり、使いたい時に使えずに困った経験もある方は多いのではないでしょうか?

 

ここでは、グラニュー糖が無くても代用品になる料理などで使える砂糖を紹介していきますので、グラニュー糖が無くて困っている方は是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク
 

グラニュー糖の代用品となる代わりの砂糖○選!

 

さっそくではありますが、グラニュー糖の代用品になる代わりの砂糖をいくつか紹介していきます。

 

グラニュー糖は非常にメジャーな砂糖であり、海外では

 

砂糖=グラニュー糖

 

と言われるくらいでありますが、もちろんグラニュー糖の代用品として使える代わりの砂糖はあり、ここで紹介する砂糖は代用品としておすすめのものばかりです。

 

是非参考にしてみてください。

 

上白糖

 

一般的な砂糖を上白糖のことを指しますが、上白糖にはしっとりとした甘さがあり、煮物などの料理に重宝します。

 

そんな上白糖はグラニュー糖の代用としても十分機能する上に、上白糖(砂糖)であれば一般的な家庭でも置いてある所も多いのでは無いでしょうか?

 

上白糖で代用する際はグラニュー糖と同様の使い方で大丈夫ですが、上白糖は焦げ目が着きやすいので、焼き目をつけたく無い際は注意して使う必要があります。

 

粉砂糖

 

粉砂糖はグラニュー糖を粉状にして作られています。

 

元はグラニュー糖なので、当然代用として使うことが可能です。

 

粉砂糖は主にケーキなどのお菓子のデコレーションとして使われますが、たまにしかお菓子を作らない人にとっては実は余りがちになると言う声もチラホラ!

 

余ってしまった粉砂糖をグラニュー糖の代わりとして使うことで有効活用していきましょう。

 

スポンサーリンク
 

てんさい糖

 

てんさい糖はグラニュー糖とは原材料が違います。

 

てんさい糖はサトウダイコンと言う野菜から作られており、てんさい糖の原材料であるサトウダイコンには身体を暖める健康効果が期待できます。

 

てんさい糖をグラニュー糖の代わりに使う際はグラニュー糖を使う時と同じで大丈夫です。

 

健康に気をつけたい人はあえて、てんさい糖で代用して試して見ても良いかも知れませんね!

 

三温糖

 

三温糖はグラニュー糖などを作る際に煮詰めた蜜を原料としております。

 

色は少し茶色ぽく、しっかりとしたコクはあるものの、代用として使う際に注意点があり、グラニュー糖に比べると湿気を吸いやすい点です。

 

三温糖は湿気を吸いやすいので、さっくりとしたお菓子を作りたい場合には向いていないものの、しっとりとしたクッキーなどには向いていると言う声もあります。

 

三温糖はグラニュー糖に比べると甘味度が高いので、三温糖を代用で使う場合は気持ち少なめで使うのがおすすめだそうです。

 

スポンサーリンク
 

黒砂糖

 

黒糖の特徴は糖度が80〜85%程度であり、奥行きのある風味があり、この風味が好きな人も多いのでは無いでしょうか?

 

風味が濃厚ですが、グラニュー糖とは対照的に色が黒ぽい為、白っぽく仕上げるレシピではあまりおすすめは出来ないものの、コクを出したい料理でグラニュー糖の代わりで使うと良いでしょう。

 

オリゴ糖

 

オリゴ糖は他の砂糖と比べた時のカロリーの低さや腸内環境を整える効能があるものの、シロップ状のタイプは他の甘味料が加えられていることが多く、購入時はあらかじめ確認が必要です。

 

オリゴ糖はクセのない優しい甘さがあり、他の砂糖も比べても使いやすく、グラニュー糖の代用としても役に立ちます。

 

オリゴ糖を使う際はグラニュー糖を使うのと同じ容量で大丈夫です。

 

スポンサーリンク
 

きび砂糖

 

きび砂糖は生成している糖液の途中を煮詰めることで出来る甘味料であります。

 

きび砂糖も風味が良い上にに、ミネラルが豊富なのですが、茶色い色味が着くため、グラニュー糖の代用として使う際はその辺も注意が必要です。

 

また、きび砂糖をグラニュー糖の代わりに使った人の声によると

 

「グラニュー糖よりもコクがあり、まろやかになった」

「風味が良くなった」

 

と言う声があるので、グラニュー糖ではなく、あえてきび砂糖を使うのも良いかと思います。

 

コーヒーシュガー

 

コーヒーや紅茶をよく飲むご家庭でであれば、コーヒーシュガーを置いている人は多いのでは無いでしょうか?(私の家族は全員コーヒーに砂糖は入れない派ですが(笑))

 

コーヒーシュガーは使いやすいように一袋ずつ、包装されていますが、実はコレはグラニュー糖です。

 

コーヒーシュガーは一袋ずつ、梱包されている為、分量の調整が比較的に楽な上にコーヒーや紅茶の風味を邪魔しない、ほのかな甘味はグラニュー糖ならではと言えるでしょう。

 

コーヒーシュガーを使う際は白色と茶色がありますが、グラニュー糖として使う場合は白色を使うのがオススメです。

 

スポンサーリンク
 

フロストシュガー

 

フロストシュガーはヨーグルトに付属されていることも多い甘味料で、グラニュー糖と同じく溶けやすく、グラニュー糖の代用として使うことができます。

 

ヨーグルトをよく買うが、フロストシュガーを使う機会がなく、たまりがちな人はグラニュー糖の代用として使うことで無駄が無くなるのでおすすめです。

 

メイプルシュガー

 

砂糖楓(カエデ)の樹液を凝縮することで作られるのがメイプルシロップですが、無添加のまま水分だけを完全に取り除いたものがメープルシュガーであります。

 

メープルシュガーの上品な甘味のある香りが好きな人も多いかと思いますが、メイプルシュガーを使うことでメープルの独特の香りが楽しめるので、グラニュー糖とはまた違った味わいになるので、代用とはまた違った使い方が楽しめるでしょう。

 

ザラメ

 

お祭りで綿飴を作る時なんかに使われる、ザラメですが糖度が高い上に、グラニュー糖より結晶が大きく他の砂糖同様に癖のない上品な甘味があります。

 

ザラメの上品な甘味はグラニュー糖の代用品としても役立つのでおすすめです。

 

氷砂糖

 

氷砂糖は溶けるのが遅い特徴を持っており、果実酒や梅干しを作る際に味をゆっくりと引き立たせる為に使用します。

 

氷砂糖を代用品として使う際はフードプロセッサーなどで粉々に砕いた後に使うことでグラニュー糖の代用品として使うのがおすすめです。

 

氷砂糖に関しての関連記事はコチラ↓

氷砂糖に含まれる効果や賞味期限・保存方法は?気になるカロリーは?

 

はちみつ

 

パンケーキやパンの味付け、料理の下処理などに使われるはちみつはグラニュー糖の代用品としても優秀であります。

 

はちみつは種類によって味わいや風味に若干の違いはあるものの、逆にいえば、はちみつの種類によって風味に違いを出したり、はちみつの方が甘味が強いため、甘味料を抑えられるのも利点です。

 

ただし、はちみつをグラニュー糖の代わりにすることで、はちみつの酵素がタンパク質を分解し、思うように仕上がりが上手くいかなかったり、水分量が増えてしまい、ベタつくこともあります。

 

ただ、これらの問題はあるものの、実際にはちみつを使った人の声は「味には問題はなく、美味しい」と評価しているので、余っている人はグラニュー糖の代用として使って見ても良いでしょう。

 

グラニュー糖の代用品13選!代わりに使える砂糖などを紹介!まとめ!

 

グラニュー糖の代用品になる砂糖を紹介していきましたが参考になりましたでしょうか?

 

グラニュー糖の代わりになる砂糖は以外にも多く、個人的な意見にはなりますが、場合によってはあえて、違う砂糖を使ってみて味にどれぐらいの変化があるのかを検証して見ても面白いのではないかと思いました。

 

「グラニュー糖がない」「グラニュー糖を普段使う機会がない」という理由から家にグラニュー糖を置かないご家庭でも、今回紹介した甘味量の内どれかは家にあるのではないでしょうか?

 

是非、今回紹介したグラニュー糖の代用品を少しでも参考にしていただければ幸いです。

 

関連記事はコチラ↓

きび砂糖が危険なのは本当か?危険と言われる理由を解説!

きび砂糖と三温糖とてんさい糖の違いは何?特徴と用途を紹介!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です