長田庄平は鼻茸だった!!鼻のキノコの正体は?治療法を紹介!!【名医のTHE太鼓判】

2019年11月25日 TBS系列【名医のTHE太鼓判】にて「極端な食生活に潜む衝撃の現代病SP!!」が放送されます。

 

今回その予告に「嗅覚を奪う鼻のキノコ」という言葉が出てきました。

 

見るからに気持ち悪いキノコの正体とは一体何なのでしょうか?

 

他人事だと思って油断しているとあなたの身も危ないかも知れません!!

 

今回【名医のTHE太鼓判】にて「極端な食生活に潜む衝撃の現代病SP!!」で紹介された鼻の中に出来るキノコの正体と鼻の中にキノコが出来ないようにする予防策などを紹介していきたいと思います。

 

※鼻のキノコという題名ですが、今回の内容は鼻の中に出来る腫瘍について書いていますので、食事中に観覧することはオススメしておりません。

そのところご了承お願いします。

 

 

チョコレイトプラネットの長田は10年鼻づまりに?

 

チョコレイトプラネットの長田さんは10年のも間鼻づまりに苦労していたそうです。

 

常に鼻をかんでおり、お弁当の味も感じにくくなっているそうです。

 

人間の味覚は嗅覚に頼っているため、嫌いなものを食べる時に鼻をつまんで食べると効果があると言うのはこう言うことなんですね「笑」

 

また、検査の為、注射を打つことで匂いを完治する検査では、にんにくの匂いの注射では9秒ほどで分かるのに対して、33秒とかなり、嗅覚が鈍感になっていることが分かります。

 

鼻の中に出来るキノコの正体とは?

 

鼻の中のキノコの正体はポリーブの一種である「鼻茸」と言われているそうです。

 

鼻の中のキノコとも言われており、鼻の中の粘膜の炎症によって起こります。

 

アレルギー性鼻炎などとも関連性が深いと言われており、そのまま放っておくと慢性化を引き起こしてしまう可能性が非常に高く、このキノコが原因で嗅覚が鈍くなったり、最悪鼻での呼吸が出来なくなってしまう可能性が非常に高く厄介なキノコです。

 

「鼻茸」が匂いの神経を邪魔し、匂いを感知しにくい状態になります。

 

また「鼻茸」は日本人の20万人が悩まされており、集中力の低下も引き起こすそうです。

 

スポンサーリンク
 

 

鼻のキノコの疑いをチェックする方法

 

鼻茸の疑いを調べる方法としては目隠しをしてあるものの匂いを嗅がせます。

 

今回「名医のTHE太鼓判」で嗅いでもらった匂いは

 

・ミント

・リンゴ

・匂いを染み込ませた紙

 

です。

 

特に匂いを染み込ませた紙には刺激臭が染み込ませており、これの正体は「蒸れた靴下の匂い」です。

 

もし「匂いを染み込ませた紙」で匂いを感じなければかなり赤信号と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

鼻のキノコ「鼻茸」を治療する方法は?

 

鼻茸を治療する方法は「ステロイド」の飲み薬で徐々に治していくそうです。

 

鼻茸は間違っても素人が無理に取り除いていいものではありません。

 

無理に取り除くと炎症が返って酷くなり、治りが遅くなる恐れがあります。

 

また手術も視野に入り、内視鏡を使った手術も可能です。

 

手術後は鼻茸が酷くならないように鼻薬などで炎症を起こさないようにゆっくり治して行きます。

 

治療の工程を見ていると、鼻茸にかかると大変と言うことが分かりますね・・・

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は「名医のTHE太鼓判」で紹介された「鼻のキノコ」についての紹介でした。

 

鼻にキノコが出来てしまうと、嗅覚が鈍感になり、酷くなると手術することになってしまいます。

 

長田さんも今回番組内で手術に踏み切ったと言うことで、無事手術が終わることを祈るばかりです。

 

また元気なチョコレートプラネットが見たい次第です!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です