日吉山王祭2020の日程、交通規制の紹介!2020の開催スケジュールを紹介!

 

 

毎年4月に佐賀県の日吉大社で行われるというお祭りがあります。

このお祭りは佐賀県でも伝統的なお祭りで、勢いのある若者達が1500Kg程の神輿を担ぎ、会場周辺を威勢のある掛け声で練り歩く、迫力あるお祭りです。

 

ここでは日吉山王祭の日程当日のスケジュール日吉山王祭の見どころ交通規制の範囲について紹介して行きます。

日吉山王祭とはどんなお祭り?

 


日吉山王祭は毎年4月に行なわれるお祭りでその歴史1200年を超えると言われている伝統的なお祭りです。

 

日吉山王祭ではなんと1500Kg程の神輿を若者達が担ぎ上げます。

 

神輿を担ぎ上げる姿は力強く、観ている側もついつい熱が入ってしまうこと間違えありません。

 

合計で3日間行われますが、スケジュールは日によって異なります。

 

次は日吉山王祭2020のスケジュールについて紹介していきますので、参加の際は是非参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

日吉山王祭2020のスケジュール

 

ここでは日吉山祭2020のスケジュールを紹介します。

日吉山祭は計3日間にわたって行なわれます。

 

日吉山王祭2020の1日目のスケジュール

 


4月12日「午の神事」

18:30 読み上げ式(生源寺にて)
20:30 奥宮出発
21:00 神輿が麓に到着
21:20 神事(東本宮にて)

 

4月12日は「午の神事」(うまのしんじ)という奥宮から2基の神輿を担ぎ下ろし東本宮に奉安する神事です。

 

まず18時過ぎから、威勢の良い若者達が竹を束ねた大きな松明に火をつけて、掛け声と共に町内を練り歩き、お若者達はここで八王子山のふもとである「生源寺」を目指して行きます。

 

生源寺に到着すると読み上げ式が行なわれ、ここで神輿を担ぐ若者達の役割が言い渡さるのです。 特に重要な役割とされているのが神輿の担ぎ棒の先端役である「鼻」と言われる位置であります。

 

この「鼻」と言われる役割は神輿を担ぐ中で大変重要な役割です。

 

読み上げが終わると若者達は暗い中、松明の明かりを頼りに八王子山の奥宮を目指します。

 

奥宮から鈴ふりの合図があると若者達は奥宮を出発します。

 

そしてここから暗い山道を抜け東本宮を目指します。

 

難関な道を抜けて東本宮に神輿が奉安されると次は「尻繋ぎの神事」が行われます。

 

この「尻繋ぎの神事」ですがこの儀式は結婚を表す儀式とも言われており、大山咋神(オオヤマクイノカミ)鴨玉依姫神(カモタマヨリヒメノカミ)の結婚を再現しております。

スポンサーリンク

日吉山王祭2020の2日目のスケジュール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

宵宮落としが始まりました #日吉山王祭 #宵宮落

reiko(@reikophotography)がシェアした投稿 –


4月13日「花渡り式」

18:30 読み上げ式(生源寺にて)
19:00 神輿振り(大政所にて)
20:30 儀式
21:00 西本宮に到着

 

2日目は1日目の厳かな神事から一変して中には「花渡り式」から取り行われます。

 

この「花渡り式」では今晩生まれる若宮の誕生を祝う「献花の神事」とも言われており、烏帽子と甲冑を纏った小さな子供達が道に長い列を作り、歩く儀式です。

 

桜の花びらが舞う道を子供達がゆっくりと歩く姿は、非常に可愛らしく、見ている観客側もついつい応援したくなる程であります。

 

そして夜がくれた19時頃からまた一変、大政所にて夫婦の神様より御子神が誕生する儀式が行われ、この儀式では神輿を大胆に若者達が揺らす姿を見ることができ、その姿は圧巻です。

 

この「神輿ゆらし」は子供を生む際の陣痛の痛みを表しており、迫力ある音と掛け声が山々にこだまします。

 

「神輿ゆらし」が終わり、鎮まり返ったかと思うと、山王会実行委員の委員長が「かしこみ、かしこみの申す」と掛け声をあげると同時に4基の神輿が一気に担ぎ出されるのです。

 

この瞬間が若宮の誕生を表しているとも言われております。

 

そして神輿を担ぐ若者と観客の掛け声と共に西本宮を目指し、西本宮に無事到着することで1日の神事が終わるのです。

日吉山王祭2020の3日目のスケジュール

 


4月14日「例祭」「神輿渡御」

10:00 例祭
14:30 神輿渡御

 

例祭では僧侶らが日吉大社を訪れ、例祭が行われます。

例祭が終わると、合計7基の神輿を5つの神社にお供えします。

神輿をお供えする最中に琵琶湖を通るのですが、これは天智天皇がお越しの際に琵琶湖を渡ってきたことを再現しているそうです。

スポンサーリンク

日吉山王祭の日程・開催概要

 

 

開催日時:2020年4月12日〜14日

開催場所:日吉大社

住所:〒520-0113 滋賀県大津市坂本5-1-1

 

日吉山王祭のアクセス

電車でのアクセス

【最寄駅】京阪石坂線坂本駅から徒歩約8分

【最寄駅】比叡山坂本駅から徒歩約20分 

比叡山坂本駅からはタクシー(約3分で会場に到着)が出ていますのでタクシーで向かうことをおすすめします。

車でのアクセス

 

【高速道路】名神高速道路京都東I.Cで約35分

 

【一般道路】(北側方面)坂本北I.C下車で約5分

 

 

【一般道路】(南側方面)湖西道路(西大津バイパス)下車で約31分

 

日吉山王祭2020の交通規制は?

 

出典:http://hiyoshitaisha.jp

 

山王祭の開催期間は交通規制区域が存在します。

 

神輿が山王祭の会場である日吉大社周辺は交通規制がとなります。

 

宵宮場は交通規制となり、車が通ることは一切出来ません。

 

また当日車での移動は、会場周辺に参拝者などで賑わうので車での移動は不便であることは間違えないでしょう。

 

出来ることなら車での移動ではなく、公共機関を使っての移動を考えることをおすすめします。

 

またこれから紹介する下の図は交通規制が敷かれる時間帯です。

 

以下の図は平成31年(2019年)の交通規制の時間帯であります。

 

毎年交通規制の時間に若干の誤差はありますが、神事に大きな変更点はありませんので、交通規制の時間帯はほぼ一緒と思ってもらって大丈夫かと思います。

 

4月12日 17:00~20:30(県道比叡山線、宵宮場)
4月13日 09:00~10:00(宵宮場)

11:00~22:00(県道比叡山線、宵宮場)

4月14日 9:00~10:00(県道比叡山線)

12:00~19:00(県道比叡山線)

 

またコチラの公式サイトでも2019年に行われた交通規制の範囲が紹介されていますので、詳しくはそちらをを参考にしていただけると幸いです。

 

公式サイトはコチラ

 

日吉山王祭おすすめの駐車場3選!

 

先ほどは車ではなく、公共機関を使って会場に来ることをおすすめしました。 ですがどうしても車を使って当日参加したいと考えている方にこれから会場の「日吉大社」周辺のおすすめの駐車場を紹介します。

 

当日車で会場に向かう際は是非参考にして見てください。

 

日吉大社の駐車場

地図
住所 〒520-0113 滋賀県大津市坂本5-4-24
時間帯 9:00 〜 16:30
収容台数 50台
料金 11月特定日のみ有料
会場までの所要時間 徒歩約2分
補足概要 日吉大社の駐車場は会場に近い上に11月以外は無料ですが、50台と台数が少ない上に、山王祭期間は早い段階で満車になっているケースが多いです。

また山王祭開催期間は交通規制が行われ、境内に入れない場合もあり、警備員の迂回路の案内があります。

朝一で駐車場を確保するつもりでないのであれば、停められる可能性は非常に低いと言えるでしょう。

大宮川観光駐車場

地図
住所 〒520-0113 滋賀県大津市坂本5-4-24
時間帯 8:00〜17:00
収容台数 50台
料金 無料
会場までの所要時間 徒歩約6分
補足概要 徒歩約6分と会場まで近い駐車場です。

ただしコチラもそこまで駐車台数が多い訳ではないので早めに確保しておくことをおすすめします。

 

西教寺駐車場

地図
住所 〒520-0113 滋賀県大津市坂本5丁目13−1
時間帯 24時間
収容台数 30台
料金 無料
会場までの所要時間 徒歩約9分
補足概要 コチラは24時間停められる駐車場があり、徒歩約9分と若干遠いですが、無料駐車場なのでおすすめです。

日吉山王祭についてのまとめ

 

佐賀県の日吉大社で行われる日吉山王祭についての紹介でしたが参考になりましたでしょうか?

 

日吉山王祭は佐賀県で行われる伝統的なお祭りであり、非常に威勢の良いお祭りであります。

 

行われる神事も神聖なものなので、ご利益をいただきたい方は是非参加することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です