堀内秀光の顔写真は?高齢ドライバーのひき逃げ事件

出典:テレビ山梨

山梨市役所前で男性を車ではねて重傷を負わせ、そのままひき逃げしたとして、山梨市堀内の農業堀内秀光容疑者(72)が逮捕される事件がありました。

問題視されています、高齢者による交通事故ですが今回もひき逃げ事件が起こってしまいました。

今回の事件について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

出典:テレビ山梨

山梨市役所前で男性を車ではねて重傷を負わせ、そのまま逃走したとして警察は山梨市に住む72歳の男を逮捕しました。
ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、山梨市堀内の農業堀内秀光容疑者(72)です。
警察によりますと、堀内容疑者は今月19日の午後7時頃、山梨市役所前の道路を横断していた男性を軽乗用車ではねて重傷を負わせ、そのまま逃走した疑いです。
警察は現場周辺の検問や目撃情報などから堀内容疑者の犯行と特定し、逮捕しました。

出典:テレビ山梨

今回の事故は山梨市役所前で起こったもので、50代の男性を車ではねた際、そのままにし闘争したとされており、堀内秀光容疑者(72)をひき逃げなどの疑いで逮捕されました。

警察の調べによりますと堀内容疑者は今月19日の午後7時頃、山梨市役所前の道路を横断していた男性を軽自動車ではね、重傷を負わしたそうです。

高齢ドライバーによるひき逃げ事件ですが、軽自動車ではねた際、気づかなかったのかと聞かれて、堀内容疑者はこう答えたそうです。

出典:テレビ山梨

人を引いたのにも関わらず、人かは分からない時点で運転するのは、かなり危険な状態だと考えられます。

調べに対し堀内容疑者は「山梨市役所の駐車場から車で出た際にやわらかいものをひいたが、人かどうかは分からない」と容疑を一部否認しているということです。

出典:テレビ山梨

容疑は一部否認しているそうです。

年々高齢ドライバーによる事故が増えているだけあって、今回の事件も考えさせられます。

容疑者の顔写真

出典:テレビ山梨

現在顔写真は公開されておりませんでした。

顔写真が公開され次第加筆させていただきます。

容疑者のプロフィール

名前  堀内秀光(ほりうちひでみつ)
年齢 72歳
職業 農業

職業は農業を営まれていたそうです。

年齢は72歳とかなり高齢で、運転するには少し危険だったように思えます。

高齢者ドライバーによる事故件数

警視庁のデータは以下の通りです。

都内における交通事故の総件数は年々減少し続け、平成28年は32,412件で10年前の半数以下となりました。
その一方で高齢運転者が関与する交通事故の割合は、年々高くなり、平成28年は総件数の22.3%を占め、平成19年と比べて約1.7倍となっています。

出典:警視庁

都内における人身事故は年々減少しているみたいです。

しかし高齢者ドライバーの交通事故割合は年々増加傾向にあり、平成19年と比べて約1.7倍にも増えてしまいました。

その背景には、認知症や、判断力の低下、視力の衰えなどがあり、少子高齢化が進むにつれ高齢者ドライバーが増える事が懸念されております。

高齢者の運転したい気持ちもわからなくありませんが、人の命を危険に脅かしてしまうのは、どうかと考えます。

今後法律などで規制を強化するしか道はないのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の場所

こちらで事故が起きたと思われます。

ネットの声

・何かに当たるとか踏んだという違和感を感じたらすぐに確認するのがドライバーの義務。
それを怠りあろう事か事故内容を一部否認するなど言語道断。
こんなヤツにはさらに厳しい罰を与え社会的に辛い制裁を与えなければいけないと思う。

・やわらかいものを引いたって、ばっちりわかってるじゃん︎
うそをついたら罪も重くしなきゃ、嘘ついたもん勝ちじゃん。

・オイオイ、山梨の爺さん、駄目じゃん、もうハンドル握らないでね、良かったね~ オイ、山梨県警こんな、爺さんに免許を更新したの、責任をお取りなさいね、ヨロピク そだね~

・また、また、また
懲りずに、高齢者、高齢者、高齢者か!
アホだな。

・保険にも入ってなかったらマジで老害

・72歳にもなって、引いたものが物か、人か、本当に解らんのなら免許返納すべし。しかしもうその免許も無いな、この場に及んで潔くしな。

・糞高齢者の質が悪すぎ!

出典:yahooニュース

高齢者ドライバーの事故についてのコメントが多数見受けられました。

先高齢者の運転したい気持ちも分かりますが、人の命がかかっている分、この事件を危惧するコメントが多かったです。

しかし、地方に行けば行くほど、車がないと生活に困る社会ですので、頭ごなしに免許を剥奪のも難しいと考えます。

今後高齢者が車を手放しても、大丈夫なような、サービスや環境づくりが今後の課題かもしれません。

まとめ

今回高齢者ドライバーによる事故で、問題点も多い事件でしたが、何より事故にあった男性が亡くならなかったのが、本当に不幸中の幸いでございます。

今後高齢者が車を手放しても、大丈夫な社会を作るのが、今回の事故を少しでも減らせる要員になるのではと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする