飯塚ふさみの顔画像と家族は?69歳の女性の車にはねられ獣医師の内山明彦さんが死亡

出典:日テレNEWS

69歳の女性が運転する軽自動車が親子の車に突っ込んでしまうという事故が発生しました。

この事故で親子2人が巻き込まれ、父親である内山明彦さんが亡くなり、小学生の息子が頭などにケガを負いました。

この事故で逮捕されたのは、飯塚ふさみ容疑者です。

亡くなったお父さんである内山明彦さんは獣医師をしていたそうです。

お母さんも事故現場にいたものの幸いけがはありませんでしたが、お父さんとの突然のお別れにご家族は悲しみを隠し切れないと思います。

悲しい事故は何故起きてしまったのでしょうか?

気になる飯塚ふさみ容疑者の顔画像家族はいるのでしょうか?

事故の概要を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

事故の概要

31日午後0時10分ごろ、群馬県上野村勝山の森林公園「まほーばの森」の路上で、歩いていた親子が軽ワゴン車にはねられた。群馬県太田市宝町の獣医師、内山明彦さん(49)が死亡し、息子の小学2年生の男児(8)は太田市内の病院に搬送されたが、命に別条はないという。一緒にいた内山さんの妻にけがはなかった。藤岡署は31日、車を運転していた上野村新羽、上野振興公社のパート清掃員、飯塚ふさみ容疑者(69)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で現行犯逮捕した。飯塚容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

出典:毎日新聞

事故は31日午後0時10分ごろに群馬県上野村勝山の森林公園「まほーばの森」で起きたものです。

歩いていたところ突然、飯塚容疑者が運転するワゴン車が突っ込んで来てしまったのでしょう。

恐らくものすごいスピードで突っ込んで来たのではないかと予測出来ます。

飯塚容疑者は69歳と車を運転するには高齢で、恐らく判断能力が低下していた可能性が高いと思われます。

高齢者の事故は最近になり増えてきておりますが、この様な悲しい事故を引き起こしていると考えると、もはや他人事ではないのが分かります。

 藤岡署によると、事故現場は「コテージカフェ まほーばの森」駐車場の出入り口付近。下り坂を親子が並んで歩いていたところ、後ろから飯塚容疑者の車にはねられたという。公社によると、内山さんと息子が車の下敷きになり、公園職員らが車の下から息子を引っ張り出したという。

 内山さん一家3人は夏休みで、日帰りで公園に来ていた。飯塚容疑者はコテージの清掃を終えて駐車場に戻る途中だったとみられる。【神内亜実、菊池陽南子】

出典:毎日新聞

事故の様子は下り坂を親子が並んでいたところ後ろから飯塚容疑者の車が親子をはね、内山さんの息子が車の下敷き状態になるというものでした。

現場は非常に騒然としていたに違いありません。

一歩間違えれば、息子の命も危なかったと考えると、非常に恐ろしい事故だと痛感します。

夏休みに遊びに来ていた公園でこの様な事故に巻き込まれるなんて予想もしなかったでしょう。

ご家族にとっては非常に辛いお別れだと思います。

今回の事故で亡くなられた内山明彦さんのご冥福をお祈り申し上げます。

容疑者の顔画像

出典:日テレNEWS

顔画像は現在の時点では公開されておりませんでした。

公開され次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

容疑者の家族は?

出典:ピープルズ

コチラも現在の時点では公開されておりませんでした。

69歳のパートの方という事で、夫や子供がいても十分におかしくない年齢ですので、家族がいる可能性はありますね。

コチラにつきましても情報が公開され次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

名前 飯塚 ふさみ(いいづか ふさみ)
年齢 69歳
職業 上野振興公社のパート清掃員
血液型 不明

調べに寄りますと、事故当時被害者である親子をひく寸前に出来たであろうブレーキ痕があった為、ひく寸前に急いでブレーキをかけたのでしょう。

しかし間に合わず事故を起こしてしまったものと思われます。

この様な事故は予期せぬ所で起きてしまうため、歩行者、運転する側の注意が必要だと再度認識させられる事故でした。

容疑者自身も事故について、容疑を認めており、被害者のご家族もですが、加害者になってしまった飯塚容疑者も辛いことだと思います。

また飯塚容疑者のFacebookアカウントの調査も行いましたが顔画像が公開されておらず、Facebookアカウントの特定は困難でした。

Facebookアカウントの調査結果はコチラ

事故現場

事故はコチラで起きたものと思われます。

夏休みという事で、家族連れでにぎわっており、事故現場は救急ヘリ等も来たとの情報がありかなり騒然としたと思われます。

スポンサーリンク

ネットの声

・どんな状況だったのか、事故の詳細は分からないけど気の毒。
少しのミスが、一家の人生狂わせてしまった。

・69才
運転に過信しすぎ、70才前後の年齢は
今、スゴク危ない運転を良く見かける事が、多く感じる
自分だけは、大丈夫と思わず良く、
視野を広げ回りを確かめて前進しましょう。亡くなられた、お父さんの
ご冥福をお祈りいたします。

・きっと楽しい夏休みキャンプの最中だったんだと思うと心が痛い。一瞬にしてお父さん、ご主人を亡くされたご家族の気持ちは計り知れない。

・高齢者ドライバーは、何かしら更新時に増税掛けるとか自動ブレーキ車購入義務とか手段を考えていかなければならない時期にきたのかなあ?

・こう言う事故無くす方法無いのかな、不幸しかない

・また悲惨な事故が起きてしまった。
高齢者はMT限定で運転する様な法令作らんとダメだね。でもMT車って、あんまりないよね。

出典:Yahooニュース

夏休み中の不運な事故なだけあり、今回の事故を悲しむ声が多数見受けられました。

今回の事故がわざとでない分、やはり車の事故についてもう一度振り返る必要があると再度認識させられました。

夏休みという楽しい時期にこの様な事故が起きてしまったと考えると非常に心が苦しくなりますね。

お父さんは獣医師という事で、息子さんにとってお父さんはきっと誇りだったと思います。

今後この様な悲しい事故がないことと、再度この事故で亡くなられた内山明彦さんのご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする