伊藤ヨネ子さんの顔画像は?秋田新幹線に衝突した事故・何故路線に立ち入ったのか?

道筋|線路|進む / フリー素材 / イラスト / ピープル

出典:ピープルズ

路線に立ち入った79歳の高齢者の女性が秋田新幹線に衝突する事故がありました。

この事故で搬送先の病院に運ばれるものの搬送先で亡くなってしまいました。

この事故で亡くなったのは、大仙市大曲福見町の無職、伊藤ヨネ子さんです。

今回の事故は何故起きてしまったのでしょうか?

また伊藤さんは何故危険な線路に立ち入ってしまったのでしょうか?

今回の事件の概要について詳しく見て行きたいと思います。


スポンサーリンク

事件の概要

26日午後6時35分ごろ、JR田沢湖線北大曲(秋田県大仙市)-大曲(同)間を走行中の東京発秋田行きの秋田新幹線こまち27号が大仙市大曲福見町の無職、伊藤ヨネ子さん(79)と衝突、搬送先の病院で死亡が確認された。

出典:産経新聞

事故は26日の午後6時35分と人が一番行き交う時に事故は起きました。

衝突した新幹線は、東京発秋田行きの秋田新幹線こまち27号でその新幹線が伊藤さんと衝突してしまった事故です。

新幹線のスピードから考えると伊藤さんが助かるのは難しいと考えてしまいます。

しかし何故この様な事故が起きてしまったのでしょうか?

事故の原因は?

出典:ピープルズ

事故原因については以下の通りに報道されております。

秋田県警によると、伊藤さんは線路内のレール付近に座っていた。JR東日本によると、上下線計8本が最大で約98分遅れ、在来線も含め約1600人に影響が出た。乗客にけがはなかった。秋田新幹線はミニ新幹線と呼ばれ、在来線と一部同じ路線を走る。

出典:産経新聞

伊藤さんは事故当時線路内のレール付近に座っており、そのまま新幹線にひかれたものだと思われます。

年齢が高齢なだけあって、判断する力が衰えていたのでしょうか?

この事故で上下線が8本が最大で約98分遅れが出たそうです。

在来線も含めこの時乗客は1600人おり、この事故の影響によるけが人はいなかったそうです。

レールの上に座っていたということで恐らく一人で外出していたのでしょう。

あくまでも憶測ですが、伊藤さんは認知症などを患っていたのでしょうか?

この事故の経緯はこの様に報じられておりました。

大仙署が、伊藤さんが線路内に立ち入った経緯などを調べている。

出典:産経新聞

現在もこの事故の原因は調査中とのことです。

コチラにつきましては情報が入り次第加筆させていただきます。

伊藤さんの顔画像は?

出典:ピープルズ

顔画像は現在の時点では公開されておりませんでした。

コチラにつきましても公開され次第加筆を行いたいと思います。

スポンサーリンク

伊藤さんのプロフィール

名前 伊藤 ヨネ子(いとう ヨネ子)
年齢 79歳
職業 無職
血液型 不明

路線に座っていた際に衝突事故を起こしており、この行動から判断力が低くなっていた可能性は高いと思われます。

しかし現段階では断定することが出来ません。

恐らく事故当日も一人で行動していた可能性もあると思われます。

スポンサーリンク

事故が起きた場所は?

JR田沢湖線北大曲(秋田県大仙市)-大曲(同)間で事故が起きたと現在の時点では報道されており正確な場所までは公開されておりませんでした。

しかし路線にどうやって立ち入ったのかも気になりますね。

まとめ

今回の事故は高齢者の方が路線に立ち入ったことで起きてしまった事故です。

今回の事件内容はまだ公開されていないことも多く、今後の情報の公開が待たれるところです。

しかし、もし判断力が鈍っていたのであれば、今回の事件は今後の対策なども考える必要があるとも感じました。

今後高齢化が進むにつれこの様な事故が増えることが予想されます。

私たちにできることは、もし路線に立ち入った人を見かけたら、一人で路線に入り助けようとするのではなく、緊急停止ボタンを押しすぐに駅員さんを呼ぶなどして今後、対策をい練っていくことが重要になるかと思います。

今回の事故で亡くなった伊藤さんのご冥福をお祈り申し上げるとともに今後この様な事故がなくなる事を祈るばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする