岩永良子の顔画像と夫を調査!子供を殺した動機が酷すぎる?その犯行動機とは?

「ちょっと!ネットワークエラーだって!ちょっと!ネットワークエラーだって!」[モデル:Lisa]のフリー写真素材を拡大

自分の子供を殺したとして母親が逮捕された事件です。

この事件で逮捕されたのは、広島県東広島市高屋町白市の住宅に住む職業不詳岩永良子容疑者31歳です。

今回の事件の犯行動機はあまりにも酷すぎるものでした。

今回の事件の概要岩永良子容疑者について調査したいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

「Command+Kでカタカナに変換するアカチャンCommand+Kでカタカナに変換するアカチャン」[モデル:Lisa]のフリー写真素材を拡大

事件は19日午後5時45分頃、広島県東広島市高屋町白市の住宅で起きたもので「子供2人を殺した」と110番があり事件が発覚しました。

県警東広島署員が駆け付けたところ、岩永容疑者の長男(5)と次男(3)が室内で血を流して倒れており、いずれも搬送先の病院で死亡が確認された。

出典:読売新聞

親が子供を殺してしまう事件は最近多いですが、2人の子供でしかもまだ10歳満たない子供を殺害してしまう悲しい事件です。

110番後にその場にいた岩永良子容疑者が「自分が刺した」と認め殺人未遂容疑で現行犯逮捕されました。

また殺害に至っては子供を数回にわたり刺し殺害したそうです。

数回にわたり刺し殺したと言うことで計画的に殺害しようとしたのでしょう。

しかし何故自分の子供を殺害しなければならなかったのでしょうか?

本当に心が痛みますね。

殺害した動機が酷い?

「何言ってんだこいつ(赤ちゃん)何言ってんだこいつ(赤ちゃん)」[モデル:Lisa]のフリー写真素材を拡大

殺害した動機について「子どもの将来を悲観して殺そうと思った」と供述しておりました。

一体どう言うことでしょう?

まだ10歳に満たないのに何故そのような理由で殺害してしまったのでしょうか?

子供の将来なんて子供のうちに分かるものではありませんし、殺害動機にしては余りにも勝手なように思えますが、精神的に追い詰められていたのでしょうか?

子供を殺害してしまうケースの中には自分だけで手に負えず子供に手を出してしまうケースは多々ありますが、今回の事件もこのようなケースだったのでしょうか?

精神的に追い詰められていたと言うことで普段の岩永容疑者を知る近所に住む60代の女性

「平日に母親が子どもを外で仲良く遊ばせていた。上の子を幼稚園に送り迎えしているところもよく見たので、驚いた」と話しており

近くの56歳の会社員の山土博三さん「先週末も、家の外で子どもたちが遊んでいるところを見た。すれ違えばあいさつしていた」

精神状態的不安定なところは見せていなかったそうです。

しかし虐待などのケースの中には、社交的場では普通に人と接し、家では子供を虐待するといったケースも報告されており外からだけでは見分けが付かないのが非常に難しいところでございます。

このような事件が起きない為は常に周りが目を配り気をつけるしかありません。

スポンサーリンク

岩永良子容疑者の顔画像は?

岩永良子容疑者の顔画像は現在公開されておりませんでした。

顔画像につきましては情報が公開され次第加筆して行きたいと思います。

岩永良子容疑者のプロフィール

名前 岩永 良子(いわなが りょうこ)
年齢 31歳
職業 無職
容疑名 殺人未遂容疑

年齢は31歳と若く子供も5歳と3歳の息子とまだ幼く結婚してまだ月日が経っていないようにも思えます。

子育てをしていく内に子供の将来が心配になる気持ちも分かりますが、今回の犯行は余りにも残念でなりません。

周りの方が驚かれている様子から見ても追い詰められている素振りは見せなかったのでしょう。

きっと誰かに相談できれば今回のような事件は未然に防げたかも知れませんね。

また岩永容疑者のFacebookアカウントについても調査しましたが、顔画像が判明しておらず、個人のアカウントを特定することが出来ませんでした。

岩永容疑者のFacebookアカウントの検索結果はこちら

スポンサーリンク

岩永良子容疑者の夫は?

2人の息子と夫の4人暮らしで、当時、夫は不在だった。

出典:朝日新聞

岩永容疑者には夫がいることが確認されております。

当時夫は留守中で事件は起きてしまいました。

普段から岩永容疑者が子供の将来について悲観していたことは知っていたのでしょうか?

普段の夫婦についても気になるところです。

岩永容疑者の夫の情報については情報が公開され次第加筆させていただきます。

事件が起きた住宅街はどこ?

事件が起きた住宅街はJR白市駅から北西約2キロと言う情報がありますが正確な位置について特定することが出来ませんでした。

こちらについては情報が入り次第加筆させていただきます。

ネットの反応

・こうなる前に
何とかならなかったのか…

・こういうニュースは辛すぎる…

動機がわからないと的確なことは言えないが、
どんな事があっても命だけは親であっても取ってはいけない。
そうしようと決めてしまったなら、実行する前に施設に相談するなりなんなりあったと思う。
命を奪って自首する事は絶対に正解ではない。

・一番かわいそうなのはお子さんだけど、お母さんもここまでに至る、自分にはどうしようもできない相当な苦しみがあったんでしょうね。

出典:Yahoo!ニュース

今回の事件については母親を責める声よりも何故このようなことが起きる前に止めることが出来なかったのか?と言う非常に今回の事件を悲しむ声が多数見受けられました。

確かにこのような犯行に及んでしまう前に誰かに相談できればこのような事件は避けることが出来たかも知れません。

このようなことで幼い子供の命が奪われてしまうのは何とも悲しいことです。

まとめ

今回の事件は5歳と3歳の息子を母親が殺してしまうという事件でした。

子供の将来について悲観してしまうのは分かりますが、不安になった時に誰かに相談できれば今回のような事件は未然に防げたかも知れません。

誰もが将来について不安を抱くのは、これからの永久の課題だと思います。

今後このような事件で幼い子供の命が奪われないようにするには、人に相談できるような環境が必要だと感じました。

今後このような事件が無くなることを心から願っております。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする