川木綿子の顔画像とFacebookアカウントは?年金に寄生し父親を殺害した事件を紹介

35歳の娘が父親を殺害する事件がありました。

この事件で逮捕されたのは娘である川木綿子容疑者です。

最近になり子供が親を殺害する事件は珍しくは無くなってきましたが、どうやら今回は娘の方に原因があったそうです。

今回の事件の概要について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

出典:TBS NEWS

6日朝、神奈川県平塚市の住宅で父親に暴行を加えたとして、35歳の無職の娘が逮捕されました。父親はその後、死亡しました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、平塚市田村の無職・川木綿子容疑者(35)です。川容疑者は5日午後4時ごろ、自宅で同居する父親で無職の川秀夫さん(68)とけんかになり、殴る蹴るなどの暴行を加えた疑いがもたれています。秀夫さんが意識を失ったことから川容疑者が119番通報し、秀夫さんは病院に運ばれましたが、およそ1時間後に死亡が確認されました。

出典:TBS NEWS

事件は35歳の無職の娘である川木綿子容疑者が68歳の父親である川秀夫さんに対して殴る蹴るなどの暴行を加え死亡させた事件です。

最近になりこのような事件は珍しくは無くなってきましたが女性の力で暴行を加え死亡させるとなると相当の回数でも殴らない限りこのようなことにはなりませんし、2人暮らしということで日頃からの鬱憤が溜まっていたのでしょう。

原因は喧嘩によるものですが、この時にすでに殺すつもりで暴行を加えたのでしょう。

スポンサーリンク

父親を殺した犯行動機

犯行動機についてはこのように報じられております。

出典:TBS NEWS

川容疑者は定職にはついておらず父親の年金に頼る生活を送っており、お金の無心からけんかになり腹を立てて暴行に至ったようです。

川容疑者が働かなかったのは親の介護でしょうか?

しかし今回の犯行の様子を見る限りでは父親はまだ元気そうだった為その可能性は低いと思われます。

今回はただ単に川容疑者が働かずにお金だけ無心しようとしたことに対してけんかになったのだと思います。

年齢も35歳ということもあり、今までずっと働いていなかったのでしょうか?

最近ではこういった働かない若者、いわゆるNEETという言葉も当たり前になって来ているのが現状で子供がNEETなのに対して頭を悩ます親も増えて来ているのも現実です。

スポンサーリンク

川木綿子容疑者の顔画像は?

出典:TBS NEWS

川容疑者の顔画像は現在公開されておりませんでした。

顔画像につきましては情報が公開され次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

川木綿子容疑者のプロフィールとFacebookアカウントは?

名前 川 木綿子(かわ ゆうこ)
年齢 35歳
職業 無職
住所 神奈川県平塚市田村

年齢は35歳で職業にはついていなかった見たいです。

また家族構成も逮捕時は2人暮らしで母親の存在がなかったことから離婚した可能性または父親より先にこの世を去った可能性が高いと思われます。

今まで本当に職業に就いたことが無いのかは分かりませんが父親も娘がお金を無心していると分かっていても中々そのことを言えずここまで来てしまった可能性はあります。

そのことからけんかに発展し今回の事件が起きてしまったのでは無いかと思います。

また川容疑者のFacebookアカウントの調査も行いましたが顔画像が公開されておらず個人アカウントの特定は困難でした。

川容疑者のFacebookアカウントの調査結果はコチラ

スポンサーリンク

事件の起きた川木綿子容疑者の自宅は?

川容疑者の自宅の正確な住所については公開されておりませんでした。

恐らく個人情報の関係上公開される可能性は低いかと思われます。

スポンサーリンク

ネットの反応

・父親の年金に頼る35歳無職娘。

追い出したくても出てかないだろうし、
無理やり追い出して犯罪起こされると親も責められるし、
親になるのも辛いな。

成人するまでの間、一定の水準の子育てしたなら、
成人後の子供の行動で親の責任は問わないで欲しいな〜。

・結構30代から40代で引きこもりの人多いです。
すぐ近所の人は男性だけど、外出した所見たことないし、
ご両親が亡くなったら、食べていけないのでは…

父親も娘の将来が心配で厳しいこと言ったんじゃないですかね。

・情けない娘。てっきり親の介護疲れかと思いました。私自身、ギャンブルに狂ってた父親がアルツハイマーになって確かに殴りたなくなった事あります。でもどんな親でも親は親、施設に入り今落ちつきました。暴力は絶対にふるってはならないのです。

・父親も娘に殺されるなんて思ってもなかったろうな。殺される為に養ってきた見返りがこれじゃやりきれない。

・父親の年金当てにした

無職KUZUなら

罵声浴びせられても
しゃーなしやで。。。

で、殴る蹴るの暴行って
身勝手にもほどがありまっせ。。

・幼い頃に大きかった父の姿は、老齢になると誰でも小さく感じるのではないでしょうか。
それを世の理で仕方ないと思いつつも寂しく感じていると思います。
頑固になって頭にくることはあっても暴力を振るおうとは思わないです。

出典:Yahoo!ニュース

今回の事件が働かない娘が父親を殺害したということでかなり厳しい意見が多かった気がします。

親を殺害する事件は何度も言いますが珍しく無くなった分よく見かけるようになりましたが、殺害に至るケースの大体は介護による疲れでの殺害が多いですが、今回の事件はお金を無心した上、それで揉め事になり殺害という中々に勝手な犯行だけあって今回の事件については厳しい意見が多くても仕方のない気がしました。

しかし働かない若者が増えているのは事実なだけに今回の事件も他人事ではないことも確かです。

今後このような事件が無くなることと亡くなられた川秀夫さんのご冥福をお祈り申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする