川崎悦子(振り付け師)の経歴(高校・大学)や年収は?家族(夫・子供)は?【セブンルール】

 

2019年10月15日放送の「セブンルール」に振付け師の川崎悦子さんという方について紹介されます。

 

川崎さんは一流の振付け師であり、有名作品の振り付けを何個も担当したほどの実力をもつ方です。

 

今回の「セブンルール」ではそんな川崎さんの仕事の流儀について密着するみたいで、これは中々期待できる内容なのではないでしょうか?

 

今回は振付け師である川崎悦子の

 

・経歴(出身高校・大学)

・年収

・家族(夫・子供)

 

について紹介していきたいと思います。

 

川崎悦子の経歴を紹介


生年月日正確な生年月日については不明(現時点で公開されているのは生まれが1956年ということのみ)

 

年齢63歳

 

出身地非公開

 

所属事務所:融合事務所

 

 

プロフィールについて、調べてみたものの現在判明しているのは年齢についてのみです。

 

ダンスについては4歳の時にからダンスを始めており、クラッシックバレーモダンダンスなど幼少期からダンス、クラシックバレーを続けており、1983年に振付け師とデビューを果たします。

 


現在では「ロマンチカ宝塚’04」「ネオ・ダンディズム」「CHICAGO」 など宝塚の振り付けを担当するなど、様々な作品の振り付けを担当したりと、今も現役です。

 

 


また川崎さんのTwitterでは「仕事をさせて」とシリーズではとても63歳とは思えないキレのあるダンスを披露し、見た目も「本当に60代?」と思える様なスタイルで、まだまだ現役であることが頷けますね。

スポンサーリンク

川崎悦子が振り付け担当した代表作品を紹介!

 

1976年「マイ・フェア・レディ」の全国公演参加

1984年「一世風靡セピア」のデビュー曲「前略、道の上より」の振り付けを担当

1990年武富士ダンサーズ」がを担当した大手企業・武富士CMの振り付けを担当

2005年 「女王の教室」の振り付けを担当、このダンスが当時話題に!!

 

これらの他にも現在では宝塚や舞台など幅広く、振り付けを担当しております。

 

デビュー作は「一世風靡セピア」のデビュー作「前略、道の上より」の振り付けでデビューし、この作品は川崎さんの代表作品となっております。

 

このデビュー作はきっと川崎さんにとっても思入れのある作品になっていることは間違いでしょう。

 

現在では倒産してしまった大手金融会社である「武富士ダンサーズ」のダンスは当時消費者金融のCMで「ここまでやるか!!」と当時話題になりました。

 

また2005年に話題になったドラマである「女王の教室」では鬼教師役である天海祐希さん達が最後にEXILEの「EXIT」に合わせてダンスをするエンディングは話題になったのを覚えている人は多いではないかと思います。

 

私自身も川崎さんが「女王の教室」のダンスの振り付けを行なっていたということを知った時はびっくりしましたね!

 

恐らく、川崎さんを知らない人でも「女王の教室」のダンスを知っている人は多いのではないでしょうか?

 

天海祐希さん達のキレのあるダンスの裏では川崎さんのフィードバックがあってのダンスと考えると、川崎さんの振付け師としての実力が伺えますね!

 

川崎悦子の出身高校は?

 

川崎さんの出身高校は東京都多摩市にある都立永山高校です。

 

こちらの高校出身の著名人も多く、特にスポーツ選手が多く卒業されております。

 

プロレスラーである蝶野正洋選手

ミュージシャンである斎藤誠さん

元サッカー選手である佐伯直哉選手など様々な著名人が在籍していました。

 

偏差値は44と特別そこまで偏差値の高い高校ではありませんが、ジブリ「平成狸合戦ぽんぽこ」の舞台となったのはこの区域です。

 

また川崎さんは永山高校の1期生1975年に卒業しております。

 

永山高校の1期生という事もあって、永山高校にとってと川崎さんの活躍は高校側にとっても自慢なのではないでしょうか?

 

川崎悦子の出身大学は?

「オフィスビルの窓」の写真

 

結論から言えば、川崎さんの最終学歴は高卒で大学には進学せず、高校卒業後に某大手企業に就職しております。

 

高校卒業後は大手企業で働きながらも、当時歌手としての夢があったので、休みの日はオーディションを受ける生活をしていました。

 

そこで宝田明さんの全国公演期間限定で付き人になる事になり、1ヶ月の全国巡業の為会社を退職します。

 

退職後再び一般企業に就職するも芸能界を諦めることが出来ずに2年で退職し、退職後はダンス教室で練習の日々。

 

そしてその後デビュー作となる一世風靡セピアを担当しました。

 

高校卒業後は大学に進学はせず、大手企業に就職するも全国巡業の為、退職という道を選び、その後再就職するも安定した会社員としてではなく、芸能界の道へ

 

大手企業という安定の道ではなく、自身がやりたい事を貫き通し、その中でも努力を怠らないからこそ、一世風靡セピアの振り付け担当というチャンスをものに出来たのではないかと考えます。

 

そして、努力を怠らないストイックさがあったからこそ、様々な話題作を担当することができたのではないでしょうか?

スポンサーリンク

川崎悦子の年収は?

川崎さんの正確な年収額については公開されていませんでした。

 

まず振り付け師という芸能界に関わる職業でご飯が食べられる人は極少数です。

 

振り付け師をしつつ、ダンスのレッスン料や経営などで生計を立て、生活している人がほとんどの世界で、川崎さんは大御所であり、様々な代表作を生み出し、今でも様々な作品の振り付けを担当してます。

 

また振付師の仕事は突然仕事が入り込んでくる事も多く、休みは不定期な上にコミニュケーション力と人間力も必要とし、相当のメンタルの強さがないと出来ません。

 

振り付け担当の中でも給料が高いと言われているのがスポンサーが絡むCMの仕事で1本5万円程から500万するものもあり、その相場はまちまちです

 

個人差があまりにもあり、年収相場はいくらとは言えませんが、川崎さんの場合少なからず年収2000万〜4000万円は頂いているのではないかと予想します。

 

また川崎さんはダンススタジオの経営もしているので、年収はもう少し多いかも知れません。

 

川崎悦子の家族の詳細について紹介

 

川崎悦子の夫の詳細は?

 

川崎さんの夫の情報については、現在公開されていませんでした。

 

川崎さんの年齢が64歳ということで結婚されていてもおかしくない年齢です。

 

夫の情報については情報が入り次第、追記して参ります。

スポンサーリンク

川崎悦子の子供の詳細は?

 

川崎さんの子供の情報についても公開されていませんでした。

 

もし川崎さんに子供がいるのであれば、恐らく成人して独立されているかと思います。

 

川崎さんの子供についての情報は公開され次第追記してまいります。

 

川崎悦子経歴(高校・大学)年収と家族(夫・子供)についてのまとめ

 

今回は振り付け師である川崎悦子さんの経歴(高校・大学)年収家族(夫・子供)についての紹介でした。

 

私自身、「女王の教室」は当時視聴していたのですが、まさかその振り付けを担当しているのが川崎さんという事に驚きました!

 

今回セブンルールでは、川崎さんの仕事の流儀や家族事情など、様々なことがピックアップされることが予想されます。

 

今後川崎さんについて情報が入り次第、こちらでも追記して参りますので、是非今後ともよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です