ケンタッキーチキンのカロリーを部位別に紹介!ヘルシーなのは?

 

 

ケンタッキーのオリジナルチキンには色々な部位があり、部位によって脂身や肉のボリュームが違います。

 

ケンタッキーのオリジナルチキンには5つの部位によって

カロリーは違うのか?

ヘルシーな部位はどこなのか?

をここでは紹介して行きますね!

ケンタッキーチキンのカロリーを部位別に紹介

 

 

ケンタッキーには5つの部位があります。

部位の種類は

・キール(胸)

・ウイング(手羽)

・サイ(腰)

・ドラム(脚)

・リブ(あばら)

となっております。

 

しかし、結論を申しますとケンタッキーのオリジナルチキンは部位別のカロリーというものが、公表されていません。

 

部位別に「○kcal」というデータが無い理由として考えられるのが、同じ部位でも大きさは様々です。

 

私もケンタッキーに行くと

 

「おっ!今日は大きいサイズだ!ラッキー!!」

と思う日もあれば

「アレ?今日は少し小ぶりだなぁ〜」という日があります。

 

こればかりは仕方ないの無いことですが、大きさによってボリュームや脂身の量も変わってくるということで、部位別のカロリーの表記が無いのかも知れません。

 

余談が入りましたが、ケンタッキーのオリジナルチキンの部位別の正確なカロリーはないということになります。

 

ちなみにケンタッキーのオリジナルチキン(部位など関係なしに)は公式データで237kcalと表記されております。

 

スポンサーリンク
 

ケンタッキーチキンの部位別に特徴を紹介!

 

ケンタッキーのオリジナルチキンの部位別のカロリーについての正確な数字が無いことが分かりました。

 

ですが、ケンタッキーには色々な部位があり、部位によって、脂身が多かったり少なかったりの特徴があります。

 

次はケンタッキーチキンの部位を特徴を紹介して来ますので、大まかではありますがカロリーの参考になれば幸いです。

 

キール(胸)

 

キール(胸)の部分は、ささみの部分となります。

 

首の下の部分にある胸肉の部分で真ん中に一本軟骨が通っており、丸っぽい見た目が特徴です。

 

肉質は脂が少なく、たんぱくなのも特徴の1つで女性でも食べやすいことから人気があります。

 

ウイング(手羽)

 

ゼラチン質や脂肪分が多い上に、コーラーゲンが豊富なのがウイング(手羽)の部分の特徴です。

 

味が濃厚な部分で、肉を食べたい人にとってはウイングの脂身がたまらないという人も多いのでは無いかと思います。

 

また、味が濃いだけでなく、ジューシな部分とさっぱりした部分があり、その両方を味わえるのもウイングの嬉しいところですね!

 

スポンサーリンク
 

サイ(腰)

 

サイ(腰)は5種類の部位の中で最もサイズが大きく、脂身も食べ応えもある部分で、私が大好きな部分でございます(笑)

 

歳を取ると脂身がキツいということもあり、賛否両論はありますが、食べ盛りの子供達に人気の部位です。

 

ドラム(脚)

 

ケンタッキーのオリジナルチキンの中で特に人気なのがドラム(脚)の部分では無いでしょうか?

 

持ちやすい形で食べやすく、骨も他の部位と比べるとそこまで多く無いので、食べやすいのが嬉しいですよね?

 

正に「食べやすさに特化したのではないか?」と思わせる形でありながら、ジューシーで程よい脂身具合もGOODです!

 

リブ(あばら)


あばらの部分であるだけに骨が他の部位と比べると、多い部位になります。

 

見た目の割に肉量は実はここまで多い訳でなく、骨が多いが故にそう見えていることが多いです。

 

骨は多く、食べにくいという方も多い部位ではありますが、脂身が少なくサッパリしています。

 

ケンタッキーチキンでヘルシーな部位は?

 

ケンタッキーのオリジナルチキンの中で1番ヘルシーな部位はどこなのか気になりますよね?

 

個人的な見解ではありますが脂身が少なく、比較的にヘルシーと感じるのは

・リブ(あばら)

・キール(胸)

の2種の部位が部位の中でも脂身が少なく、ヘルシーかと思います。

 

もちろん、フライドチキン自体が油を大量に使っているので、とてもヘルシーというわけではないのであしからず・・

 

逆に脂身が多く、カロリーが高いのが

・サイ(腰)

の部分かと思います。

 

サイの部分は5種類の部位の中でも、最も脂身が多いので、必然的にカロリーは高くなりがちです。

 

もしも、家族や友達でオリジナルチキンを大量に買って食べる際などは是非、参考にしてみてくださいね!

 

おまけ!ケンタッキーチキンの種類別カロリー一覧!!

 

先ほどまではオリジナルチキンの部位別にカロリーを紹介してきました。

 

ケンタッキーにはオリジナルチキン以外にも、色々な種類のチキンがありますよね?

 

ws000009

出典:www.kfc.co.jp/

 

コチラの表はケンタッキー公式が紹介している、カロリーなどを表した表となっています。

 

1番カロリーが高いのはクリスマスに食べる、クリスマスパーティロースト1926kcalです。

 

主にみんなで食べるメニューではありますが、1926kcalって冷静に考えてすごいカロリーでございますね(笑)

 

また、1番カロリーが低くヘルシーなのがカーネルクリスピー130kcalです。

 

ケンタッキーに行くと恐らく大抵の人がオリジナルチキンを注文すると思いますが、オリジナルチキンでも237kcalと高めであることが分かります。

 

定番はオリジナルチキン2ピースにポテト、ドリンクのセットかと思いますが、オリジナルチキン2ピースで合計カロリーは474kcalです。

 

474kcalというのはご飯の大盛り2杯分のカロリーとなります。

 

そう思うと、カロリーが高いですね・・・

 

カロリーを気にするのであれば、オリジナルチキンではなく、カーネルクリスピー選ぶといいでしょう。

 

カーネルクリスピーは食べやすく、ヘルシーなので、どうしてもフライドチキンが食べたい時なんかにおすすめです。

 

ケンタッキーチキンのカロリーを部位別に紹介!ヘルシーなのは?まとめ!

 

ケンタッキーのオリジナルチキンのカロリーを部位別に紹介してきました。

 

ケンタッキーのオリジナルチキンのカロリーは1ピース237kcalですが、部位別のカロリーというのは公式では公表されていません。

 

ですが、部位の中でも

・リブ(あばら)

・キール(胸)

は脂身も少なく、他の部位と比べると食べやすく、人気の部位です。

 

一方で

・サイ(腰)

の部分は脂身も多く、肉のボリュームもあるので、他の部位と比べてカロリーが高いと思われます。

 

ケンタッキーのチキンを食べたいけどカロリーが気になる人はリブ(あばら)キール(胸)がおすすめですが、注文の時に部位を選ぶのが難しいのであれば、カーネルクリスピーを選ぶと良いですね!

 

ケンタッキーに関しての関連記事はコチラ↓

ケンタッキービスケットの温め直し方と美味しい食べ方を紹介!!

ケンタッキービスケットは冷凍保存OK?美味しく解凍する方法を紹介!

ケンタッキーのチキンの冷凍保存は何日まで?美味しい温め方を紹介!!

ケンタッキーのフライドポテトの温め方は?おすすめの温め直し方を紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です