小林崇隆、川崎峻吾、中野嵐の顔画像、勤務先は?落し物の現金をネコババ?巡査と友人逮捕!

出典:ABCニュース

大阪府警の巡査の男ら3人が落し物の現金をだまし取ったとして逮捕された事件です。

この事件で逮捕されたのは小林崇隆容疑者、川崎峻吾容疑者、中野嵐容疑者の3人です。

小林容疑者は警察官でありながら落し物の現金を管理するシステムから入手した情報を漏洩し知人が友人になりすまし現金100万以上をだまし取っていたそうです。

警察官でありながら決して許される行為ではありませんね。

今回の許されざる事件の概要を見て行きたいと思います。


スポンサーリンク

事件の概要

出典:ABCニュース

大阪府警の巡査の男ら3人が、落とし物として届けられた多額の現金をだまし取った疑いで逮捕されました。

大阪府警南署の巡査・小林崇隆容疑者(24)と知人の男ら合わせて3人は今年4月と6月、落とし物の現金数十万円をだまし取った疑いがもたれています。府警によりますと、小林容疑者が落とし物を管理するシステムで入手した拾得場所や日時に関する情報を知人の男ら2人に漏らし、2人が持ち主になりすましていたということです。知人の男らは複数回にわたり、落とし物の現金100万円以上を受け取っていたということです。

出典:ABCニュース

警察官という立場でありながらこの様な行動は許せませんね。

小林容疑者と知人、合わせて3人は落し物として預けられていた多額の現金をだまし取った疑いが持たれております。

小林容疑者は落し物を管理するシステムから入手した情報を知人に漏洩し2人が持ち主になりすまして犯行を行っていたそうです。

その回数は今回だけでなく過去に数回行っており、落し物の現金を100万円以上受け取っていたそうです。

この様な事件を目にしてしまうと警察も信じる事が出来なくなってしまいますね。

警察官のモラルが問われてしまいます。

容疑者の顔画像は?

出典:ABCニュース

容疑者の顔画像は現在の時点では公開されておりませんでした。

コチラにつきましては公開され次第加筆して行きたいと思います。

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

名前 小林崇隆
年齢 24歳
職業 大阪府警南警察署の巡査
血液型 不明

名前 川崎峻吾
年齢 25歳
職業 会社員
血液型 不明

名前 中野嵐
年齢 25歳
職業 建設業
血液型 不明

今回犯行に及んだ3人は幼馴染だったそうです。

3人とも20代という事で若いですね。

小林容疑者は20代でありながら巡査であり責任感のある仕事だったのにこの様な犯行で、人生をダメにしてしまうのは勿体無いと感じてしまいした。

3人のFacebookアカウントの調査も行いましたが、顔画像が公開されておらず、コチラで特定する事が困難でした。

20代と若いので、FacebookなどのSNSを利用している可能性はかなり高いかと思われます。

小林崇隆のFacebookアカウントの調査結果はコチラ

川崎峻吾のFacebookアカウントの調査結果はコチラ

中野嵐のFacebookアカウントの調査結果はコチラ

スポンサーリンク

何故不正が発覚したのか?

6月に川崎容疑者が現金数十万円を引き取った際、申告まで数週間開いたことを不審に思った担当者が調べ、同容疑者が昨年11月以降、何度も返還を受けていたことが判明。中野容疑者も複数回、拾得物を受け取っており、全てで小林容疑者が検索した履歴があったため、不正が発覚した。

出典:時事ドットコム

不正が発覚した原因は不審に思った担当者が調べ、受取りのデーターが全て小林容疑者だった為、今回の不正が発覚したそうです。

小林容疑者も検索履歴にまでは頭が回らなかったようですね。

容疑者の勤務先、事件現場は?

小林容疑者の勤務先である大阪府警南警察署と検索した結果コチラがヒットしました。

残り2人の容疑者の勤務先の特定は現在の時点では見つける事が出来ませんでした。

コチラにつきましては情報が入り次第加筆して行きたいと思います。

また事件のあった警察署もコチラの可能性が非常に高いです。

ネットの反応

・管理する側にも問題ある。

・大阪府警の警察官は、他府県より事件が多くて危険。それなのに給料は下水処理場とか焼却場の人よりも低い…起こるべくして起きたとしか思えん。

・脱獄されたと思ったら、次は着服か。
内に対しても、外に対しても、腐ってるな、大阪府警。

。善意で拾って届けてくれた方も居るはずなのに
その優しい心をも台無しにするクズさ。
一生恥じてください。

出典:Yahoo!ニュース

警察官の不祥事だけあって今回も厳しい意見が多かった気がします。

最近では警察官によるこの様な事件も珍しくなくなってきている分警察も信用できない時代になってしまったと悲しくなってしまいますね。

警察官の事件が中々なくならないのも悩みですが、今後警察官の内部体制など根本的なところの見直しも今後の課題なのではないかと感じております。

今後この様な事件が減ることを願うばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする