小林桂寿の顔写真は?現金を盗もうとするも鉢合わせ

出典:テレ朝NEWS

住宅に侵入して現金を盗んだ疑いで38歳の無職の男が現行犯逮捕されました。

逮捕されたのは 自称・無職の小林桂寿容疑者

29日午前2時ごろ、川崎市高津区の住宅に窓から忍び込み、現金約4万円を盗んだ疑いが持たれております。

小林容疑者の犯行動機と事件現場は?

今回の事件について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

出典:テレ朝NEWS

自称・無職の小林桂寿容疑者は29日午前2時ごろ、川崎市高津区の住宅に窓から忍び込み、現金約4万円を盗んだ疑いが持たれています。帰宅した住人の男性は部屋の中で小林容疑者と鉢合わせました。

出典:テレ朝NEWS

小林桂寿容疑者は住宅の窓から忍び込み、現金約4万円を盗んだ疑いが持たれています。

4万円の為だけに窓から忍び込んだという事は、相当お金に困っていたのでしょうか?

小林容疑者の犯行途中帰宅した住人の男性と鉢合わせになったそうです。

その時の様子が、

出典:テレ朝NEWS

小林容疑者と鉢合わせた男性:「電気をつけた瞬間にもう犯人がここにこっちを向いている状態でいたのでびっくりですよね」

出典:テレ朝NEWS

確かに泥棒が家の中に侵入しているのを見たら誰でも驚かれると思います。

電気をつけた瞬間、住人も容疑者も驚きだったと思われます。

その後小林容疑者は抵抗するかの様に思われましたが、

出典:テレ朝NEWS

「(Q.その時の容疑者の様子は?)慌てることもなく冷静に普通に降りてきて諦めた感じですかね」
 その後、男性の妻の通報で警察官が駆け付けると正座をする小林容疑者の姿がありました。男性は興奮させないよう優しい口調で話し掛けていたといいます。

出典:テレ朝NEWS

冷静に降りて来たものの住人の方に恐怖はあったと思われます。

しかし、その後男性の妻が警察に通報し、警察官が駆け付けると正座している小林容疑者の姿がありました。

男性は警察が来る間、小林容疑者を刺激しないよう優しい口調で、話しかけていたそうです。

住人の男性の冷静な判断により、容疑者を刺激することなく、容疑者逮捕につながりましたが、住人の男性の冷静な判断があったこその今回の事件解決だったのだと思います。

出典:テレ朝NEWS

「(Q.暴れる様子は?)全くなかったですね、観念したのか。警察もびっくりしていました、素直に言っていたので。自分も犯人かのように諭した。自殺したいとかすごい言っていた、そんなことは皆あると。そんな時になだめて冷静に対応したことが良かったのかなあと思いますね」

出典:テレ朝NEWS

暴れる様子は全くなく、見つかった際はおとなしく観念したように思えます。

続きのインタビューでも、

出典:テレ朝NEWS

出典:テレ朝NEWS

容疑者の様子に警察もびっくりしていたそうです。

また小林容疑者は「自殺したい」とすごい言っていたみたいです。

その話を聞いて、住人の男性は「そんなことは自分もみんなある」と優しくなだめてあげたそうです。

容疑者を否定することなく、相手の立場にたち、冷静に判断した住人の男性の判断と心遣いで犯人を刺激することなく事を終える事が出来ました。

犯行の動機

出典:テレ朝NEWS

取り調べに対し、小林容疑者は「生活費のために盗んだ」と容疑を認めています。

出典:テレ朝NEWS

小林容疑者は生活に困っており、生活費の為に住宅に侵入し現金を盗んだと思われます。

捕まった様子から見て小林容疑者は元々泥棒を働く様な人ではなかったように思えます。

しかしそれほど、生活がきつかったのでしょう。

生活保護という手もあったかとも思われますが、生活保護を受け取るは様々な手続きや条件、いまだに生活保護に対しての冷たい目が問題視されており、生活保護と言う手段を選べない、真面目な性格だったのでしょう。

容疑者の顔写真

出典:テレ朝NEWS

顔写真は現時点では公開されておりませんでした。

公開され次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

名前  小林桂寿(こばやしけいじゅ)
年齢 38歳
職業 無職

職業にはついていなかったみたいです。

元々職業についていたかは不明ですが、年齢もあり職業に就く事が難しかったかのように思えます。

生活に困っていたという事で、恐らく結婚等はしておらず、一人暮らしだったと思われます。

またFacebookアカウントの調査も行いましたが、個人と断定できるものがありませんでした。

生活が苦しかったので、Facebookなどはやっていない可能性が高いと思われます。

気になる検索結果はこちら

事件の場所

事件の場所は住宅の男性のプライバシー保護の為公開はされないと予想しております。

事件があった地区はこちらの区域だと思われます。

ネットの反応

・勇気を、賞賛します。

私なら、、多分逃げます。

・犯人は勿論、許されないことをしましたね。この人は悪い事をしたけど 気の小さい人だったのでは?逃げたり 怪我をさせなくて本当に良かった。刑務所で反省して下さい

・冷静に諭すなんて、自分には怖くて無理だ。
すごいな、家主さん。

・民生委員とかに相談する勇気が欲しい。
危険をおかさなくても助かる道は色々ある。

・犯人、まだ善の心残ってて良かった
絶対やっちゃいけない事だけど、なんか泣ける
生活費ないって辛いよな

・どこかのメンバーと違って素直でよろしい。

・以前、間違って家に入ってきた人に退出願ったことがあるが、事が済んで大声で叫んだ。
とても主様の真似はできない。

犯人さん、悪い人ではなさそうだし、少しは前向きになってくれるといいのだが。

出典:yahooニュース

住人の男性の冷静な判断と、容疑者に対しての接し方に対し称賛の声が多数見受けられました。

また容疑者に対しても、悪く言うコメントは少なくむしろ、「この様な犯行に及んでしまって残念」「次は前向きに生きて頑張ってほしい」と言う、容疑者を攻撃するコメントではなく、容疑を悔やむコメントが多々見受けられました。

それだけあって今回の事件は、社会問題に直結する事件だったと考えます。

まとめ

今回の事件は、住人の男性の冷静な判断と容疑者の立場になって対応したことが、私自身素晴らしい対応だと感じました。

容疑者も誰にも相談できず、犯行に及んでしまった部分もあったのだと思います。

それだけに今回の事件は容疑者の立場を考えると責めることの出来ない事件だったと思います。

また今回の事件を繰り返さない為にも、今後貧困層への対策や相談できる環境が必要だと感じました。

今後貧困化が進む一方でこの様な問題に直視して行かないと今後、この様な事件は増えると考えます。

また容疑者の男性に対しては今後、更生し、難しいと思いますが、社会復帰できるようになることを祈るばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする