小林裕真被告(25)の顔写真は?精神病を持っていた!?

出典:ABC

大阪市門真市の一家殺傷事件の裁判で、一家4人を殺害、重軽症を負わせた裁判で、検察は 小林裕真被告(25)死刑を求刑いたしました。

今回の裁判で小林被告は、突然大声で叫んであたりが騒然とする場面もあり、かなりの危険人物かつ残虐性が高い可能性があります。

いったい小林被告とはどの様な人物なのか?

また、事件の概要は?

今回の死刑判決を受けた小林被告、その概要に迫りたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

門真市の無職・小林裕真被告(25)はおととし10月、川上幸伸さん(当時43)の自宅に侵入。川上さんを短刀で殺害し、子ども3人にも重軽傷を負わせたとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われています。これまでの裁判で小林被告は「別の3人の男が殺害した」などと話し、責任能力の有無が争点となっていました。

出典:ABC

きょうの裁判で検察は「当時、現場で被告以外の人物は目撃されていない」とした上で、「被告は2ヵ月前から計画的に凶器を準備し、完全な責任能力がある」と指摘して、死刑を求刑しました。一方、弁護側は「動機が明らかにされない上、善悪の判断がつかない精神状態で、責任能力はなかった」などとして、無罪を主張しました。小林被告は、遺族が死刑を求める意見を述べている際、大声で反論しようとして退廷を命じられ、法廷は一時騒然となりました。

出典:ABC

今回の裁判では小林被告の責任能力の有無が焦点となりました。

しかし小林被告の計画的な犯行から、検察側は2か月前から凶器を準備した上での犯行だった為、完全に責任能力はあるとし小林被告に死刑を求刑しました。

しかしこれに対し、遺族が死刑を求める意見を述べる際に大声で発狂するなどしていました。

この様子から高い残虐性と攻撃性、また遺族に対しての申し訳がないという念は皆無に等しい態度でした。

今回の残された遺族の悲しみなどを考えると、決して許されざる事件。

この様な事件を起こしてもなお反省の色が見えない小林被告とはどの様な人物なのか?

被告人プロフィール

名前 小林裕真(こばやしゆうま)
年齢 25歳
職業 無職

起訴前と起訴後に実施された精神鑑定では、いずれも「妄想型統合失調症」とされたという。

出典:産経WEST

どうやら小林被告は元々精神病をを持っていた事がわかっております。

また裁判の最中も、犯行を否定した上で小林被告に理解が困難な場面も見受けられたそうです。

このことから弁護側は責任能力がないとし無罪を主張したと思われております。

スポンサーリンク

妄想型統合失調症とは?

小林被告の精神鑑定で出できました「妄想型統合失調症」

その特性とは?

簡単にまとめますと

・他の統合失調症と比べて発症が遅いことが最大の特徴です。

 多くの場合30歳前後で発症するケースが多いみたいですが、

 小林被告は25歳、発症が早いケースだと思われます。

・主な症状は幻覚妄想が中心で陰性症状は見られず、対人コミュニケーションには影響は せず、人柄も良い方が多く、他人から見た場合、その違いを見極めるのは難しいと言われております。

小林被告の裁判でキーワードになった「統合失調症」

今回被告は「妄想統合失調症」だった為、取り調べには苦労したかもしれませんね。

被告人の顔写真は?

出典:ABC

髪は伸び切っていますが、顔は少しイケメンに見えます。

今回逮捕前の小林被告の顔写真も入手することが出来ました。

出典:ANN

写真を見る限り、とても事件を起こしそうに見えない程、好青年に見えます。

しかしそれが妄想型統合失調症の最大の特徴だとも思われます。

人は見た目で判断してはいけないと言うのも納得出来ます。

今回小林被告のFacebookも調査しましたがこちらで断定することができませんでした。

気になる検索結果はこちら

ネットの反応

・当たり前の求刑です。
動機が明らかにならないと死刑を求刑しちゃダメなのか?
子供さんたちの悲しみや、憤り、トラウマは一生涯ついて回る。
精神障害があれば無罪なんて、誰が考えても納得いかない。
いつまでもそこを焦点にして、裁判をするのは止めた方がいいと思う

・弁護士って、遺族のことをどう思ってるんでしょうか?
自分の家族が同じように殺されたら、その時も犯人を無罪って言うのでしょうか?

・冤罪の余地が無いなら死刑は妥当。

しかし、根本はこの国の教育と政治に原因が有る。

・責任能力が無い奴は反省もしなければ更生もしないだろう。そんな奴は死んで罪を償えば良い。

出典:yahooニュース

今回の判決は妥当だと言う声が多数見受けられました。

また被告に対する責任能力についても問われるコメントが多々見受けられました。

残された遺族の悲しみは例え死刑判決でも決して癒える事のないでしょう・・・

今後この様な事件が起きないことと、川上幸伸さんとそのご家族のご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする