小八重敬教の顔画像は?小八重容疑者の危険な飲酒運転の概要とは?女子高校生が怪我をした事故の概要は?

出典:テレビ西日本

飲酒運転で自称自営業の男が逮捕されました。

逮捕されたのは小八重敬教容疑者です。

この事故で女子高生は右足の大たい骨を骨折する重傷追いました。

小八重容疑者は女子高生をひき逃げした後逮捕されましたが驚くことに通常の3倍近くのアルコールが検出されたそうです。

今回の事件の概要について見て行きたいと思います。


スポンサーリンク

事件の概要

出典:テレビ西日本

1日夜、福岡市で酒を飲んで車を運転し、女子高校生をはねて逃走した自称・自営業の男が、危険運転致傷とひき逃げの現行犯で逮捕されました。

警察によりますと1日午後11時20分ごろ、福岡市天神の交差点で横断歩道を渡っていた女子高校生が、右折してきた車にはねられました。

車はそのまま逃走しましたが、事故を目撃したタクシーの運転手が追跡して車を止め、警察が危険運転致傷とひき逃げの現行犯で、車を運転していた男を逮捕しました。

はねられたのは鹿児島市から福岡市に住む姉のところに遊びに来ていた17歳の女子高校生で、右足の大たい骨を骨折する重傷を負いました。

逮捕された自称、福岡市博多区築港本町の自営業、小八重敬教容疑者の呼気からは基準値の3倍を超えるアルコールが検出され、調べに対し「酒を飲んでいたので逃げた」などと供述しています。

出典:テレビ西日本

17歳の女子高校生をはねて逃走したとして自称、自営業の男が逮捕された事件です。

逮捕されたのは小八重敬教容疑者で驚くことに逮捕時に3倍を超えるアルコールが検出されたそうです。

この事故の被害者である、女子高校生は鹿児島市から福岡市に住む姉のところに遊びにきておりました。

楽しみだった最中に起きてしまった事故で、右足の大たい骨を骨折する重傷を負いました。

女子高校生は不幸中の幸いにも命には別状はないものの、一歩打ちどころが悪ければ、大変なことにもなっていたことでしょう。

この様な身勝手な飲酒運転はなかなか減りませんし非常に許しがたいですね。

容疑者の顔画像

出典:テレビ西日本

容疑者の顔画像は現在の時点では公開されておりませんでした。

コチラにつきましては公開され次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

名前 小八重敬教(こばえ たかひろ)
年齢 37歳
職業 自称自営業
血液型 不明

小八重とはまた珍しい苗字ですね。

福岡市博多区築港本町自称自営業と言うことで、自称と言うのがまた気になりますね。

逮捕時にはアルコールが普段の3倍も検出されたことから、自分は大丈夫だろうと、軽く考えていたのでしょう。

しかしその時に女子高生をひいてしまい慌ててその場を去ったのでしょう。

非常に許しがたい犯行ですね。

Facebookアカウントの調査も行いましたが顔画像が公開されておらず個人と断定できるアカウントを見つけることができませんでした。

Facebookアカウントの調査結果はコチラ

事故現場

出典:テレビ西日本

事故現場である交差点は公開されていたものの、地図上での正確な位置を特定することができませんでした。

コチラにつきましては正確な位置が特定でき次第加筆させていただきます。

ネットの反応

・福岡って怖いイメージだし、未だに成人式にヤンキー。車なのに飲酒。恥ずかしいと思わないのかな?

・タイトルを見て驚いたが、福岡でと聞いて「あ、またか」という印象。
小中学生が万引きをして捕まる、と同じ感覚です。

福岡県の方々、他県に住んでいる人はこう思っている人が多いことを
自覚された方がいいですよ。

・タイトルを見て驚いたが、福岡でと聞いて「あ、またか」という印象。
小中学生が万引きをして捕まる、と同じ感覚です。

福岡県の方々、他県に住んでいる人はこう思っている人が多いことを
自覚された方がいいですよ。

・福岡の御家芸

・また福岡ですか。飲酒運転する人は自分が逆に飲酒運転の車に轢かれて逃げられたらどう思うかすら想像すら出来ないのかな?死刑でいいですね。

出典:Yahoo!ニュース

福岡はこの様な事件が多いイメージなのか、またかと言う声が多かった気がします。

飲酒運転での逮捕ということで厳しい意見も多々あり、今後取り締まりを強化していかないと今後もこの様な事故は多発するという意見もありました。

この様事故は、飲酒運転運転をしている本人だけでなく、周りも非常に危険な思いをする重大問題なので、今後この様な過失には厳しい罰則が必要かも知れません。

また今後この様な身勝手な飲酒運転による事故がなくなる事と今回事故に遭われた女子高校生の怪我が1日でも早く治ることを私自身応援しております。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする