小峰肇二の顔画像は?下着を奪った34歳男の驚くべき犯行動機は?

自分勝手な人|憤る|逃げる / フリー素材 / イラスト / ピープル

出典:ピープルズ

強制わいせつ致傷と強盗の疑いで34歳の男が逮捕された事件です。

逮捕されたのは自称会社員小峰肇二容疑者で胸触り、けがさせ、下着奪いた事件です。

非常に許しがたい、今回の事件の概要について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

市原署は6日までに、強制わいせつ致傷と強盗の疑いで市原市諏訪1、自称会社員、小峰肇二容疑者(34)を逮捕し、同日送検した。

 逮捕・送検容疑は2月、千葉県内の路上で、徒歩で帰宅途中の県内在住の女性に背後から近づき、口をふさいでナイフのようなものを突き付け、胸などを触ってけがを負わせた上、着用していた下着(500円相当)を奪った疑い。

出典:千葉日報

胸を触り、けがをさせた上、下着を奪ったとして逮捕されたのは、自称会社員の男

小峰肇二容疑者(34)です。

小峰容疑者は、千葉県の路上で、徒歩で帰宅途中の被害者女性に背後から近づき、口をふさいでナイフのようなものを突き付け、胸などを触ってけがをさせました。

着服していた下着も盗んだとしており、非常に許しがたい事件となっております。

帰宅途中に襲われたという事は、恐らく人通りの少ない時間帯と道での犯行だった可能性が非常に高いと思います。

スポンサーリンク

犯行動機

同署によると、女性の関係者から通報が寄せられ、現場での鑑識活動の結果、小峰容疑者が浮上。小峰容疑者は女性と面識がなく、「自分の欲求と衝動を止められなかった」と供述している。

出典:千葉日報

小峰容疑者は調べに対して、「自分の欲求と衝動を止められなかった」と供述していたそうです。

自分の欲求の為に女性を襲い、恐怖に陥れるなどという行為は非常に許しがたいと思います。

また小峰容疑者と被害者女性の間には、面識がなかったそうです。

最近ではこのような事件が増えてきている分、人通りの少ない時間帯、人通りの少ない道は細心の注意が必要だと再認識させられました。

スポンサーリンク

容疑者の顔画像

出典:ピープルズ

容疑者の顔画像は現時点では公開されておりませんでした。

公開され次第加筆させていただきます。

容疑者のプロフィール

名前 小峰 肇二(こみね ちょうじ )
年齢 34歳
職業 自称会社員
血液型 不明

年齢は34歳で自称会社員という点が非常に気になる点だと個人的に思いました。

被害者女性とは面識がなく、ナイフを持って、脅したことから、計画的犯行だと思われます。

日ごろからこのように女性を脅してはわいせつな行為を働いていたのでしょうか?

またFacebookアカウントの調査も行いましたが、顔画像が公開されておらず、個人と断定するのが困難でした。

Facebookアカウントの調査結果はコチラ

スポンサーリンク

事件現場

容疑者の住んでいる地域から恐らくこの辺りで事件が起こったのではないかと考えられます。

正確な情報につきましては、情報が公開され次第加筆させていただきます。

ネットの反応

・下着の値段わざわざ500円って載せなくてよくない?高価ならともかく。

・被害に遭われた際の事情聴取っつーの、下着の値段まで聞かれるの?そしてそれを記事にまでされるの??こういうのがあるから、性被害はなかなか申告されないんじゃないのか。腹立たしい。

・500円の下着を強調したいの?
いらないでしょ。
被害者は名前は出てないにしても記事を読むかもしれない。感情というものはないのかね、この記事書いた人は。

500円の下着という情報は全く必要ない。
求めてない内容まで報道するのはどうかと思う。

・下着の値段まで乗せたのはオチ乗るのではないつもりですか?

・言ってくれれば元カノの下着がたくさん残ってるから売ったのに笑
処分に困ってるから助かったのにね。

・目的は下着だね、それも今ままで履いていた下着が欲しかった、これでは彼女つくれないよ、
どうしても欲しかったら、自分自信のでどうだ

・下着の値段って報道する意味ありますか?
被害者が可哀想。

・下着500円相当を記載する意味がわからない。
必要か?

出典:yahooニュース

下着の値段を提示したことに対して「必要ないんではないか?」と言う声が多数見受けられました。

確かに下着の値段は知る必要はありませんし、何より、いくらの下着を着用使用が個人の自由ですし、何より被害者女性に対しての配慮が欠如しているようにも思えます。

最近では、この様な事件が増えており、今後この様な事件に対しての注意とこの様な事件がなくなることを祈るばかりです。

スポンサーリンク

まとめ

今回の事件は、自身の欲求の為に女性を襲うという非常に許しがたい事件でした。

最近では、この様な事件と被害に遭う女性が増えており、人通りの少ない時間帯と人通りの少ない通りでは細心の注意が必要だと再認識させられました。

今後、この様な被害に遭う女性がいなくなる社会が実現してほしいと思うばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする