コンビニで酔い止めは売っている?売っていない時の対処法を紹介!

 

車に乗っている時に突然襲われる酔いは苦しくて、一刻も早く解放されたいですし、できるなら予防したいですよね。

 

 

外出前に予防したい時にコンビニで酔い止めが買えれば、非常に安心できると思います。

 

でも、酔い止めの薬をそもそもコンビニで扱っているのかどうか気になりますよね?

 

そこで今回は、コンビニで酔い止めを買えるのかどうかをご説明します。

 

また、コンビニに売っていなかった時の対処法や、酔わない対策についてもご紹介します!

 

突然の車酔いもあらゆる知識を覚えておけば、怖くなくなるはずですよ。

 

コンビニで酔い止めは売っている?


コンビニで酔い止めを売っている場合もあります。

 

 

ですが、酔い止めを扱っているコンビニは、意外と探すのに苦労するかもしれません。

 

 

というのも、第二類医薬品の酔い止めを販売するためには薬剤師または登録販売者がいなければならず、条件をクリアできる店舗はあまり多くないからです。

 

 

コンビニに置いている酔い止めは、薬よりも飴やドリンクといった登録販売者がいなくても販売できるようなものがほとんどです。

 

 

医薬部外品なので、酔い止めの薬とは違い、気持ち悪さを和らげる程度の効果しか期待できません。

 

 

コンビニでは酔い止め予防のための薬を買うというよりも、酔った後の緩和のために薬以外のものが買えると覚えておくと良いですね!

 

スポンサーリンク
 

コンビニで酔い止めが売っていなかった時の対処法を紹介!

高速道路の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

せっかくコンビニに酔い止めを買いに来て売っていなかった時でも、対処法はあります!

 

ドラッグストアや通販で買う


酔い止めの薬は、ドラッグストア通販で手に入る可能性が高いです。

 

よく車酔いしてしまう場合は、車に乗る前にあらかじめ薬を飲んでおけるように、準備しておくと良いですね。

 

店舗やサイトにもよりますが、ドラッグストアや通販では複数の酔い止め薬を扱っている場合が多いです。

 

自分に合った酔い止め薬を見つけたい人は、ぜひドラッグストアや通販を利用してみてくださいね。

 

車を降りて外の空気を吸う


もし、車を降りられる状況であれば、一度降りて新鮮な空気を思いっきり吸ってみてください。

 

車内の空気を吸っていると、より気持ち悪くなってしまう場合もあるため、できるだけ新しい空気を体内に取り込みましょう。

 

なるべく大きく深呼吸をすると、一気に車酔いがスッと落ちていく感じがするはずです。

 

ちなみに、どうしても車を降りられない場合は、車内でできるだけ深呼吸をし続けてください。

 

浅い呼吸を繰り返すよりも深呼吸をした方が吐き気が収まります。

 

窓を開けられるときは開けて、常に空気が動くようにするのも効果的。

 

飴やガムを食べる


車酔いをしそうになった時、飴やガムを食べるのも意外と効果的です。

 

飴やガムを食べることで気が紛れたり、吐き気が緩和されたりします。

 

また、ガムは噛んでいることで酔いを和らげてくれる面があります。

 

好みの飴やガムで構いませんが、柑橘系梅味ミント系フルーツ系といったフレーバーがおすすめです。

 

ほんのりとした甘さが逆に気持ち悪くなってしまう人は、シュガーレスの飴やガムを選ぶと良いかもしれません。

 

普段から何種類か持っていると、いざという時に役立ちますよ。

 

スポンサーリンク
 

車に酔わないための対策を紹介!

 

車酔いに悩む前に、車に酔わない対策をしてみましょう!

 

ちょっとした工夫をするだけで、車酔いを防いだり、ひどくならないようにしたりすることができます。

 

私も車に酔いやすい時期があり、ここで紹介する対策は実際に試して効果があったものです。

 

耳を横にする

耳パーツの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

車に乗った時は頭を起こしておくよりも、頭を傾けて窓にくっつけるようにしてみてください。

 

耳を横にするイメージです。

 

車酔いは耳内部の耳石器と三半規管が感知する体の動きと目から入る情報との間にズレが生じることで起こります。

 

耳を横にしておくと、このズレが緩和されて酔いにくくしてくれるのです。

 

目で追わない

恋愛中にネガティブ思考が良くない理由とは? | 恋の悩みはシンプリー

 

目から入る情報が多ければ多いほど、脳にあらゆる情報が届けられて、車に酔いやすくなります。

 

車に乗っていると、ついつい周りの景色を見てしまいがちですが、目で追うのは止めましょう。

 

車が動いているときに目で一生懸命追うのではなく、過ぎてしまったものは見ないくらいの気持ちでいると良いですよ!

 

1点を見つめない


車に乗って同じところばかり見ていると、酔いやすくなります。

 

窓から景色を見ている時に、視線は色々動かしているつもりでも、ついつい気になる1ヵ所を見てしまいがちです。

 

「本を読むと車に酔いやすい」

 

と聞いたことがあるかもしれません。

 

これも本だけを見ているために酔いやすくなるのです。

 

タイヤの付近に乗らない


車のタイヤの位置を考えて乗る人は少ないかもしれません。

 

ですが、酔いやすい人はタイヤのすぐ上やタイヤの付近は避けて乗った方が良いのです。

 

タイヤの付近は揺れが伝わりやすく、体も必要以上に動くことになってしまいます。

 

車に乗る前にタイヤの場所を確認して、できるだけタイヤから離れて座りましょう。

 

まとめ!

 

コンビニでも酔い止めの薬を販売することはできますが、必ずすべての店舗で買えるとは限りません。

 

コンビニでは、薬よりも気持ち悪さを緩和する薬以外のものを買える場所と考えておきましょう。

 

酔い止めが手に入らなくても酔いを緩和できる方法もあります。

 

また、事前に薬以外の方法で酔いを防ぐこともできるのです。

 

車酔いの対策を知っていれば、酔ってしまった時も安心ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です