小山潤容疑者の顔画像と家族、奥さんの有無は?救急車が起こした事故で加藤君子さんが亡くなった事故の概要は?

宮城県登米市東和町米谷の三陸自動車道上り線で、負傷者を搬送中の救急車がトラックに衝突し付き添いで救急車に乗っていた加藤君子さん56歳が亡くなった事故で救急車を運転していた小山潤容疑者24歳が逮捕された事件です。

救急車は潰れて大破しており事故の悲惨さを物語っております。

今回起きた事故の概要について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

出典:TBC東北放送

27日、宮城県登米市内の三陸自動車道で救急車がトラックに追突し、患者に付き添っていた女性が死亡した事故で、警察は救急車を運転していた隊員の前方不注意が原因だった可能性が高いと見て、過失運転致死傷の疑いで調べています。
この事故は27日午後2時頃、三陸道・三滝堂インターチェンジ付近で男性患者を乗せていた救急車が、トラックに追突したものです。患者の付き添いのため救急車に乗っていた気仙沼市入沢の会社員・加藤君子さん(56)が死亡。男性患者とトラックの運転手、それに救急車を運転していた24歳の男性隊員を含め救急隊員3人全員がけがをしました。

出典:TBC東北放送

事故は27日に宮城県登米市内の三陸自動車道で救急車がトラックに追突した事故です。

この事故で救急車に付き添っていた加藤君子さん56歳が死亡し男性患者トラックの運転手、救急車を運転してた24歳の男性救急隊員3人が命には別状はないもののけがを追いました。

この事故で救急車を運転していた小山潤容疑者24歳が逮捕されました。

出典:TBC東北放送

この事故で28日会見があり救急車を運転していた男性隊員は消防本部に対して居眠り運転を否定しており小山潤容疑者飲酒運転をしていないことが確認されております。

スポンサーリンク

事故原因は一体?

出典:TBC東北放送

トラックの運転手は警察に対して「救急車の音が聞こえたので、道を譲ろうと路肩に移動していたら追突された」と話しているということです。
警察は、救急車を運転していた男性隊員の前方不注意が原因の可能性が高いと見て、過失運転致死傷の疑いで事情を聞くなどして詳しい状況を調べています。

出典:TBC東北放送

事故原因は「救急車の音が聞こえたので、道を譲ろうと路肩に移動していたら追突された」と話しております。

この時に救急車の接近にトラックが道を譲ろうとした際に救急車がスピードを落とさずにそのままトラックに衝突してしまったそうです。

救急車が緊急で道を通る際は道を譲らずに妨害してしまうと交通違反に取られてしまい罰金を取られることもあります。

コチラの詳しい原因については救急車を運転していた小山容疑者前方不注意が原因が原因で事故を起こした可能性があるとして現在も調査が続いております。

スポンサーリンク

小山潤容疑者の顔画像は?

小山容疑者の顔画像については現在公開されておりませんでした。

コチラについては情報が公開され次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

小山潤容疑者のプロフィール

名前 小山 潤(こやま じゅん)
年齢 24歳
職業 救急隊員
容疑名 過失運転致死傷

年齢は24歳と若く隊員歴はまだ短いものと思われますが何故歴の短い小山容疑者に救急車を運転させたのでしょうか?

その裏には日本が抱える人手不足が背景にあるのかと思います。

今回は年齢の若く経験の浅い小山容疑者が運転をしていたと言うことで人手不足が招いた不幸な事故と言う可能性が非常に高いだけあり、一概に小山容疑者が全て悪いと言い切ることは出来ません。

小山容疑者のFacebookアカウントも調査しましたが、顔画像が公開されておらず特定には至りませんでした。

小山容疑者のFacebookアカウントの調査結果はコチラ

小山潤容疑者の家族や妻の情報は?

小山容疑者の家族の情報については現在公開されておりませんでした。

24歳ということで結婚はまだ早い様な気もしますが家族がいても不思議ではありません。

コチラの情報については情報が公開され次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

過失運転致死傷の処分は?

罪状 一般 無免許
危険運転致死罪 1年以上の有期懲役 加重なし(同左)

準酩酊・準薬物・病気運転 15年以下の懲役 6月以上の有期懲役

危険運転致傷罪 15年以下の懲役 6月以上の有期懲役

未熟運転 15年以下の懲役 加重なし(同左)
準酩酊・準薬物・病気運転 12年以下の懲役 15年以下の懲役

発覚免脱罪 12年以下の懲役 15年以下の懲役
過失運転致死傷罪 7年以下の懲役もしくは禁錮、
または100万円以下の罰金 10年以下の懲役

出典:Wikipedia

今回の容疑は以上の通りとなっており小山容疑者に適用される可能性が高いのは危険運転致傷罪 15年以下の懲役 6月以上の有期懲役だと思われます。

スポンサーリンク

事故が起きた現場はどこ?

事故はこの付近で起きたものと思われます。

スポンサーリンク

ネットの反応

・速道路は無理に緊急走行しなくても良いんじゃないの?
渋滞していたり流れが悪い場合は、サイレンを鳴らして譲ってもらった方が良いが、流れている時は流れに合わせて走る方が安全な気がした。

・速道路は無理に緊急走行しなくても良いんじゃないの?
渋滞していたり流れが悪い場合は、サイレンを鳴らして譲ってもらった方が良いが、流れている時は流れに合わせて走る方が安全な気がした。

・救急車の運転なんて、ただでさえ集中力が必要だと思うけど。
亡くなった付添いの女性も、付き添われた男性も気の毒過ぎます。

出典:Yahoo!ニュース

今回の事故は不幸な事故であるものの要因が要因なだけあって小山容疑者を攻め立てるコメントはなくむしろこの様な事故を起こしてしまったことに対しての同情の声が多数見受けられました。

今回の事故は救急車が事故を起こしその付き添いの方が無くなると言う非常に悲しい事故でしたが今後この様な事故が起きないことに再度努めていただき今後この様な事故が無くなる事とこの事故で亡くなった加藤君子さんのご冥福をお祈り申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする