左利き練習方法ってどうするの?左利きになる方法を伝授します!

突然ですが、皆さんの利き腕はどちらですか?

この文を読んでいる大半の人が、恐らく右利きと答えるかと思いますし、私自身も右利きです。

でも左利きに憧れた経験は誰しもがあるかと思いますし、私自身も小さい頃は左利きに憧れました!

スポーツ漫画の主人公も左利きのキャラクターってやっぱり憧れますよね?

しかし、実際左手を使って見ると、右手で出来ることが、左手では出来ないことが多くて驚きますよね!?

今回は右利きの方でも両利きになれる方法や練習方を紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

日本で左利きの割合は?

「左手でいいね!(グリーンバック)」の写真[モデル:MOA]

日本人の左利きの割合は約10%と言われております。

また世界でも左利きの割合は約11%と言われており、世界中・日本中でも右利きの割合90%。

左利きの割合は10%といかにも右利きが多く、いかに左利きが少ないかを物語っております!

つまり単純に人口で表すと、日本人約1397万人左利きなのです。

次は両利きになる為の練習方法を紹介して行きます!

スポンサーリンク

左利きになる練習方法

左手が使える様になるには、結論から言ってしまえば、右手でしていることを左手で練習するだけです!

私自身、中学生の時にやんちゃしたことが原因で、利き腕である右手を骨折してしまった経験があるんですよね、、、

その経験を踏まえて、ここでは、左手を右手同様に使えるようになる練習方法をステップ毎に紹介していきたいと思います。

ステップ1 普段無意識に取る手を左手に意識する

「後ろを歩く美人社員に左手の薬指を見せ未婚をアピールする独身貴族」の写真[モデル:大川竜弥]

人間と言うのは普段の生活の中で無意識の内に先に出るのは、利き腕です。

落とした物を取るときや髪を少しいじる時など、利き手である右手が先に出ることがほとんどだと思います。

最初に大事なのは、左手を使う習慣を増やすことです!

左手を使わない習慣の中で、急に右手でしていたことを左手で行うのは、かなりストレスになります。

いきなり、左手をテキパキ右手のように使いたい気持ちも分かりますが、まずは準備運動として、物を拾うなど、簡単な作業を左手で行うようにしましょう。

ステップ2 歯磨きを左手で行う

「奥歯までしっかり歯ブラシ女子」の写真[モデル:河村友歌]

一見簡単そうに見えますが、私自身、過去に骨折した時にこれが地味に苦労したのを覚えております!

右手では習慣的に行える歯磨きですが、左手になると以外と慣れるまで大変だったりします。

まず、左手を使えるようになるには、右手で行なっていることを左手で出来るようにしなければ、なりません。

しかし右手では正しく持てるものが、左手では正しく思い通りに持てないことが多いです。

その練習として、歯磨きを左手で行うのは体験からも効果的な練習方法です!

スポンサーリンク

ステップ3  「あいうえお」を書く練習をひたすらする

「Applepencilを使いこなすブロガー」の写真

右手同様に左手を使える様になりたい場合、文字を書くと言うのは、鬼門と言っても良いでしょう。

文字の書き方に関しては、右手と左手では書き方が異なります。

まず日本語と言うのは、実は右手で書くことを前提の仕様となっております。

右利きの場合、文字を書く際に基本「引く」動作を行う事で文字を書きます。

しかし左手の場合、文字を書く際に「引く」と言う動作ではなく、「押す」と言う動作で文字を書きます。

つまりペンを滑らせる際に右手で書く角度を、左手で行い、「押す」動作でペンを滑らせなければなりません。

左手で文字を書く練習を行う際は、まず右手同様にペンに角度を付け、「押す」要領で「あいうえお」を書く練習を行うことになります。

想像以上の練習が必要になりますが、「あいうえお」が書けるようになったら「かきくけこ」と、どんどん書ける文字を増やして行き、全てマスター出来たら次は自分の名前を漢字で書ける様にして行きましょう!

ここまで出来るようになれば、後は苦手な文字や漢字をひたすら練習していくだけです!

根性論にはなってしまうものの、経験上、文字の練習は量で補うしかありません。

ステップ4 食事を左手で行う

「離乳食もぐもぐ」の写真[モデル:めぐな]

食事の練習は文字と同時並行で練習を行っても良いです。

ペンが左手で持てる様になれば、スプーンとフォークを持つのにはそこまで苦戦はしないかも知れません。

スプーンであれば、そこまで苦労はしませんし、フォークであれば、パスタの巻き方をマスターすれば、後は数をこなしていくだけです。

ここで鬼門になるのが箸の持ち方です。

残念ながら日本では、箸を正しく持てる人の割合が年々減っており、30代で正しく箸を持てる割合は30%と言われております。

しかしここでは、右手で箸が正しく持てるという前提で話を進めて行きます。

結論から言ってしまえば、右手で持つ箸を左手に移し替えるだけです。

箸の持ち方は基本的にペンの持ち方の応用になります。

左手でまずは右手同様に箸を持てる様に練習し、慣れてきたら、箸の上だけを動かす練習をします。

箸が一通り動かせる様になったら試しに食べ物を箸で掴んでみましょう。

箸での食事は最初はうまく掴めないなど、困難なことが非常に多いです。

しかし、これも練習していけば、自然と感覚を掴むことが出来ます。

箸の持ち方は、礼儀作法に当たるので、練習をする際は、人と食事をしている時は、控えましょう。

ステップ5 左手でボールを投げてみる

「放課後に彼氏とキャッチボールする女子高生」の写真[モデル:河村友歌]

これはボールを投げる機会がある方のみで大丈夫です。

ボールの投球も右手では簡単に行えるものの、左手での投球は上手くいきません。

投げると言う行動は、手を使うと言うよりは肩と手首を使うトレーニングとして役に立ちます。

これが出来るようになれば、左手をより上手く使う様になれます。

スポンサーリンク

両利きになるメリットは?

次は左手が使える様になり、両利きになることで生まれるメリットについて紹介して行きたいと思います。

手先が器用になる

「可愛らしいネイルアート」の写真

家事などで両手を使うことが多いです。

家事などで両手を使う機会が多いときに左手が自在に使えればより、普段の作業がはかどります。

怪我したときに不便になりにくい

「左手示指固定」の写真[モデル:河村友歌]

右手を怪我してしまった時でも、左手が使えれば、しばらくは片手ででの生活にはなりますが良利きであれば、ある程度の不自由を軽減することが出来ます。

人に自慢できる

「顔が引きつりながら目標を掲げるダメ社員」の写真[モデル:大川竜弥]

恐らく両利きになりたいと思っている人の大半が「カッコいいから」「人に自慢したい」と言う思いがあるかと思います!

生まれつき両利きの人は世界中でも1%のみしかいません。

私の場合、過去に骨折し左手の練習をせざる得ませんでしたが、やはり過去の経験から左手も使えると言うのは、私の中でも一種の特技となっております。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は右利きの人が左利きにどうすればなれるかの練習方法についての紹介でした!

今まで使わなかった方の手を、利き手同様に扱える様にするには、ある程度の時間を要しますし、正直「カッコいいから」と言う生半可な気持ちでは、結局挫折します。(私の周りがそうです。)

しかし何かしらの理由で左手も使える様になりたいと言う気持ちがあり、日々トレーニングしていけば、必ず左手も使いこなせる様になります。

最終的に利き腕でない方の手を使える様にするには、裏技はなく、練習量しかありません。

以上で左利きの練習方法の紹介でした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする