【マツコの知らない世界】ロボットペットまとめ!値段や購入方法は?

 

2020年9月15日(火)20時57分から放送の【マツコの知らない世界】でロボットペットが紹介されます。

 

今回放送される【マツコの知らない世界】で紹介される、ロボットペット達は便利なものから、愛着の湧くロボットペットの魅力が解説され、きっと欲しいものが見つかること間違えないでしょう!

 

ここでは【マツコ知らない世界】の予告編から紹介されるロボットペット達を紹介し、値段や購入方法を紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

【マツコの知らない世界】で紹介されたロボットペットまとめ!値段や購入方法を紹介!

 

ルンバi7

 

【基本スペック】

サイズ:直径35.1cm 高さ9.2cm

重さ:約4.0kg

電源方式:充填式リチウムイオン電池

充電時間:約3時間

稼働時間:最大75分(バッテリー状態によって変動あり)

税込み価格:109868円

 

ルンバといえば、お掃除ロボットとしても有名なアイロボットですよね?

 

10万円代とかなり高額な買い物になりますが、掃除を自動的にしてくれるので、掃除機を定期的にかける労力を考えるのであれば、10万円というのは妥当かも知れません。

 

お掃除ロボといえば「ルンバ」というイメージがありますが、それだけ信用があることに間違いはないでしょう。

 

購入方法は大手通販サイトで購入することができます。

 

 

スポンサーリンク

ブラーバ390j(braava)

 

この投稿をInstagramで見る

 

2019.11.23 そして長女の意地悪さ💧 #ブラーバ #ブラーバ390j #いじめると可愛い #やっぱり性格悪い笑

あさこ(@asakosensyu)がシェアした投稿 –

【基本スペック】

サイズ:幅224cm 高さ79mm 奥行216cm

重さ:約1.8kg(バッテリー装着時とクリーニングパッド除く)

電源方式:充電式ニッケル水素電池

充電時間:約2時間(急速充電スタンド使用時)

稼働時間:ドライモード:最大約4時間 ウエットモード:最大2.5時間(バッテリー状態によって変動あり)

稼働面積:ドライモード:約56畳 ウエットモード:最大約20畳

税込み価格:43868円

 

コチラもお掃除ロボットであの「ルンバ」と同じく、アイロボット社が販売している掃除ロボットで販売は2019年6月です。

 

最大の特徴は清掃モードは「ウェットモード(水拭き)」「ドライモード(から拭き)」の二つがあり、ボタンを押すだけで床拭きをおこなってくれます。

 

この「ブラーバ390j(braava)」のもう一つの嬉しい特徴は「ドライモード」の一部の市販の使い捨てシート(クイックルワイパーなど)が使えるのも嬉しい点です。

 

またこのお掃除ロボットに搭載されている機能として部屋の形状や家具の配置などを把握しつつ、部屋全体を隅々まできれいにしてくれます。

 

拭き掃除が終わると、最初のスタート地点に戻るので、そこもまた愛着が沸くところです。

 

値段は「ルンバ」よりも安く、手が届きやすい金額なのも嬉しいところであります。

 

購入方法は大手通販サイトで購入することができます。

 

 

 

ロボホン(ROBOHON)

 

この投稿をInstagramで見る

 

おやすみ。#ロボホン #RoBoHoN

てつろぐ。(@tstylejp)がシェアした投稿 –

【基本スペック】

身長:約19.8cm

体重:約395kg

OS:Android 8.1

CPU:Qualcomm Snapdragon 430 processor

1.4GHz×4+11GHz×4(オクトコア)

内蔵メモリー:ROM:16GB RAM:2GB

電池残量:1700mAh

税込み価格:ロボホン3G /LTE 税込み198000円

ロボホンWi-Fi 税込み 132000円

ロボホンライト 税込み 86900円

 

「ロボホン」はシャープが開発したスマートロボットで会話やダンスが楽しめるロボットで、スマートフォンの様に電話やメールやカメラも使うことが出来ます。

 

見た目も可愛らしく、まさに癒し系ロボットと言ってもいいでしょう。

 

「ロボホン」には専用のアプリがあり、それをダウンロードすることで、「ロボホン」の機能を増やすことが出来ます。

 

またロボホンには3種類が存在し、一番値段の高い「ロボホン」3Gはモバイル通信サービスに対応しており、電話も可能です。

 

外出先でも利用したい人向けの「ロボホン」となっております。

 

一方で「ロボホン」Wi-FiWi-Fi環境下でのみ利用でき、電話機能はありません。

 

「ロボホン」ライトは一番安いモデルではありますが、Wi-Fi環境下の座った姿勢でのみ利用でき、電話機能や立ち姿勢では使用できないなど、制約が多いです。

 

 

「ロボホン」の購入方法はシャープ公式のECサイトである「COCORO STORE」で購入できるほか、楽天市場などの大手通販サイトでも購入出来ます。

 

シャープ公式のECサイトである「COCORO STORE」で「ロボホン」を購入する際は別途「ココロプラン」サービスという有料プランへの加入が必要なので、気をつけましょう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャープ SHARP RoBoHoN ロボホン 3G・LTE対応モデル SR-03MY[SR03MY]
価格:194400円(税込、送料別) (2020/9/13時点)

楽天で購入

 

 

 

alibi(アイボ)(キャラメルエディション)

 

【基本スペック】

付属品:チャージスタンド、チャージマット、ACアダプター、電源コード、ピンクボール

メーカー保証:30日

本体税抜き価格:198000円

 

【aiboプラン一覧】

ベーシックプラン一括 90000円 月払い 2980円(aiboが成長するために必要なプラン)

プレミアムプラン年払い 15000円 月払い 1480円(aiboのおまわりさんの追加、カメラマンなどプレミアムプラン会員限定)

ケアサポート3年 54000円 1年 20000円(3年で総額60000円)

プランについて詳しくはコチラ!

 

「aiboキャラメル・エディション」は「aibo」が誕生して2周年を記念して生まれたモデルです。

 

「aibo」といえば、ロボットの子犬として可愛いらしい姿が有名ですよね?

 

特徴としては呼ぶと寄ってきたり、お手やおすわりが出来るなど、まるで本物の子犬と遊んでいるような感覚になります。

 

「aiboキャラメル・エディション」2020年限定モデルでソニーストアで購入出来ます。

 

ペットは欲しいけど「実際に買うことは出来ない」という方に「aibo」はおすすめです。

 

「aibo」を購入する際は別途ベーシックプランの加入が必須になりますので、気をつけましょう。

 

sota(ソーター)

 

【基本スペック】

サイズ: 高さ9.2cm 幅140mm 奥行 160mm

重さ:約800g

税込み価格:lntel(R)Edison版 デベロッパー向け 109868円

プレゼンSota 202400円

プレゼンsota(レンタルサービス版)2週間レンタル 33000円

 

「sota」「ヴイストン」「NTTデーター」「日本電信電話」により共同開発されたコミュニケーションロボットです。

 

特徴としてはカメラやマイク、スピーカー、ネットワーク機能などを搭載している他にクラウドAIなどと連携することが出来ます。

 

可愛らしい見た目からは想像できないほどの次世代的な機能をもっており、あらゆるロボットサービスを提供できるプラットホームの役割を果たすなど、今後利用する人が増える可能性が高いロボットです。

 

ちなみにですが「sota」というのは「social talker」の略でソータと名付けられたとか!

 

また、「sota」はロボットショップのオンラインストアで購入できるほか、楽天市場などの大手通販サイトでも購入できます。

 

「sota」についてはコチラのサイトで詳しく紹介されておりますロボットショップストア」

 

 

ボッコ(BOCCO)

【基本スペック】

サイズ:W90×D55×H195(mm)

重量:220g

電源:100−240V ACアダプター

消費電力:6.8(W)

税込み価格:31900円

 

「ボッコ」は「ユカイ工学」の開発したコミュニケーションを手助けしてくれるロボットで、利用する際にはWi-Fiルーターとスマートフォンを使います。

 

スマホからテキストか音声でメッセージを入力することで、「ボッコ」が再生し、「ボッコ」から録音するとアプリからメッセージを確認することが可能です。

 

また天気などのお知らせなどの機能もあったり、各種センサーを別売りで買い足すことも出来ます。

 

購入方法は「ユカイ工学」オンラインストアで購入できるほか、大手通販サイトである楽天市場などでも購入することが出来ます。

 

 

ロビ2(Robi2)

【基本スペック】

大きさ:身長は約34cm、横幅は約15cm。

重さ:約1kg(バッテリー搭載時)

価格:創刊号総計 17万1327円

 

「ロビ2」週刊〇〇号シリーズ、おなじみのの「ディアゴスティーニ・ジャパン」から販売されていたロボットであり、「週刊ロビ2」全80号に付いてくるパーツを全て組み合わせることで完成するロボットです。

 

「週刊ロビ2」全80号を全て買わないと組み立てることが出来ず、「週刊ロビ2」一冊の値段は創刊号が740円でその他のバックナンバーが1850円~3800円と雑誌としては決して安くない値段で、全80号の総額は

 

17万1327円(税込)

 

とやはり高額です。

 

しかし、組み立て終わった後の達成感と2歩行する姿は可愛らしく、家族の顔や誕生日を覚えてくれるなど愛着が付くこと間違えなしでしょう!

 

肝心の「ロビ2」ですが、大手サイトである楽天市場などで完成品を購入することが可能です!

 

 

アザラシロボのパロ(PARO)

【基本スペック】

大きさ:体長57cm 体重 2.7cm

種類:ペット用とセラピー用の2種

カラー展開:オフホワイトとゴールドの2種

稼働時間:満充電で1.5時間

価格:1年保証 360000円(3年保証とメンテサービスあり、420000円でペット用とセラピー用共通)

 

「パロ(PARO)」「大和ハウス工業」が販売したアザラシ型セラピーロボットです。

 

アザラシの赤ちゃんをモデルにしており、人の心を元気付けたり、ストレスの軽減、コミュニケーションを活性化する働きかけを行ってくれます。

 

また2020年のギネスブックに「世界でセラピー効果のあるロボット」としても登録され、ペットとしてだけでなく、老人ホームや小児病院でも活用されるなどの活躍しているのです。

 

「パロ」は本当の動物同様の動きを忠実に再現しており、可愛がって育てると喜び、逆に叩いたりすると嫌がったりします。

 

自分に付けられた名前を覚えて、反応するなど育てれば育てるほど愛着が湧くのも良いですね!

 

そんな「パロ」大手通販サイトで購入することが出来ます!

 

 

ネモフ(nemop)

 

この投稿をInstagramで見る

 

わくわく

ネモフ(@nemophooo)がシェアした投稿 –

【基本スペック】

大きさ:幅・奥行・高さ それぞれ約17cm

重さ:記載なし

駆動方法:ACアダプター

カラー展開: (白)(黒)(薄いマーブル)(濃いマーブル)

販売時価格(税込):29700円

 

「ネモフ(hemop)」パルスボッツ社(Palsbots)が開発した睡眠サポートロボットです。

 

「眠りのおとも」がコンセプトで、就寝前の孤独を癒してくれます。

 

「ネモフ」の特徴としては、頭を撫でると、現在の時間を身体を揺らしながら教えてくれたり、オルゴール機能があったり、寝る前の睡眠をサポートしてくれたりと、まさに「眠りのおとも」と言えるでしょう!

 

通販での購入方法ですが、現在(2020年10月現在)在庫がなく、購入が出来ない状態である上に、価格はあくまでも!販売時の価格なので、改めて入荷した場合の価格は変動する可能性が高いです。

 

ラボット(LAVOT)

【基本スペック】

大きさ:幅280×高さ430×奥行260 (mm)

重さ:約4.2kg (服なし)

稼働サイクル:45分稼働 + 20分充電

消費電力:約65W

【月額サービス料】

「LOVOT ソロ」(本体)299,800円

【月額サービス料(スタンダードプラン) 】12,980円(月額)【(プレミアムプラン)(+月額 )7,000円】

 

「LOVOT デュオ」(本体)579,800円

【月額サービス料(スタンダードプラン)】24,980円(月額)【(プレミアムプラン)(+月額) 11,380円】

※LOVOT本体を購入すると、服や「ネスト(充電ステーション)」も付属で付いてくる。

 

ラボットはロボットスタートアップ企業「GROOVE X」が開発した、最先端のテクノロジーを満載したロボットです。

 

ラボットのコンセプト「命がないのにあったかい」であり、名前の由来は

「LOVE」×「ロボット」

で合わせてラボットとなります。

 

「ラボット」の特徴は自動運転と同様の技術が搭載されており、これにより室内を把握し、外出から帰ってきた際に玄関からお出迎えしてくれたり、身体にはセンサーがあり、撫でられたり、叩かれたりした際の動きの識別も可能です。

 

ラボットの購入方法は公式の通販サイトのみとなります。

 

ラボットの公式サイトはコチラ!!

 

クーボー(Qoobo)

大きさ:約52cm x 32cm x 15cm

重さ:約1kg

電源:6.0 V ニッケル水素電池

充電時間:約4時間

使用可能時間:約8時間

クッションの素材:アクリル、ポリエステル、亜鉛合金

カラー展開 :(ハスキーグレイ)(フレンチブラウン)(シルキーブラック)

税込価格 :クーボ:13200円

プチクーボ:9900円(2020年11月発売予定)

クーボ ディズニーシリーズ(マリー):17600円

 

クッションに尻尾がついた見た目が特徴的なロボットです。

 

そっと撫でるとふわふわし、激しくなでるとブンブンと尻尾を振ってくれる変わったクッションで、クッションなのにどこか、可愛らしいペットの様な感じがたまりません。

 

非常に可愛らしいデザインで、毛皮も取り外せるので、洗濯できるのも利点です。

 

「クーボ」は「ユカイの工学」の公式サイトで購入できる他、楽天市場などの大手サイトでも入手できます。

 

ユカイの工学の公式サイトはコチラ!

 

 

 

【マツコの知らない世界】便利なロボットペットまとめ!値段や購入方法についてのまとめ!!

 

2020年9月15日に放送される癒しロボットの世界で紹介される「ロボットペット」について紹介していきましたが、欲しいロボットペットはありましたでしょうか?

 

ロボットというと、ただの機械と思われがちですが、【マツコの知らない世界】で紹介されたロボットペット達は便利なだロボットもあれば、癒しを与えてくれたり、使っているうちに愛着が湧くようなロボットなど様々なロボットが紹介されてました。

 

これだけ愛着が湧いてくると、もはやロボットやペットという扱いでなく、家族の一因の様な気もしてきますね!!

 

今回紹介したロボットはどれも、決して安くはありませんが、興味のあるロボットや「これ可愛い!!」なんて思えるロボットがありましたら、是非購入を検討して見てはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です