電子レンジで使えるサランラップの代用品は?アルミホイルはOK?

 

 

電子レンジを使おうと思ったら、サランラップがない…!

 

これじゃあ電子レンジが使えない?!

 

そんなときでも、あわてなくて大丈夫です。

 

サランラップの代わりに使えるものは、意外とたくさんありますよ。

 

今回は、

 

サランラップがない時に電子レンジで使える代用品

 

をご紹介します。

 

注意点もありますので、最後までお読みくださいね。

電子レンジで使えるサランラップの代用品を紹介!

 

 

電子レンジでサランラップを使う場面というと、残り物の温めや野菜の下ごしらえ、加熱調理まで幅広くあります。

 

そのたびにサランラップを使い捨てるのは、実は結構もったいない気がします。

 

代用品をうまく活用すれば、エコにもなりそうですね。

 

お皿

 

新しく買う必要はありません。

 

普段使っているお皿を裏返して、蓋のようにかぶせて使います。

 

下の器より少し大きめのお皿にしてくださいね。

 

深さがある方がかぶせやすいです。

 

加熱後は蓋にしたお皿も熱くなっています。

 

サランラップのように固定されておらず、滑り落ちる可能性があります。

 

落としたら割れてしまうので、取り出すときは特に注意が必要です。

 

電子レンジ対応タッパー

 

食品の保存容器として使っているタッパーは電子レンジに使えます。

 

職場に持っていく手作り弁当や、残ったご飯を冷凍するときなどに使うタッパーです。

 

もちろん、電子レンジ対応のタッパーであることを確認してください。

レンジ対応ではないタッパーを使うと、加熱したら溶けたり変形したりする可能性があります。

 

溶けてしまうと食材も使えなくなり、危険ですので気をつけましょう。

 

蓋つきの陶器

 

陶器の茶碗などで、蓋つきのものがあれば電子レンジOKです。

 

蓋も陶器になっているものや、蓋部分はプラスチックのものがあります。

 

どちらにしても最初からついている蓋なので、ずれたり落ちたりする心配は少ないでしょう。

 

陶器なのでそのまま食卓に出せて、移し替える手間が省けます。

 

また、しっかりしたプラスチックの蓋は重ねることができるので、冷蔵庫に保存するときにも役立ちます。

 

電子レンジ用の蓋

 

電子レンジ用の蓋として販売されているものが使えます。

 

サイズや深さ別にいくつか揃えておくと便利でしょう。

 

高さがあるので直接食材に触れず、清潔感もあります。

 

かぶせるだけなので手間なく気軽に使えますよ。

 

ただ、かさばるので保管場所に困るという声もあります。

 

シリコンラップ

洗って繰り返し使えるサランラップという感じです。

 

サランラップのように伸びて密着させることができ、しっかりつければ液体もこぼれません。

 

サイズ展開も豊富で、色々な器に合わせて使えます。

 

果実や野菜の断面に直接かけることもできますよ。

 

クッキングシート

 

クッキングシートは器にくっつかないので、サランラップの代わりにかぶせることはできません。

 

ただ、電子レンジで蒸し料理を作るのに使えます。

 

かぶせるというよりも食材を包み込む形で使ってください。

 

温め直しの時でも、包んでしまえば汁もこぼさないので意外と使い道がありそうです。

 

スポンサーリンク
 

 

サランラップの代用として使う場合の注意点は?アルミホイルはOK?

 

電子レンジでサランラップを使う目的は、乾燥を防ぐというものです。

 

加熱すれば水蒸気が出ますので、それを逃さないためにラップをかけています。

 

乾燥を防ぐものであればサランラップ以外でも大丈夫ですが、注意点がありますので確認しておいてください。

 

 

アルミホイルは絶対NG

 

アルミホイルを電子レンジに入れると、火花が出ることがあります。

 

下手をすると火災につながる可能性もありますので、絶対にやめてください。

 

電子レンジの加熱はマイクロ波の振動によるものですが、アルミホイルの金属にマイクロ波が当たり、折れジワなど尖ったところから火花が出るのです。

 

サランラップがないときでも、アルミホイルだけは電子レンジに使わないようにしましょう。

 

レンジ対応してない容器に注意

 

家にあるお皿やタッパーをサランラップ代わりに電子レンジに使う場合、必ず耐熱温度を確認してください。

 

耐熱温度が140℃以上であれば、電子レンジOKです。

 

ホーローは金属なので電子レンジNG、ガラス製品も耐熱でなければ避けてください。

 

電子レンジに対応していないものを使うと変形するなど、思わぬ事故につながります。

 

十分注意してください。

 

揚げ物はラップをかけない方が良い

 

サランラップがないときに色々と代用品を使うかと思いますが、フライや唐揚げなど、揚げ物を温めるときは何もかけないようにしてください。

 

サランラップの役割は水分を閉じ込めるための物なので、せっかくの揚げ物がべちゃべちゃになってしまいます。

 

スポンサーリンク
 

まとめ!

 

サランラップがない時、電子レンジに使える代用品はたくさんあります。

使い捨てのラップよりも、洗って繰り返し使えるものはエコにもなるし、経済的です。

 

サランラップを切らしてしまった!

 

とあわててしまった時は、実はチャンスかもしれません。

サランラップの素晴らしさも受け入れつつ、代用できる部分は切り替えて、いいとこ取りをしましょう。

 

どちらも使えるようにしておけば、落ち着いて対応できますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です