萩川未貴の顔画像は?入院していた祖父を殺した動機は介護の疲れか?

「「病院に行って薬もらってきました」に使える写真「病院に行って薬もらってきました」に使える写真」のフリー写真素材を拡大

入院中に祖父を殺害したとして孫である28歳の女性が逮捕された事件です。

この事件で逮捕されたのは無職、萩川未貴容疑者です。

最近家族が祖父・祖母を殺害してしまうと言うニュースはよく目にしますね。

今回の事件の概要について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

◇殺人と銃刀法違反容疑で

宮城県警古川署は27日、入院中の祖父を果物ナイフで刺殺したとして、同県大崎市鹿島台木間塚小谷地の無職、萩川未貴容疑者(28)を殺人と銃刀法違反の容疑で逮捕した。容疑を認めている。

逮捕容疑は26日午後8時10分ごろ、同市内の病院に入院していた祖父(88)の右脇腹を果物ナイフで突き刺し、殺害したとしている。

出典:毎日新聞

事件は宮城県の病院で起きた事件です。

萩川未貴容疑者は入院中である祖父の右脇腹を果物ナイフで刺し殺害した事件で、殺人銃刀法違反の容疑で逮捕されました。

最近高齢化社会の影響でこの様な事件が後を絶ちませんが、萩川容疑者も介護に疲れていたのでしょうか?

果物ナイフを持っていたということで犯行は計画的に行われた可能性が非常に高いかと思われます。

また事件の発覚は萩川容疑者が祖父の殺害の約10分後に近くの交番で祖父を殺害したことを自主したことで事件が発覚しました。

また今回使用された凶器の果物ナイフは病室で発見され、自首した時には別の折りたたみ式のナイフを所持していたそうです。

このことから犯行に対してかなりの計画性と殺意があったのではないかと思われます。

この様な事件は心が痛みますね。

祖父殺害に至った犯行動機は?

祖父殺害に至った犯行動機については現在警察の方で調査中とのことでした。

コチラは情報が入り次第加筆していきたいと思います。

しかし祖父である功さんと会った方は功さんこと

功さんとは5年前に会ったのが最後だったが、「快活で温厚な人だった」と惜しむ。

出典:朝日新聞

どうやら恨みを買うタイプの人間ではなかったそうです。

功さんは果物ナイフで刺された後、入院中の病院へ緊急搬送されましたが約8時間後に死亡が確認され還らぬ人となってしまいました。

この様な方が亡くなってしまって誠に残念です。

心からご冥福を申し上げます。

萩川容疑者の顔画像

萩川容疑者の顔画像については現在公開されておりませんでした。

コチラについては情報が入り次第加筆していきたいと思います。

萩川容疑者のプロフィール

名前 萩川未貴
年齢 28歳
職業 無職
住所 宮城県大崎市鹿島台木間塚小谷地

年齢は28歳と若く職業は無職ということから介護を理由に離職していたのでしょうか?

また萩川容疑者は両親と亡くなった祖父の4人暮らしだったそうです。

どの様な家庭環境だったかも気になりますが、今回の犯行動機は家庭環境の影響があったのかも気になる点でございます。

そうしてみると萩川容疑者の普段の人柄についても気になるところでございますね。

また萩川容疑者のFacebookアカウントの調査も行いましたが検索結果に表示されませんでした。

Facebookはされていない可能性がありますね。

萩川容疑者のFacebookアカウントの検索結果はコチラ

スポンサーリンク

事件のあった病院は?

今回事件のあった病院はコチラであると報道されておりました。

JR東北線鹿島台駅から約500メートル北側にある病院でHPによりますと内科、外科、整形外科などの診療科があり、ベッド数は70床。3人の常勤医をはじめ、90人近い職員が勤務しているそうです。

鹿島台分院のHPはコチラ

スポンサーリンク

ネットの反応

・これだけだと動機が分からないね。入院中に刺すなんてよほどの
事なんだと思うけど。

・なぜ?
動機は分からないが28才の孫が刺すには、よほどの事があったのかも。
おじいさんのご冥福をお祈り致します。

・詳細がわからないので
憶測でしかないが
刃物で刺すという事は
介護疲れ等ではなく
怨恨の可能性があるのかな?と。

出典:Yahoo!ニュース

今回の事件については殺害動機が判明しておらず、様々な憶測が飛び交っている印象を受けました。

入院している祖父を殺害するということについても不明な点も多く、介護による疲れではなく、恨みなのではという声も多数ありました。

しかし温厚な方と言う評判と言うことでその真相については謎が深まるばかりです。

コチラの情報については今後詳細がわかり次第加筆していきたいと思います。

しかし何より今後この様な事件が起きないことと、今回亡くなられた祖父の功さんのご冥福を再度お祈り申し上げます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする