中田快音ちゃんが浪速区塩草マンションのベランダで転落死!母親のしつけのつもりが思わぬ悲劇に、、

浪速区塩草マンションのベランダで転落死する事故がありました。

この転落事故で亡くなったのは僅か2歳の中田快音ちゃんです。

当時母親は片ずけをしない快音くんをしつけのつもりでベランダに出していたそうですが悲劇はそこで起きました。

今回の事故についてネットでは、様々な批判の声が飛び交っております。

早速今回の転落事故死についての概要を見て行きましょう。

スポンサーリンク

転落事故の概要

出典:NHK NEWS

3日午前11時50分ごろ、浪速区塩草のマンションの敷地内で、2歳の男の子がうつぶせで倒れているのを36歳の母親が見つけ、消防に通報しました。
男の子は、マンションの3階に両親と住む中田快音ちゃん(2)で、病院へ搬送されましたが、頭を強く打っていて、5日、死亡が確認されました。

出典:NHK NEWS

事故は浪速区塩草のマンションの敷地内で起きたもので2歳の中田快音ちゃんが倒れているのを見つけた母親が消防に通報したものの病院で2日後に死亡が確認されました。

死因はマンション3階から落ちたことによる頭を強く打った転落死です。

僅か2歳でこの世を去るという以上に悲しいニュースが今回の転落事故はどうやらしつけが原因で起きた事故だったそうです。

スポンサーリンク

転落死の原因はしつけが発端!?

出典:NHK NEWS

警察によりますと男の子は、おもちゃを片づけなかったため、母親がベランダに出し、数分後に確認したところ、およそ9メートル下の地面で倒れていたということです。
ベランダのおよそ1メートル20センチのフェンスの近くには水槽などが置かれていたということで警察は水槽などによじのぼっているうちに転落した可能性もあるとみて詳しいいきさつを調べています。

出典:NHK NEWS

報道によりますと快音ちゃんがおもちゃを片ずけなかった為、母親がベランダに出し数分後に確認したところマンション3階から転落していました。

ベランダの水槽などによじのぼっているうちに転落した可能性が高いと警察の調査で分かっております。

このような転落事故は今回に限らず、よく耳にする様な気がします。

母親はしつけのつもりで行ったつもりでしょうが、2歳児に「片ずけをしろ」と行って言うことを聞かす方が無理な話ですし、ましてこの寒い時期に2歳児を1人ベランダに放りだすのも危険です。

ネットでも今回のしつけについては批判的な声が多く飛び交っております。

しかし母親もこのような事態になることは予測出来なかったのでしょうか?

母親も残された家族も悔やんでも悔やみきれないかと思います。

スポンサーリンク

中田快音ちゃんの顔画像は?

出典:NHK NEWS

快音ちゃんの顔画像は現在の時点では公開されておりませんでした。

コチラにつきましては情報が公開され次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

中田快音ちゃんのプロフィール

名前 中田 快音(なかた かいと)
年齢 2歳
死亡判明時刻 1月5日未明
死因 マンション3階からの転落死

僅か2歳でこの世を去ってしまうという非常に悲しい事故でした。

家族構成は父親・母親・8歳の兄・快音ちゃんで父は当時留守で兄は部屋にいました。

この事故が原因で家族に亀裂が入らないことを祈るばかりです。

この世を去った中田 快音ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

転落事故のあった自宅マンションはどこ?

出典:NHK NEWS

転落事故のあったマンションですが画像だけを手がかりに捜索しましたが、この範囲だけでもマンションが数十件あったため個人の力で特定するのは困難でした。

コチラの情報については有力な手がかりが入り次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

ネットの反応

SNSでも今回のしつけについてはかなりの厳しい意見が多く飛び交っておりました。

僅か2歳でこの世を去ってしまうなんて悔やんでも悔やみきれないことでしょう。

もっと別の方法をとっていればこのような事故は未然に防げたかも知れません。

ベランダからの転落事故は今回に限ったことではない事故ですので、子供を持っている親は絶対にベランダに子供を放置してはいけません。

今回の事故で亡くなった快音ちゃんのご冥福を再度お祈り申し上げるとともにこの様な事故が2度と起きないことを心から願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする