西垣俊光の顔画像と職業は?増田未来(みく)さんがトラックにはねられ死亡

出典:NHKNEWS

悲しい事故が起きてしまいました。

21日の午後4時35分ごろ、大阪市北区豊崎7の市道交差点交通事故が起こりました。

同市北区中津1の小学3年生、増田未来(みく)さん(8)が、大型トラックにはねられ、意識不明の重体でしたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

この事故で、大型トラックを運転していた西垣俊光容疑者(52)自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕されました。

今回何故この様な悲しい事故が起きてしまったのでしょうか?

今回の事故について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

事故の概要

出典:NHKNEWS

◇52歳運転手を過失運転致傷容疑で逮捕

 21日午後4時35分ごろ、大阪市北区豊崎7の市道交差点で、自転車で通行していた同市北区中津1の小学3年生、増田未来(みく)さん(8)が、大型トラックにはねられた。増田さんは意識不明の状態で病院に搬送され、間もなく死亡が確認された。

出典:毎日新聞

悲しい事故で未来ある、幼い命が奪われてしまいました。

事故は21日午後4時35分ごろに大阪市北区豊崎7の市道交差点で起きました。

時間帯から見て、学校から帰宅する、時間帯に事故が発生しまいました。

増田未来(みく)さん(8)は下校途中、大型トラックにはねられ、意識不明の状態で搬送されるも、意識が戻ることなく病院で亡くなりました。

 大阪府警大淀署はトラック運転手の西垣俊光容疑者(52)=大阪府高槻市=を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕した。「前方の歩行者に気を取られて左後方を確認しなかった」と容疑を認めている。今後、容疑を過失運転致死に切り替えて調べる。

出典:毎日新聞

この事故で現行犯逮捕されたのは、トラック運転手の西垣俊光容疑者(52)です。

左後方は非常に死角になりやすく、まだ背丈の小さい増田未来さんは死角に隠れ、事故に遭ってしまったものと思われます。

事故の様子

出典:NHKNEWS

大淀署によると、西垣容疑者が交差点を左折する際、横断歩道を渡っていた増田さんを巻き込んだとみられる。西垣容疑者は大阪市内の運送会社に勤務し、工事現場から資材を搬送中だったという。

 近くの飲食店にいた60代の女性は「サイレンの音で外に出ると、女の子がトラックの下敷きになり、警察官がジャッキでトラックを持ち上げようとしていた」と話した。近くには増田さんの物とみられるカバンや水筒が転がっていたという。【土田暁彦、柴山雄太、竹田迅岐】

出典:毎日新聞

西垣容疑者が工事現場から資材を搬送中に事故が起きてしまいました。

事故現場の様子は、増田さんがトラックの下敷きになり、警察官がジャッキでトラックを持ち上げようとしていたそうです。

増田さんの物とみられるカバンや水筒が転がっており、事故の悲惨さを物語っております。

西垣容疑者も周りにいた方も、パニック状態に陥っていたのではないでしょうか?

このような事故で普通でいられるわけがありません。

スポンサーリンク

容疑者の顔画像

出典:ピープルズ

容疑者の顔画像は現在公開されておりませんでした。

公開され次第加筆させていただきます。

容疑者の職業

運送会社に勤務していたことが現在判明しております。

会社名までは、公開されておりませんでした。

運送会社のトラック運転手をなされており52歳という事で、ベテランの運転手だったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

事故現場

出典:NHKNEWS

  

公開されております、情報に寄りますとこちらの交差点で起きたものだと思われます。

ニュースで公開された情報に寄りますと事故現場から中津駅までは300メートルほどの距離の信号機のある交差点だったそうです。

ネットの声

・効率は悪くなるけど、歩行者用信号と自動車用信号を時差式にすれば事故は減ると思うけどな。

トラックの運転をしたことある人しかわからないと思うけど、乗用車と違ってトラックの左折ってはっきり言って全く見えないんだよね。
曲がる前に確認をするけどそれでも全部は見きれない!
もういい加減左折時の対策をもっとトラック協会や国やらメーカーやらが本格的に問題視しないとこの手の事故は減らないよ。

・明日は我が身。轢くかもしれない、轢かれるかもしれない。『歩行者優先』は勿論守るべきだが、それを鼻にかける歩行者、自転車多過ぎ。もう取り返しはつかないけど、運転手も歩行者もお互いに注意しようよ。

・結局は運転手の不注意なんだけど、大人なら左折車が来るか確認して交差点に進入するのだと思うし子供だから仕方ない側面はあるにせよ、いたたまれない事故ですよね。

・この記事だけでは状況はわからない。
左折巻き込みの事故の場合、一度トラックは被害女児を直前で追い越している可能性がある。または左折しているトラックに女児が突っ込んだかもしれない。
この記事だけで判断はできないが、前者ならしょうがないとは思えない。

出典:yahooニュース

トラックによる事故は非常に多く、事故に対しての今後の問題を危惧する声が多数見受けられました。

もしかしたら自分自身も事故に遭う可能はないとは言えません。

運転手が注意するのは、なおのこと、歩行者である私達もトラックの死角に出来るだけ入り込まないことと一定の距離を保つことなどが現在私達に出来る、事故予防田と考えます。

今後この様な悲しい事故が起きないことを心から願います。

まとめ

ベテランのトラック運転手でも、死角による事故は多発しており、今回も悲しい事故が起きてしまい、未来ある幼き命が奪われてしまいました。

事故の内容を見る限り、事故の悲惨さを物語っており、非常に心が痛みます。

今後この様な事故が再発しないことと、今回亡くなられたご遺族の方々、増田未来のご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする