延岡学園バスケ没収試合、アフリカ留学生の顔画像と名前、学年は?審判の顔面を殴打した事件

出典:FNN

延岡学園バスケ選手が、長崎県大村市で開催された全九州高校体育大会のバスケットボール男子準決勝で17日、延岡学園(宮崎)―福岡大大濠の試合中にファウル判定に不服を示し、審判の顔面を殴打した事件です。

協会によると、殴ったのはアフリカからの留学生だったそうです。今後、傷害事件として動きがあるようです。

今回審判に暴行した、アフリカの留学生顔画像など、事件の概要について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

長崎県大村市で開催された全九州高校体育大会のバスケットボール男子準決勝で17日、延岡学園(宮崎)―福岡大大濠の試合中、延岡学園の留学生選手が、審判のファウル判定に不服を示し、審判の顔面を殴打した。九州高校体育連盟から報告を受けた日本バスケットボール協会が同日、明らかにした。審判の男性は病院に搬送され、治療中という。

出典:朝日新聞

長崎県大村市で開催された全九州高校体育大会のバスケットボール男子準決勝で事件は起こりました。

延岡学園留学生選手が、審判のファウル判定に不服を示し、怒りに任せて、審判の顔面を思いっきり殴った事件です。

協会によると、殴ったのはアフリカからの留学生。今後、傷害事件として警察の捜査対象となる見込み。試合は没収試合となった。延岡学園は男子バスケットボールで、全国大会で優勝経験がある強豪。

出典:朝日新聞

殴ったのはアフリカの留学生だったそうです。

今後この選手には、重い刑罰が待っている事が予想されます。

試合は没収試合となりました。

審判は、口元から出血していて、病院に救急搬送されたが、意識はあると言います。

延岡学園は男子バスケットボールで、全国大会で優勝経験がある強豪なだけに今後どのような動きになるのか気になるところでございます。

6月17日追記

今後の処分はバスケット連盟によるとこの様に説明しております。

男子日本代表の国際強化試合が終わった後に行われた、日本バスケットボール協会からの説明によれば、この大会は高体連による主催のため、処分は県の高体連で判断するとのこと。協会としては学校、県高体連、そして全国高体連の対応を見守るスタンスとなる。また、それと並行して傷害事件として警察の捜査も行われるようだ。

出典:バスケットカウント

処分の内容についてはまだ公表されていないものの、今後の処分内容は、県の高体連で判断するとのことだそうです。

今回の事件は前代未聞といわれており、延岡学園も日本バスケットボール協会も困惑している事でしょう、、、

今後の処分内容などの詳細は情報が入り次第加筆させていただきます。

延岡学園の選手の顔画像

出典:ピープルズ

今回審判に対して殴打した、留学生の選手の顔画像は現時点では公開されておりませんでした。

公開され次第、加筆させていただきます。

スポンサーリンク

留学生の学年と名前は?

出典:ピープルズ

現時点ではアフリカ留学生の名前、学年は公開されていませんでした。

公開され次第加筆させていただきます。

犯行様子

出典:FNN

画像を見る限り、思い切り殴った様子がよく分かります。

出典:FNN

目撃した方の証言によると「第4クオーターでスクリーンかけてオフェンスファウルになって審判に怒って殴った」と証言しております。

出典:FNN

殴った選手は「審判の判定に納得がいかなかった」という趣旨の話をしております。

しかし、納得が行かないからと言って、大事な試合で、審判に殴打をした試合については、今後重い処分が選手に課せられることは間違いないでしょう、、、

出典:FNN

延岡学園は今回の暴行事件に対して「見ていた人たちにも深いな思いをさせて申し訳ない」と証言しております。

今後、延岡学園がどの様になるのか、情報が公開され次第加筆させていただきます。

延岡学園の詳細

ホームページでは、勉強とともにスポーツのも力を入れており、男子バスケットボールで、全国大会で優勝経験がある強豪と言うのも、うなずけます。

また歴史は、

1951年(昭和26年) – 延岡高等計理学校として発足、学校教育開始。

1955年(昭和30年) – 延岡学園高等経理学校に改称。

1965年(昭和40年) – 可愛ヶ丘高等学校に改称。

1966年(昭和41年) – 延岡学園高等学校に改称。

1991年(平成3年) – 尚学館中学校を設置。

出典:Wikipedia

となっており、

調理科

調理師コース

食文化コース

普通科

総合コース

工業専攻

商業専攻

普通コース

特進コース

尚学館高等部コース(中高一貫コース)

出典:Wikipedia

学校のコースはこの様になっております。

詳しいホームページはコチラ

スポンサーリンク

事件現場

今回の試合をインターネットで調べたところ以下の場所がヒットしました。

アフリカ留学生の様子

6月18日追記

出典:FNN

実は、最近の様子について、川添裕司監督は「6月のあたまになって、ホームシックにかかりまして。今までの留学生も、この6月の湿度が高くなった時期あたりで、よくホームシックにかかっていた。1週間ほど休んで、確かに、その時の精神状態はあまりよくなかった」と話した。

留学生選手は、2018年2月に来日したばかりの1年生で、日本語はまだ片言。
ホームシックになり、国に帰りたいと話すなど、精神的に不安定だったという。

暴行後の様子について、川添監督は「きのうもすごく泣いていたようです。大変なことをしてしまったと。部屋から出ずに泣いていて、ご飯も食べられない状態だったと聞いています」と話した。

出典:FNN

暴行事件を起こした、アフリカ人留学生はホームシックにかかっており精神状態がかなり悪かったようです。

確かに、文化も言葉も違う国での生活で故郷が恋しくなるのはうなずけます。

暴行後はかなり反省しており、ご飯も食べれない状態だったそうです。

また留学生選手は暴行後

留学生は、治療を終えた審判員に、日本語で「すみませんでした」と直接謝罪。
審判員は、「せっかく日本に来たんだから、日本を嫌いにならないでください。バスケを嫌いにならないでください」などと声をかけたという。

延岡学園は、今週末に開かれる大会への出場を辞退。
今後のインターハイなどへの出場については、高体連と協議し、検討するとしている。

出典:FNN

審判員は、留学生選手に対して、「せっかく日本に来たんだから、日本を嫌いにならないでください。バスケを嫌いにならないでください」などと声をかけたといいます。

審判員の方は、留学生選手に対しての対応が非常に素晴らしいとの声が多数見受けられました。

今後、延岡学園は、今週末に開かれる大会への出場を辞退。

インターハイなどの出場は、今後の協議で決まるそうです。

今後審判員の怪我が1日でも治ることと、今回暴行事件を起こしてしまった留学生も今後反省し、頑張って欲しいものですね。

ネットの反応

・察知して、後ろからおいかけてる選手いるよね。
なぐるかもとわかってたからでしょ。
普段からそういう素行が悪かったわけでしょ。

指導者の責任

・この素行の悪い選手は半年位出場させてはならないでしょ?

・正しくジャッジしてもらいたい。
両者に責任がある。

出典:yahooニュース

今回の事件は、ジャッジに対しての意見も多数ありました。

選手の素行のついても様々な憶測などが飛び交っております。

今後の動きに注目していき、情報が入り次第随時、加筆していきたいと思います。

まとめ

今回の事件は、留学生の選手が、審判に対して殴打した事件でした。

今後この選手と学校側には、思い処分が下されることが予想されます。

しかしまだ公開されていない情報も多数あるので、情報が入り次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする