小田求容疑者の犯行動機と前科は?元市議の変わり果てた姿と笑顔が怖い

出典:FNN

一家4人を死傷させたとして、現行犯逮捕された、小田求容疑者。

小田容疑者は元市議をしており、その時の姿から、変わり果てた姿と笑顔が怖いと話題になっております。

一家4人を死傷させた、小田容疑者に過去に前科をもっておりました。

小田容疑者の犯行動機と、小田容疑者の前科について紹介していきます。


スポンサーリンク

事件の概要

出典:FNN

13日、千葉市稲毛区の飲食店で妹家族4人を刃物で切りつけ、殺人未遂の現行犯で逮捕。
刺された長女の高木 彩友美ちゃん(6)は、その後、死亡した。

小田容疑者を知る人は、「(選挙に)当選した時に1回だけ来た。普通の人間だったよ」と話した。

出典:FNN

13日、に千葉県の飲食店で、妹家族4人を刃物で切りつけて、死傷させた事件で逮捕された小田求容疑者。

小田容疑者を知る人は「(選挙に)当選した時に1回だけ来た。普通の人間だったよ」と話したようです。

普通の人だった小田容疑者を変えてしまった、要員は精神的不安から来たものだと言われております。

詳しい事件の概要と小田容疑者の経歴と年収について書かれている記事はコチラになります。

小田求の年収と経歴は?一家切りつけで逮捕された容疑者を公開

犯行動機

スポンサーリンク

出典:FNN

小田容疑者は、調べに対し、「仕事のことを言われて、カッとなって刺した」という趣旨の供述をしているが、一貫性のない発言も繰り返していることから、警察は、責任能力の有無も含め、慎重に調べを進めている。

出典:FNN

犯行動機は仕事のことを言われてカッとなって刺したと趣旨を述べていました。

包丁を持ち歩いていたことから、犯行は計画的に行われていたと思われ、事件前から家族とうまくいっておらず、飲食店に入ったと時には、殺そうと決意していたように思えます。

小田容疑者の前科

出典:FNN

しかし、一方で、暴力的な顔をのぞかせることも。
小田容疑者を知る人は、「現役議員の時だったかな。親を棒か何かで殴って逃げて、横浜かどこかで捕まったことがある」、「精神的に安定してないところがある(と聞いた)。事件が起きて病院に強制的に入れられてるって。家族とは、うまくいっていない」などと話した。

事件後、療養生活を送っていたという容疑者。
その際に、市議の職も失ったという。

出典:FNN

今回の事件を起こした小田容疑者には、暴力的な面もあったようです。

現役議員の時に、親を棒か何かで殴って、逃げて、横浜で捕まった過去があるみたいです。

事件の際に病院に入れられ、療養生活を送っており、その時に議員の職を辞めたみたいです。

元々、精神的に不安定で、病院で療養生活をしていた過去のある小田容疑者。

しかし罪のない子供にまで、手を出すことは決して許される事ではありません。

逮捕時の様子

スポンサーリンク

出典:FNN

逮捕時に小田容疑者は笑顔でカメラを見ていました。

長女6歳を殺害したのにも関わらず、その表情に一切の悪びれた表情はいりませんでした。

調べに対しても一貫性のない言葉を繰り返していることから、この表情は精神的不安定なものから来ているものなのでしょうか?

また、逮捕時の写真はかつての市議の面影はなく、顔も丸くなっており、茶髪で髭を生やしており、もはや別人のようにも思えてしまいますね。

ネットの反応

・とても普通の精神状態の人には見えないですが….
責任能力がないから無罪なんてことにはならないで欲しいです。まだ1歳や6歳の無抵抗の子供に殺さないといけないほどカッとなるって……
第一、刃物を所持していたんだからカッとなっての犯行じゃないでしょうに

・責任能力はありますよね?じゃないと、千葉市民が可愛そう。責任能力がない人を選んだんですからね。。。

・もしカッとなって刺してしまって姪っ子を死なせてしまったと言う現実が分かっているならこの笑顔は出ないと思う。 
責任能力云々で片付けられるのも嫌だけどまともな精神状態と思えない。

・責任能力がない動物なら、殺処分で

・この笑み、イラッ

極刑にならないだろうが、極刑を強く望む

出典:FNN

重い刑罰を望む声と精神状態の危うさを危惧する声が多数見受けられました。

仕事がうまくいっておらず、精神的に追い詰められていた小田容疑者、もしも家族上手くいっていればこのような事件には発展しなかったでしょう。

負傷したご家族、亡くなられた長女のことを考えると非常に胸が痛む事件です。

負傷したご家族の怪我の回復と亡くなられた長女のご冥福をお祈り申し上げます。

まとめ

今回は逮捕時の容疑者の様子についてでしたが、顔はかつての市議の時のさわやかさはなくなっており、どこか精神的に不安定な部分を危惧するような、逮捕時の様子を見て、精神的な治療が再度必要なのではと考えてしまいました。

なにより、今後の小田容疑者の動向が気になるところです。

再度、負傷したご家族の怪我の回復と亡くなられた長女のご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする