岡田幹生容疑者の顔画像は?クリスマスに嫌になり自宅放火した犯行が悲しすぎる

クリスマスの24日に自宅を自ら放火した男が逮捕されました。

自宅を放火したとして逮捕されたのは久喜市小右衛門アルバイトの岡田幹生容疑者47歳です。

クリスマスで賑わう一方でこの様な事件が起きてしまうのは非常に悲しいことですね。

自宅を自ら放火した理由も悲しいものでした。

放火事件の概要について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

放火事件の概要

 埼玉県警幸手署は25日、1人暮らしの自宅に火を付けたとして、非現住建造物等放火の疑いで同県久喜市小右衛門、アルバイト、岡田幹生容疑者(47)を逮捕した。署によると「生きていくのが嫌になった」と供述し、容疑を認めている。火を放ったのはクリスマスイブの24日だった。

出典:産経新聞

事件は世間が賑わう24日のクリスマスに起きたものです。

自ら自宅を放火したとして非現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのはアルバイトの岡田幹生容疑者47歳です。

自ら自宅を放火した理由は「生きていくのが嫌になった」と供述しており犯行時は

岡田容疑者は「1階の居間で、ライターでティッシュに火を付けた」と話している。自身も軽いやけどを負い、病院に搬送されたが、既に退院した。

出典:産経新聞

自宅は全焼しライターでティッシュに火をつけて自宅を燃やし自殺を図ったのでしょうか?

47歳のアルバイトということでこれからの将来が不安になってしまったのでしょう。

普段から相談できる相手などはいなかったのでしょうか?

もしも親身になって聞いてくれる人物がいればもしかしたらこの様な悲しい犯行を起こさずに済んだかも知れません。

そう思うと日本の雇用問題はとても他人事ではなく解決しなくては行けない問題だと感じます。

スポンサーリンク

岡田幹生容疑者の顔画像は?

岡田容疑者の顔画像は現在の時点では情報が公開されておりませんでした。

コチラについては情報が入り次第加筆させていただききます。

スポンサーリンク

岡田幹生容疑者のプロフィール

名前 岡田 幹生
年齢 47歳
職業 アルバイト
容疑名 非現住建造物等放火の疑い

47歳のアルバイトということで世間が賑わっているクリスマスに憂鬱になってしまったのでしょう。

雇用問題は未だに解決していないことが今回の事件で痛感させられました。

47歳というと丁度就職氷河期の時代ということで就職困難で現在までアルバイトをしていたのでしょうか?

岡田容疑者だけでなく就職氷河期世代で正社員になれずアルバイトで生活している方は多く年齢が高くなるほど就職が難しくなります。

岡田容疑者も相当追い詰められていたのでしょう。

岡田容疑者のFacebookアカウントを調査すれば岡田容疑者についての手がかりがつかめると思い調査しましたが顔画像が判明しておらず個人のアカウントを特定するのは困難でした。

岡田容疑者のFacebookアカウントの調査結果はコチラ

スポンサーリンク

岡田容疑者の自宅は?

岡田容疑者の自宅住所については公開されておりませんでした。

個人情報の観点から公開される可能性は低いと思われます。

スポンサーリンク

ネットの反応

・119番の一報よりも先に気づいて駆けつけるなんて!

・室内で火気燃焼型の暖房を使うのって先進国では日本ぐらいじゃない?

出典:Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

まとめ

今回の事件はクリスマスの24日に起きた自宅放火事件でした。

クリスマスで賑わっている一方でこの様な問題で裏では悩んでいる方がいると言う悲しい事件でした。

日本の雇用問題は未だに解決策が提示されず、されても年齢の問題で解決出来ない層が日本にはまだ沢山いるのは事実です。

今後この様な事件はこのままで増加の一方をたどってしまうと予想されます。

今後この様な事件を減らすためにはもう一度日本の雇用問題に目を向けて真剣に考えなくては行けません。

今後岡田容疑者の様に自ら命を絶つ人がいなくなる様な社会になることを心から望むばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする