大池製作所春日井工場の事故原因は?春日井市で2名が巻き込まれた概要は?

 

悲しい事故が愛知県春日井市で起きてしまいました。

 

事故が起きた工場は機械部品を製造する大池製作所春日井工場で27日正午にクレーンで吊り上げられていた鉄板を掃除していた際に、鉄板が崩れ、2人の従業員が巻き込まれた事故です。

 

そのうちの1人は大怪我をしたものの、命に別状はなかったのですが、従業員の杉原太一郎さんは出血性ショックで搬送先の病院で亡くなりました。

 

現場での事故は絶対に起きてはいけないものですが、一体何故この様な悲しい事故が起きてしまったのでしょうか?

 

ココでは大池製作所春日井工場で起きた事故の概要とともに、事故の原因について紹介して行きたいと思います。

 

大池製作所春日井工場の事故の概要

 

出典:https://www.ctv.co.jp/news/

 

27日、愛知県春日井市の機械部品を製造する工場で、作業中に鉄板が落下し、男性作業員が死亡する事故がありました。  警察によると27日正午ごろ、春日井市の「大池製作所春日井工場」で「天井クレーンでつるしていた鉄板が落下した」などと、工場から119番通報がありました。  鉄板を清掃していた男性作業員2人が下敷きとなり、杉原太一郎さん(46)が搬送先の病院で死亡、1人は命に別条ないということです。

出典:https://www.ctv.co.jp/news/

 

事故が起きたのは愛知県にある、機械部品工場である、大池製作所春日井工場で事故がおきました。

 

27日正午ごろに天井クレーンでつるした鉄板が落下したと119番があり、鉄板に巻き込まれたのは作業員の2人で、うち1人が出血性ショックで亡くなり、もう1人は大怪我を追ったものの、命に別状はないみたいです。

 

安全第一で行わなくてはいけない現場の事故は一体何故おきてしまったのか?

 

この様な事故は絶対に起きてはいけないはずなのに、起きてしまったことを悔やんでも、悔やみきれません・・・

 

この時落下したのは縦4メートル、横1.5メートルの鉄板ということですが、当時現場は突然の出来事に驚いたことに違いありません。

 

これだけ大きな鉄板が落ちてくるということは、滅多にない事故なだけにただただ、何故としか言えませんが、同じことを繰り返さないためにも原因の究明が急がれます。

 

スポンサーリンク
 

 

大池製作所春日井工場で起きた事故の原因は ?

 

落下してきたのは縦4メートル、横1.5メートルの鉄板ということですが、落下の原因は一体なんだったのでしょうか?

 

現在の時点では、事故原因の究明段階である為、原因の公表がされていませんが、考えられるとしたら恐らく

「鉄板を吊るしていたクレーンの操作か何かを誤った」

「吊るし方が正しくなかった」

「クレーンの劣化」

が考えられます。

 

安全第一で作業しなければならない現場の事故でこの様な事故で人が怪我を負わないことを今後とも願うばかりです。

 

また原因については情報が入り次第コチラでも追記して行きます。

 

大池製作所春日井工場の事故に巻き込まれた2名のプロフィール

名前:杉原太一郎

年齢:46歳

概要:出血性ショックの為、死亡

 

名前:公表されておらず

年齢:30歳

概要:大怪我を負ったものの、命に別状なし

 

現在、事故の被害にあった2人について公表されている情報は上記のみです。

 

今後この様な事故が他の工場や現場でも起きないことと、事故で亡くなった杉原太一郎さんのご冥福をお祈りするとともに、大怪我を負った従業員の男性の方が1日でも早く、回復出来るよう心からお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

大池製作所春日井工場の場所はどこ?

 

コチラが事故が起きた大池製作所春日井工場です。

 

下に概要を載せて起きます。

住所:〒480-0301 愛知県春日井市内津町187

ホームページhttp://www.ooike.com/

事故についてのネットの反応

 

・吊り荷の下での作業が不可避な場合、安全バーでないにしろ、何かブロックを置いたり落下を想定してたら生命だけは助かったかもね。
おそらく、怠慢な安全対策が日常化してだんだろう。

 

・毎年起きていますが、工事現場で路面確保のために敷くような鉄板はフックで簡単に吊っているだけなのでよく外れます。

下や周囲に近づかないのが鉄則です。
作業する場合には必ず落下防止措置を取る必要があります。

 

・適当な作業が常態化してた可能性が高いですよね!
あぶないとか、怖いとかゆう意識が低いから事故が発生する。
当たり前です!
危機管理がなってないから、こうしたルール無視の作業をやって、最悪な事態になる。
会社側に、危険に対する基本的な教育をする必要があると思います!

 

・レンフロークランプやイーグルクランプ等の吊り荷の加重を利用して支圧して掴むタイプのクランプで敷き鉄板を楊重する場合は、敷き鉄板についている泥で滑って鉄板が落ちることが良くあります。吊り荷の下に入らないのが鉄則です。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

今回の事故については、安全対策を怠ってした可能性を指摘する声が多く見受けられました。

 

安全対策をしっかりと行っていれば、確かにこの様な事故は事前に防げるはずです。

 

この様な事故が起きないためにも、安全対策はしっかりと行い、安全がとにかく第一で作業していくべきだと心から思います。

スポンサーリンク

大池製作所春日井工場の事故の原因についてのまとめ

 

大池製作所春日井工場で起きた、事故の概要について紹介しましたが、現在の時点では事故の原因を調査中とのことですが、安全対策を怠っていたのであれば、大問題に発展してしまう可能性も高い事故です。

 

この様な事故が起きてしまったことは、本当に悲しいことですが、今後他の工場や現場でもこの様な事故の犠牲者が0になることを心から願うばかりです。

 

今回の事故で亡くなった杉原太一郎さんのご冥福と、30代の従業員の方が1日でも早く、普通の日常に戻れることを再度お祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です