オーブンがない時の代用として使えるのは?レンジ・グリル・フライパン・トースターは大丈夫?

 

 

「置き場所がない」

「使わない」

 

という理由で、家にオーブンを持たない人もいるでしょう。

 

レシピを検索して、

 

おいしそう、作ってみたい!

 

と思っても、作り方をよく見てみると、オーブンが必要だとわかって断念したことはありませんか?

 

今回は、

家にオーブンがない時、他の調理器具や家電で代用できるか?

を調べてみました。

オーブンがなくても、料理の幅は広がりますよ!

 

オーブンがない時の代用はある?レンジ・グリル・フライパン・トースターは代用として使える?

 

 

オーブンがなければ、他に加熱する方法がないかと考えます。

レンジならある

コンロにグリルがついている

フライパンくらいは持っているまたは、トースターだけはある

 

という人もいるでしょう。

どれかひとつくらい、代わりに使えないでしょうか。

 

大丈夫です。全て使えます。

それぞれの特徴に合わせて、どんな料理が向いているか、オーブンとの違いは何か。

ひとつずつ、見ていく前に、まずはオーブンの特徴を

よく知らない。

知っているつもりかも?

という人に向けて、オーブンの特徴について、振り返りを簡単にしていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク
 

 

オーブンの特徴

 

 

そもそもオーブンの加熱は、庫内の空気を対流させ、四方から焼く方法になっています。

温度を一定に保ち、焼き目をつけることもできます。

 

温度は140~300℃くらいまで調節が可能で、大変便利な調理器具です。

 

一方で、予熱が必要であったり、オーブンレンジの場合、使用後に熱を冷ますまでレンジ機能が使えなかったりと、少々手間のかかる一面もあります。

 

オーブンがない時の代用(レンジ)の場合

 

レンジをオーブンの代わりとして使うのは、かなり限定されます。

温めに特化した電子レンジの加熱方法は、マイクロ波を食品に当て、食品中の水分に熱を加えます。

 

レンジでの加熱は焼き目がつかないので、オーブンを使う時に期待するような、こんがりした仕上がりにはなりません。

 

たとえば焼き目がつかなくてもいい「焼き芋」は、オーブンの代用としてレンジを使うのにおすすめです。

低温でじっくり加熱すれば、ねっとりとした甘い仕上がりになりますよ。

 

 

スポンサーリンク
 

 

オーブンがない時の代用(グリル)の場合

ガスコンロのグリル部分の写真

 

グリルは、しっかりとオーブンの代わりになると言えるでしょう。

 

グリルは「魚を焼くところ」というイメージがあるのではないでしょうか。

でも実は、お肉も野菜も、グリルでおいしく焼けるんです。

肉料理は、余分な油を落としてヘルシーに仕上げることができます。

 

庫内が狭く、上下2面から直火で加熱するので、300℃くらいまで温度が上がります。

火力が強いので短時間で焦げ目が付き始めるため、中まで火を通す必要がある分厚い肉などは、グリル調理に向いていません。

ですが、ローストビーフはむしろおすすめです!

フライパンで焼いてからオーブンに入れるのが通常ですが、グリルなら焼きの工程から直接グリルが使えますし、あとは余熱で仕上げるだけです。

 

また、意外にも食パンを焼けばふっくらおいしいトーストになりますし、チーズケーキやクッキーなど、お菓子作りにもグリルが使えてしまいます。

 

グリルを使う際のクッキングシートの使用に注意

 

1つ注意点があります。

グリルでお菓子を焼く時は、アルミの型やアルミホイルを使うようにしてください。

クッキングシートを使うと汚れずに済むので掃除が楽ですが、クッキングシートの耐熱温度は250℃ほど。

300℃まで温度の上がるグリルでは、燃えてしまう危険があります。

どうしても使う場合は弱火で使う、庫内の壁面にクッキングシートが触れないようにするなど、十分注意が必要です。

 

オーブンがない時の代用(フライパン)の場合

フライパン写真素材、ロイヤリティフリーフライパン画像|Depositphotos®

フライパンは、オーブンの代わりに幅広く使えます。

 

ローストチキン、ピザなどの定番オーブン料理から、クッキー、ケーキなどのお菓子類も焼くことができます。

 

フライパンでケーキ

 

というと不思議な感じがしますが、ホットケーキを思い浮かべれば、イメージしやすいでしょう。

火加減に注意すれば、スポンジケーキだって焼けるんですよ。

 

フライパンは下からの加熱だけになりますが、フタをうまく使うことで熱を対流させ、中まで火を通すことができます。

温度が目に見えにくいので、火加減にはよく注意してください。

 

パンを焼く時には、こねるところから発酵、焼きまで、全てフライパンの中でできてしまいます。

場所を取らずに、洗い物も少なくて済むということで、メリットだらけですね。

 

 

スポンサーリンク
 

 

オーブンがない時の代用(トースター)の場合

 

トースターをオーブンの代用にしている人は、既にいらっしゃることでしょう。

 

オーブントースターという名のとおり、トースターはオーブンの代わりになります。

 

グラタンやピザはもちろんですが、お菓子作りにもトースターは活躍します。

 

クッキーやケーキはもちろん、なんと、プリンだってトースターで作れるんですよ。

オーブンでプリンを作る場合、140~160℃低温で、25~30分ほどの時間がかかります。

これをトースターで代用すると、1000Wトースターで、15分くらいでできてしまいます。

トースターを使う時には、耐熱皿にお湯を張って、そこにプリンを並べてください。

 

トースター1000W200℃以上の高温になります。

表面が焦げてきたらアルミホイルをかぶせるなど、様子を見ながら、時間を調整するようにしてくださいね。

 

オーブンがない時の代用として使えるのは?レンジ・グリル・フライパン・トースターは大丈夫?まとめ!

 

オーブンはどの家庭にも必ず、置いてあるものではない上に、いざ置くとなると場所も取ります。

 

簡単に購入できるものではないのではないので、代用が効くのは非常に嬉しいことです。

 

ですが、どの料理を作るか、用途によって、代用するべきものが変わってきますので、代用する際は是非今回の内容を参考にしていただければと思います!

 

今回の関連記事はコチラ↓

オーブントースターの温度の目安は?W(ワット)と温度の関係を紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です