オーブントースターの温度の目安は?W(ワット)と温度の関係を紹介!

 

オーブントースターって、メーカーによって温度表記がバラバラです。

 

タイマーのつまみが1つだけのシンプルなものなら、温度を考える必要はありません。

ですが最近のオーブントースターには大体、温度調節つまみが付いています。

 

「強・中・弱」

 

といった三段階のものや、W(ワット)で調節するもの、温度そのもので調節するもの…。

 

使い慣れたものならいいですが、買い替えたら急に表記が変わって、使い方がわからなくなってしまうことも。

 

そもそも、W(ワット)ってなんなんでしょう?

 

この記事では、オーブントースターの温度の目安と、W(ワット)の関係を詳しく解説します。

 

これを読めば、もう温度調節で悩むことはありませんよ。

 

 

結論!オーブントースターの温度の目安は何W(ワット)?

 

 

ずばり、オーブントースターの温度の目安は、200~250度です。

 

これは1000Wのオーブントースターで出せる温度で、現在販売されている多くのオーブントースターの主流です。

 

冷凍ピザなど、オーブントースターで調理する冷凍食品には、袋の裏に目安の時間が書かれていますが、その目安が1000Wを基準にしています。

 

1000Wで5分、という表記なら、200度で5分、と思っていれば大丈夫です。

 

最近はW数1200Wを超えるオーブントースターも販売されていますので、温度が上がりすぎないよう、注意が必要です。

 

ご家庭のオーブントースターが何Wか、確認しておいてくださいね。

 

温度調節のできるオーブントースターでは、80~250度の間で調節できるようになっています。

 

W数で調節する場合、

300Wで約140度

500Wで約180度

を目安にするとよいでしょう。

 

機種によってはヒーターの上側、または下側のみを使うように切り替えられるものもあります。

 

バターロールなど、あまり焦げ目をつけたくないものを焼くときはW数を落とすなど、上手に使いましょう。

 

スポンサーリンク
 

オーブントースターのW(ワット)の関係と温度を分かりやすく解説!

オーブントースター | 無料イラスト素材の素乃庵

 

W(ワット)は、実は温度そのものを表しているわけではありません。

 

W(ワット)とは、指定した温度に到達するまでの時間を表しているものです。

W数が高いほど、温度が上がるのが速いのです。

 

オーブントースターは上下に電熱式ヒーターが付いていて、中に入れた食材とヒーターの距離が非常に近いので、速く加熱できる仕組みになっています。

 

500Wのオーブントースターでも、200度を超えます。

1000Wだと200度で、500Wの場合は180度が温度の目安です。

 

しかし、W数を低く設定しても、時間をかけて加熱をし続ける限り、温度は上昇します。

調理の際は、W数の設定を過信せず、時間もあわせて調節するようにしましょう。

 

オーブントースターでトーストを焼くとき、ほとんどのトースターでは2~3分できつね色になります。

 

これはオーブントースターの特徴で、つけたらすぐに温度が上昇するため、短い時間でこんがり焼き上げることができるのです。

 

家庭用の電子レンジは、500~600Wが主流ですよね。

 

トースター機能付きの電子レンジでトーストを焼こうと思っても、機種によってばらつきはありますが、5~10分ほどかかるでしょう。

 

電子レンジはW数が低く、温度の上昇がゆるやかなため、焼き上がるのに時間がかかるのです。

 

オーブントースターに向いている料理

ポテトグラタンの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

オーブントースターは、焼き目をつける料理に適しています。

 

トーストを代表に、ピザグラタンなど、こんがり焼き上げたい料理に使えます。

 

オーブントースターはW数が高く、素早く加熱するため、温め目的には向きません。

 

温度が一気に上昇するので、表面だけが焦げて、中心はぬるいまま、といったことが起こります。

 

焦げ目が付いてきたら、途中でアルミホイルをかぶせることで、それ以上焦げるのをふせぐことができます。

 

長時間の調理のときは放ったらかしにせず、ときどき様子を見ながら調整しましょう。

 

また、電子レンジで温めたあと、仕上げにオーブントースターを使う、といった工夫も有効です。

 

例えば前日の残りの揚げ物を温めるときは、電子レンジとオーブントースターをうまく使えば、中まで温かく、からっとした仕上がりになります。

 

オーブントースターでは他にもクッキーを焼いたり、おつまみにぴったりの、にんにくのホイル焼きを焼いたりと、幅広く活用できますよ。

 

コンロやグリルを使わなくても、オーブントースターだけでもう一品作れたら嬉しいですね。

 

スポンサーリンク
 

オーブントースターに付いている安全機能

 

グラタンなどをオーブントースターで調理するとき、途中でヒーターが切れてしまうことはありませんか?

 

それは、オーブントースターのサーモスタット機能によるものなんです。

 

加熱を続けたオーブントースターは、庫内温度が上がりすぎて、発火の恐れがあります。

それをふせぐのが、サーモスタット機能です。

 

温度が250度近くになるとこの機能が効いて、一時的に電熱を止めてくれます。

 

庫内の温度が下がるとまた自動で付きますので、安全設計となっています。

 

すぐに切れてしまってイライラするかもしれませんが、下手をしたら火事につながってしまいますので、とても重要な役割を果たしているんです。

 

急いでいるときは、扉を開けて中の温度を下げてあげれば、再び加熱されますので、試してみてください。

 

 

まとめ

オーブントースターの温度の目安は、

 

1000Wで200~250度

 

でした。

 

W数は、指定の温度に到達する時間を表していて、W数が高いほど温度の上昇が速いです。

オーブントースターは、W調節や温度調節を使いこなせば、料理やお菓子作りにも役立つものです。

 

温度調節やW数調節に悩むことなく、料理に合った温度と時間で、おいしく仕上げるようにしてくださいね。

今回の関連記事はコチラ↓

オーブンがない時の代用として使えるのは?レンジ・グリル・フライパン・トースターは大丈夫?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です