ペットボトルの蓋・キャップが開かない時の対処法は?握力がなくても開けられる方法を紹介!

 

手が滑ってしまう

うまく力が入れられない

なぜかやたらと蓋がかたい

 

ペットボトルの蓋・キャップがどうしても開かないことが、時々ありますよね。

 

そんなとき、すぐに実践できる対処法があります。

 

身近なものを使う方法や、誰でも簡単にペットボトルを開けることができる便利グッズもご紹介します。

 

「開かないから」とあきらめる前に、この記事を読んで参考にしてくださいね。

ペットボトルの蓋・キャップが開かない時に試したい対処法を紹介!

ペットボトルと飲料水の写真を無料ダウンロード(フリー素材) - ぱくたそ

今すぐ開けたいのに、なかなか開かないペットボトル。

 

イライラして力まかせに開けようとしても疲れるだけです。

一度深呼吸して、ご紹介する対処法を試してみてください。

 

握り方を変える

 

単純なことですが、ペットボトルを雑巾絞りの形に持って、蓋・キャップを回してみてください。

ペットボトルって中身が液体なので、立てたまま開けようとする人が多いです。

本体を立てて上から蓋を握ると、いまいち力が入りません。

ペットボトルを横にして、雑巾を絞るような形で左右の手を思いきりねじってみてください。

 

力が入りやすいので、案外これで開くこともあるんです。

 

少しゆるんできたら本体を立て、こぼれないように注意してくださいね。

 

スポンサーリンク
 

水滴を拭く

 

ペットボトルが濡れている時は、一度きれいに拭き取ってみましょう。

 

冷蔵庫から出して少し経つと、ペットボトルが汗をかいたようにたくさん水滴が付いています。

 

そうなると水滴が摩擦の力を軽減してしまうので、手が滑ってうまく力が入りません。

 

タオルか、もしくは着ているTシャツでぐいっと拭うだけでいいので、簡単にできる方法です。

 

ただし、濡れても大丈夫な服の時だけにしてくださいね。

 

輪ゴムを巻く

 

蓋・キャップの側面のギザギザしたところに、輪ゴムを巻きつけてみてください。

 

輪ゴムはキッチンでよく活躍するものですので、常備されていることでしょう。

 

普通の細い輪ゴムで大丈夫です。

 

1本でもいいですが、2、3本巻くとより効果があります。

二重、三重に巻いたらあとは通常どおり、ぐいっと回すだけです。

手と輪ゴムの間にしっかり摩擦の力が働いて、同じくらいの力でも簡単に開けることができます。

 

ゴム手袋を使う

 

水仕事や掃除で活躍するゴム手袋は、ペットボトルの蓋を開けるのに役立ちます。

 

輪ゴムと同じ原理で、摩擦の力で滑らなくなるのです。

 

両手にはめて使えば、握った瞬間「これはいける」と実感できるはず。

 

しっかり握って固定したら、普通に回すだけでもう蓋は開いています。

 

濡らしたタオルを使う

 

濡らしてよく絞ったタオルを蓋にかぶせて、その上からぐっとつかんで回してみましょう。

 

タオルの厚みで握る部分が太くなり、力が入れやすくなります。

 

湿ったタオルがキャップの溝をつかみ、しっかりと摩擦が働きますよ。

 

ポイントはタオルをよく絞ること。濡れすぎても、乾きすぎてもいけません。

 

スポンサーリンク
 

ペットボトルの蓋・キャップが開かない原因はなぜ?

 

いつもは開けられるのに、なぜか開かないことがありますよね。

ペットボトルの蓋・キャップが開かない原因

 

を解き明かします。

 

ハンドクリーム、油の付着

 

直前にハンドクリームを塗っていたり、料理の途中で手に油が付いていたりしたら、滑ってしまうのでうまく開けられません。

一度手を洗ってから再度挑戦してみてください。

 

握力がない

子供の頃は握力がなく、うまく開けられなかったこともあるでしょう。

また、年齢とともに、握力が弱まることがあります。

 

手に力を入れにくくなるため、ペットボトルの蓋・キャップが開けられなくなってしまうのです。

 

ペットボトルの温度

 

キンキンに冷えていると、かたくなって開けにくいことがあります。

 

夏場は冷凍しておいて、外出時に持ち出すこともあるでしょう。

 

冷たい状態のままだと開けにくいので、少しぬるくなるのを待ってみることをおすすめします。

 

 

蓋・キャップが小さい

 

外国製のペットボトルなど、蓋が妙に浅いというか、小さいことがありますよね。

うまくつかめないため、力の入れ方がわかりません。

開けにくく、閉めにくい。困ってしまいます。

 

不良品

ごくまれにですが、不良品で蓋がくっついている、または歪んでいるということがあるようです。

どんなに頑張っても普通には開かない状態ですので、切ってしまうか穴を開けるか、どうにかして開けるしかないでしょう。

 

スポンサーリンク
 

ペットボトルの蓋・キャップを握力を使わずに開ける便利グッズを紹介!

家にある道具を使うなど、なんとか工夫してペットボトルの蓋・キャップを開ける方法を紹介してきました。

ここでは、握力を使わずに開けることができる便利グッズをご紹介します。

 

ペットボトルオープナー「カルック」


子供から年配の方まで、力を入れずにペットボトルの蓋・キャップが開けられます。

 

ボールチェーンが付いているので、冷蔵庫の扉にかけておいたり、普段使うバッグに付けておいたりすることで、いつでも気軽に使えます。

 

柄の部分では缶のプルタブも開けられるようになっているので、1つ2役の便利グッズです。

 

 

キャップオープナー「スマイルオープナー」


 

片手で開けられるペットボトルオープナーです。

 

後ろに3つの吸盤が付いているので、冷蔵庫に付けておくことで簡単にペットボトルの蓋・キャップを開けることができます。

 

ケガで片手が使えない時や、病院、子供やお年寄りのいる家庭で活躍しそうです。

 

 

まとめ!

 

ペットボトルの蓋が開かない・キャップが開かない時の対処法と便利グッズを紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

 

ペットボトルの蓋が開かない・キャップが開かないというのはよくあることで、開かないと困りますよね?

 

そんな時は今回紹介した

・握り方を変える

・水滴を拭く

・輪ゴムを巻く

・ゴム手袋を使う

・濡らしたタオルを使う

の方法を試していただければと思います。

 

また、ペットボトルの蓋を開けるための便利グッズも安い値段で買うことが出来るので、いざという時に持っておくと便利ですので、気になる方は是非、購入してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です