ライターがつかない時の復活方法を紹介!付かない原因はコレ!!

 

 

喫煙者はもちろん、喫煙者でなくてもキャンプ花火ろうそくに火をつける時、ライターが付かなかったら大ピンチですよね。

 

 

特にライターを頻繁に使わないと、付くか付かないかチェックする機会も少ないと思います。

 

 

でも、いざ付かないとものすごく焦ってしまいますよね?

 

 

使う頻度が少ないために、改めて買うのもちょっと気が進まないことも。

 

 

そこで今回は、ライターが付かない時の原因と復活させる方法をご紹介します。

 

 

ライターのガス欠だと諦める前に、復活させることができるかもしれませんよ!

 

ライターの火が付かない原因は?

オイルライターの火の写真

 

ライターにはガスライターオイルライターターボライタージッポライター100円ライター電子ライターといったようにさまざまな種類があります。

 

 

ライターの種類によって火が付かない原因も異なりますが、大きく次のような原因が考えられます。

 

 

ライターの火が付かない原因

 

ガスやオイル、電池が切れている

燃料を補充した直後である

ライター自体が冷えている

長期間使っていない

炎の調整ネジがマイナスになっている

ライター部品が壊れたり、傷んだりしている

風がライターに直接当たっている

 

ライターの火が付かないのは、

ライター自体に問題がある場合

ライターを使う周りの環境に問題がある場合

に分けられますね。

 

 

燃料切れの場合は補充できるタイプであれば補充し、補充できないタイプの場合は諦めて買い替えましょう。

 

 

ちなみに、燃料補充直後はライターが付きにくい場合があるので、常温に少し置いてから使うと良いですよ。

 

 

炎の調整ネジがマイナスになっていると、火が小さく付きにくい原因の一つになる場合もあります。

 

 

部品に傷みがありそうな時は、交換してみるのも効果的ですね。

 

 

長期間使っていないライターは、寒い時期であれば本体が冷えきっていたり、ガスが出る部分が詰まっていたりすることがあります。

 

 

気温が低い日にライターを寒い場所に放置したままにすると、ライターの付きが悪くなります。

 

冷えきったライターを使うと火がすぐに消えてしまう気がしますよね。

 

実は、ライターに使われているガスは温度が低くなるほど揮発性が悪くなって、火が付きにくくなるのです。

 

気圧が低い場所でも、付きが悪くなります。

 

使っている人間にとっては、それほど強い風でなくても、ライターは少しの風でも影響を受ける場合があります。

 

風が強く当たると、一瞬火が付いたとしてもすぐに消えてしまい、なかなか点火に至らなくなります。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

ライターの火が付かない時の復活方法はコレ!


 

 

ライターの火が付かないのには、燃料切れ以外にも何らかの原因があるのですね。

 

 

次に、原因別に復活させる方法を見てみましょう。

 

 

ライターが自体が冷えている→ライターを温めてから使う

 

ライターを触った時にひんやりしているようなら、本体を温めてから点火してみましょう。

 

私は暖かい部屋にライターを持ってきたり、ライターを手で握って温めたりしています。

 

洋服のポケットに入れておくだけでも効果があります。

 

ライターのオイルを温めてあげる感覚ですね。

 

ゆっくりと温まってくると、自然に火が付きやすくなりますよ。

 

長期間使っていない→詰まりを取り除く

 

ライターを長い期間使わずに放置していると、ガスの吹き出し口にホコリなどがたまってライターの付きが悪くなります。

 

しばらく使っていなかったと思う時には、ライターの内部を動かしたり、詰まりを取り除いたりしてみましょう。

 

例えば、

ライターを振る

火が出る部分に詰まりがないかを確認する

ガスの吹き出し口をつついてみる

 

といった方法を試してみてください。

 

風がライターに直接当たっている→風が当たらないようにする

 

 

ライターの火が風によって付かない可能性がある場合、風が吹いてくる方向を手で遮ってライターに風が当たらないようにします。

 

 

段ボールなど風避けになるものがある時は、その影でライターを付けてみてください。

 

スポンサーリンク
 

ライターの火を復活させる際の注意点

 

ライターを復活させる方法をご紹介しましたが、復活の際には注意しなければならないポイントがあります。

 

付かないライターでも油断せずに、付く可能性があると考えて安全面に配慮した作業をしましょう。

 

ライターを急激に過度に温めない

 

冷えたライターを温める際には、直火やストーブなどに当てるのは危険です。

 

ライターにはガスやオイルが入っているため、引火したり、爆発したりする可能性もあります。

 

ライターを温めるときには、じんわりと徐々に温めてみてくださいね。

 

ライターを顔や手に近づけない

 

ライターの火が付かないからといって、スイッチを押しながら顔や手を近づけるのは危険です。

 

突然火が付いてしまうと、火傷のおそれがあります。

 

ライターを扱っている以上は、火が付くものだと思って油断せずに慎重に扱いましょう。

 

換気の悪い場所や燃えやすいものの側では作業しない

火が付かないからと、ライターを使うには不適切な場所で作業するのは止めましょう。

 

ライターが復活できた時に、火事の原因になってしまう可能性があります。

 

まとめ!

 

ライターの火が付かないからと捨ててしまう前に、復活できるかどうかチェックしてみるのもアリですね。

 

ライターの火が付かないことには、燃料不足ももちろん考えられますが、それ以外にも原因はあります。

 

原因が分かれば、復活させる方法も絞られてきますね。

 

ちなみに、着火の際に火は付きにくくても、火花が出るようであれば、まだ復活する可能性が高いですよ。

 

まずは、復活方法を一通り試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です