林振華被告の現在の顔画像と両親は?愛知県蟹江町で山田喜保子さん家族を殺害、死刑判決

出典:TBSニュース

2009年、愛知県蟹江町の住宅で山田喜保子さん当時57歳と次男の雅樹さん当時26歳を殺害し、3男にも大怪我をさせた留学生の男の判決が下りました。

容疑者の名前は中国人元留学生林振華被告(35)で現金およそ20万円を奪ったなどとして、強盗殺人などの罪に問われていた裁判です。

判決の結果は死刑判決だったそうです。

非常に残酷なこの事件の概要とについて紹介して行きたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

 愛知県の住宅で親子3人を殺傷するなどしたとして1審と2審で死刑判決を受けた中国人の元留学生に対し、最高裁は上告を退ける判決を言い渡し、死刑が確定することになりました。

中国人の元留学生・林振華被告(35)は2009年、愛知県蟹江町の住宅で山田喜保子さん(当時57)と次男の雅樹さん(当時26)を殺害、3男にも大けがをさせた上で現金およそ20万円を奪ったなどとして、強盗殺人などの罪に問われています。

出典:TBSニュース

この事件は2009年に起きたもので、愛知県の住宅で親子3人を殺傷し現金およそ20万円を奪った元留学生の裁判です。

この事件の容疑者名は林振華被告35歳です。

非常に残酷な事件で、事件が起きたのが2009年と考えると、約9年間もの間、裁判を繰り返していたことになりますね。

いくら犯行の残虐性極まり無いものだとしても、日本の法律では、中々死刑判決にすることが難しく、今回の裁判のように死刑判決になっても、これだけの月日が立つことはけして珍しくありません。

ここが現在の日本の法律の悩ましいところでもあり、もどかしいところでもございますね。

裁判の様子、林振華被告の証言や主張は?

出典:テレ朝ニュース

残念ながら裁判の様子を再現した画像は現在公開されておりませんでした。

しかし以下に裁判のがどのように行われたのかが記載されております。

林被告は一審の名古屋地裁、二審の名古屋高裁ともに死刑判決を言い渡されて上告していました。最高裁は6日の判決で、犯行について「強固な殺意に基づく執拗(しつよう)かつ無慈悲で残酷なもの」と指摘しました。そのうえで「自己中心的で身勝手な動機に酌量の余地はない」として、被告側の上告を退けました。これで林被告の死刑判決が確定することになります。

出典:テレ朝ニュース

裁判は一審、二審とその残虐性から死刑判決を受けており、最高裁の判決で「強固な殺意に基づく執拗(しつよう)かつ無慈悲で残酷なもの」と指摘した上「自己中心的で身勝手な動機に酌量の余地はない」と林被告の死刑判決が確定しました。

しかし弁護側と被告側は以下のよう弁論しておりました。

 一審と二審では、求刑通り、死刑判決が言い渡されていましたが、林被告側は犯行の計画性を否定し、死刑の回避を求め最高裁に上告していました。

出典:東海テレビ

被告側は「計画性はなかった」などと極刑回避を求めたが、木沢裁判長は「殺害を思いとどまる機会があったのに、その都度凶器を手にして犯行に及んだ。結果は重大だ」と退けた。

出典:時事通信

弁護側と林被告は最高裁まで、計画性を否認し、死刑を回避しようとしておりました。

しかし犯行時にモンキーレンチを持っており、山田喜保子さんの頭を数回殴るなど、計画性があると判断し、結果は重大なものとし、死刑判決を受けることになりました。

犯行にはモンキーレンチ所持しており、金品の物色、腕時計を1点、現金約20万円を奪っており、計画性がないと弁護するのは難しかったと思われます。

林振華被告の現在の顔画像は?

出典:テレ朝ニュース

残念ながら現在の顔画像については公開されておりませんでした。

またコチラの顔画像は事件を起こした2009年当時のものだったのでしょうか?

現在の年齢が35歳だとすると26歳の時の顔画像でしょうか?

笑顔の青年でとても今回のような残虐な事件を起こす顔には思えません。

しかし、もし林被告がサイコパスなのであれば、この様な二面性を持っていてもおかしくありませんね。

サイコパスの特徴の1つとして、外見では判断できない部分も多いのが特徴です。

人は見た目で判断できないところが恐ろしいことを今回の事件で再度痛感しました。

現在の顔画像は公開され次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

林振華容疑者のプロフィール

名前 振華 りん しんか
年齢 35歳
職業 留学生
血液型 不明

9年前に事件を起こしたので、当時の年齢は26歳と言うことになります。

国籍は中国国籍ということが現在判明しております。

現在でも、給料の高い日本への出稼ぎにくる外国人は多く、林容疑者も出稼ぎ目的で来ていたのでしょうか?

しかし、腕時計や現金を盗む犯行をしていたということは、恐らく日本に来て裕福な生活は送っていなかった可能性は非常に高いと思われます。

現在でも、日本での外国人の貧困率は年々増加の傾向をたどっているだけあって9年前の事件は、決して他人事ではないことがわかります。

また林容疑者のFacebookアカウントの調査もおこないましたが、個人と断定できるアカウントが存在しませんでした。

Facebookアカウントの検索結果はコチラ

林振華容疑者の両親の顔画像

林振華容疑者の両親の顔画像は公開されておりませんでした。

しかし、林振華容疑者両親は最高裁に出廷しており、被害者のである山田さんの遺族に対して「1万回謝罪しても足りない」と述べており、被告の死刑に対しても、「生きて罪を償って欲しい」と訴えていたそうです。

きっと両親もまさか自分の子供がこの様な事件を引き起こすとは思っていなかったのでしょう。

両親の証言からも分かる通り、きっと良い両親だったのでしょう。

しかしこの様な事件を起こしてしますとは、親不孝にも限度があると思えます。

9年前に事件の起きた民家はどこ?

出典:テレ朝ニュース

出典:テレ朝ニュース

事件は画像の民家で起きたものと思われますが、画像の情報だけでは正確な住所を特定することができませんでした。

蟹江町の住宅街ということもあって、事件当時は近隣の住民の方もきっと驚かれ、怖かったことでしょう。

コチラについても正確な情報が入り次第加筆を行いたいと思います。

スポンサーリンク

ネットの声

・被害者の無念と恐怖を体験せずに済まされる事は無い。

・本来は、六か月以内の執行が法で定められています。

・当然の結果。後は早急に刑を執行してほしい。

・裁かれる前に
罪の自覚はないものでしょうか。

・早く執行して下さい。

被害者のご冥福をお祈りします。

出典:Yahoo!ニュース

死刑判決は確定したものの、ここに来るまでに9年という月日が経ち、その分死刑制度についての不満や死刑執行を急ぐ声が多くあり、現代の日本の法律の問題を痛感しました。

今回の事件は非常に残虐性が高く死刑判決を免れるのは非常に難しかったを思います。

今回の判決でもし、死刑でなければもっと批難の声が多かったことも予想できます。

今回の事件は元留学生の残忍性の高い事件であり、今後この様な事件がなくなる事を祈るしかありません。

9年前に亡くなられた、被害者の方のご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする