斉藤竜太郎容疑者の顔画像と勤務先の会社はどこ?女性の後をつけ羽交い締めにした犯行がヤバイ

出典:TBS NEWS

女性にわいせつ行為をしたとてIT関連会社の社員・斉藤竜太郎容疑者22歳が逮捕されました。

斉藤容疑者は20代の女性の後をつけ、羽交い締めにした後、胸を触るなどのわいせつ行為をした上、転倒させ女性に全治2週間のけがをさせた疑いがもたれているそうです。

身勝手かつ非常に許し難い犯行です。

今回の事件の容疑者である斉藤竜太郎容疑者の顔画像と斉藤容疑者の勤務先のIT関連会社について調査したいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

出典:TBS NEWS

 帰宅途中の20代の女性のあとをつけ、羽交い締めにしてわいせつな行為をしてけがをさせたとして、22歳の男が警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、IT関連会社の社員・斉藤竜太郎容疑者(22)です。

出典:TBS NEWS

事件は今年の8月に起きたもので帰宅途中の20代の女性のあとをつけ、羽交い締めにしてわいせつな行為をしてけがをさせたとして、22歳のIT関連会社の社員・斉藤竜太郎容疑者が警視庁に逮捕されました。

斉藤容疑者はおよそ400メートルにわたって女性のあとをつけており、羽交い締めにして胸を触るなどのわいせつな行為をし転倒させ女性に全治2週間のけがを負わせております。

400メートルに渡ってストーカー行為というだけで恐ろしいのにこの様な犯行に出たと考えると非常に恐ろしいですし許すことの出来ない犯行どと感じます。

この時被害に遭った女性は恐怖だったでしょう。

そう考えると平気でこの様な犯行を行えるのかが不思議です。

自分の性的な欲求だけの為に女性が傷つくなんて絶対にあってはならないことだと思います。

そう考えると今回の犯行は非常に身勝手な犯行だと感じます。

スポンサーリンク

斉藤竜太郎容疑者はわいせつ行為の常習犯だった?

現場周辺では、今年に入ってから同様の手口の事件が数件相次いでいるということで、警視庁は余罪についても調べています。(28日18:30)

出典:TBS NEWS

報道によりますと現場周辺では同様の手口の事件が相次いでいたそうです。

斉藤容疑者は以前からもこの様なわいせつ行為を行っていたのでしょうか?

しかし犯行の手口からして犯行はかなり手慣れたものである可能性が非常に高そうです。

コチラについては今回の事件の関連性が分かり次第加筆させていただきます。

斉藤竜太郎容疑者の顔画像

出典:TBS NEWS

コチラが斉藤容疑者の顔画像になります。

顔は比較的整っており、イケメンといえばイケメンの部類でしょうか?

顔つきもおとなしそうですが、この様なわいせつ事件の場合おとなしいタイプの人間が犯行を起こすパターンが多いのが特徴です。

スポンサーリンク

斉藤竜太郎容疑者のプロフィール

名前 斉藤 竜太郎 (さいとう りゅうたろう)
年齢 22歳
職業 IT関連会社の社員
住所 非公開

22歳と年齢は若く、IT関連の会社の社員ということで、最終学歴は高卒専門卒のどちらかでしょう。

しかし22歳と若いのに何故この様な犯行に手を染めてしまったのでしょうか?

いくら自分の欲求の為とはいえ女性をこの様なことで傷つける行為は絶対に許されませんし何より、22歳と若いのにこの様なことで人生を棒に振るのはもったいない気がします。

犯行については容疑を認めているそうです。

斉藤竜太郎容疑者のFacebookアカウントについても調査しましたが本人と断定できるアカウントを特定することは出来ませんでした。

斉藤容疑者のFacebookアカウントの調査結果はコチラ

斉藤竜太郎容疑者が勤務しているIT会社の情報は?

斉藤容疑者の勤務先のIT会社について調査しましたが公開されておらず、現段階では特定に至りませんでした。

コチラについては情報が入り次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

事件が起きた場所はどこ?

残念ながら正確な事件の場所については現段階では公開されておりませんでした。

コチラについても情報が入り次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

ネットの反応

・22才で顔も名前もバッチリ有名になったね。おめでとう。

・どういう経緯で性癖が確立するのか知りたい。
まだ若い加害者だが性癖の更生は困難。
再発防止のためにも、もっと研究してほしい。

・男はムラムラしても理性でそういう行動は起こさない。理性が利かなくなる人間は、今後も同様の性犯罪を起こす可能性が大なので、一度性犯罪を起こした人間は極刑にして欲しい!もしくは去勢して欲しい!

・手脚切って欲しいけど、それだと人様の世話で暮らさないといけないから男性自身をカットね。

出典:Yahoo!ニュース

今回の事件は女性に対してのわいせつ行為ということでかなり怒りの声が多く見受けられました。

またこの様な性癖は中々更生するのが難しく再犯率も高いということでそのことを危惧する声も多く見受けられました。

今後この様なことを再犯しない為にも今回の計は重い物にして欲しいですね。

今後この様な事件で女性が被害に遭わない社会になることを望みます。

まとめ

今回の事件は8月に東京都・板橋区で起きたわいせつ行為の事件でした。

この様な事件は後を絶たないだけあって今後もこの様な事件が起きないかが心配になってしまう内容でした。

この様な事件で女性に恐怖心を植え付け、傷つける行為は絶対に許されるものではない為、容疑者には今後重い刑罰を望む声が多く見受けられただけに今後の実刑判決もどの様になるか気になるところでございます。

今後この様な事件が無くなることを祈るばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする