坂口一朗容疑者の顔画像と勤務先の病院はどこ?飲酒運転で女性が軽いけがをした事件の概要は?

医師の男が飲酒運転をし逮捕された事件です。

この事件で逮捕されたのは坂口一朗容疑者57歳です。

被害にあった47歳の女性は幸い軽いけがで済みましたが打ち所が悪ければ大事故になってもおかしくありませんでした。

今回の事故について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

出典:カンテレ

大阪府和泉市で、医師の男が飲酒運転をして、女性にけがをさせ逃げた疑いで逮捕されました。

ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、和泉市に住む医師の坂口一朗容疑者(57)です。

坂口容疑者はきのう午後6時すぎ、和泉市いぶき野で中央分離帯に乗り上げて対向して走る車2台に衝突、うち一台に乗っていた女性(47)に軽いけがをさせたにもかかわらず逃げた疑いがもたれています。

出典:カンテレ

事故は大阪府和泉市で起きたもので逮捕された医師の坂口一朗容疑者は飲酒運転でひき逃げをし女性にけがをさせた疑いで逮捕されました。

女性には幸い大きなけがはありませんでしたが、一歩間違えれば大事故になってもおかしくありませんでした。

人の命を救うはずの医師による飲酒運転事故ですが許し難い事故ですね。

また坂口容疑者のアルコールの基準値は大きく上回るものでした。

警察によると、坂口容疑者は事故からおよそ1時間後に警察に出頭し、呼気からは基準値以上のアルコールが検出されたということです。

出典:カンテレ

事故の1時間後に奥さんと一緒に警察の方に出頭したそうです。

坂口容疑者も流石に自分が起こした事故に対しての危機感が出てきたのでしょうか?

それとも妻に説得されて出頭してきたのでしょうか?

スポンサーリンク

坂口一朗容疑者の苦し紛れの言い訳

出典:カンテレ

警察の質問に対して坂口容疑者は「中央分離帯に当たったが車に当たった認識はない」と容疑を否認しておりますが自分で出頭してきたのにも関わらず事故当時のことを覚えてないのでしょうか?

恐らくですが

・妻に説得されて出頭したから苦し紛れの言い訳をしている

・本当に覚えていないくらいにお酒を飲んでいた

この2つの可能性が考えられますが、仮にどちらだとしても飲酒運転をしたことに変わりはない為医師としての立場が今後危うくなってくるのは確実だと考えられます。

また中央分離帯は激しく破損しており事故の様子を物語っております。

スポンサーリンク

坂口一朗容疑者の顔画像は?

出典:カンテレ

坂口容疑者の顔画像は現在の時点では公開されておりませんでした。

コチラの情報については情報が入り次第加筆していきたいと思います。

坂口一朗容疑者のプロフィール

名前 坂口 一朗(さかぐち いちろう)
年齢 57歳
職業 医師
容疑名 飲酒運転とひき逃げ

年齢は57歳の医師ということで腕はベテランだったことに違いありません。

しかし何故飲酒運転なんてしてしまったのでしょうか?

今回の飲酒運転とひき逃げの罪で恐らく医師免許剥奪は免れないでしょう。

また坂口容疑者のFacebookアカウントも調査しましたが顔画像が公開されておらず個人と特定できるアカウントを見つけることが困難でした。

坂口容疑者のFacebookアカウントの検索結果はコチラ

スポンサーリンク

坂口一朗容疑者の勤務先の病院はどこ?

坂口容疑者はいぶき市の病院に勤務していることが報道の時点では判明しておりますが正確な勤務先の場所名前については公表されておりませんでした。

何個候補はあるものの実際にメディアが報じた情報が公開されているわけではない為、現時点では公開は控えさせていただきます。

コチラの情報についても情報が入り次第加筆の方を行って行きたいと思います。

スポンサーリンク

飲酒運転とひき逃げのあった現場は?

事故のあった現場の正確な場所については特定出来ませんでしたが、報道を見る限り自宅と病院そして事故現場は近場であったことが分かります。

スポンサーリンク

ネットの反応

・サラリーマンは飲酒運転1回で退職を余儀なくされるが、医師も医師免許剥奪で人生を考えさせれば良いのに、、、

・人を救うはずの医師の暴走運転が多いように思う。
大半の医師は真面目にやってると思うが...

・人身事故にならなくて良かったな。
医者が飲酒ひき逃げじゃシャレにならん。

出典:Yahoo!ニュース

今回の事件は人の命を救う医師が起こした犯行ということで厳しい意見が多く見受けられました。

しかし無理もないかと思います。

今回の事故は幸い女性の方は腕に軽いけがだけで済みましたがこれで済まなかったらもっと大変なことになっていたでしょう。

今後坂口容疑者にはどのような刑罰が待っているのか?

そしてこのような事件で世間の医師のイメージが悪くならないことを祈るばかりでございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする