磧本佳巳の顔写真と夫は?長女の優月ちゃんをマンションの5階から投げ落とし殺害

2歳の長女をマンションの5階の自室ベランダから投げ落として殺害した容疑で母親で無職の大阪市住吉区、磧本佳巳容疑者(31)を殺人容疑で緊急逮捕されました。

磧本容疑者は調べに対し「間違えない」と容疑を認めているそうです。

わずか2歳のわが子を殺害した事件の概要とは?

今回の事件について見ていきたいと思います。

更新情報あり

スポンサーリンク

事件の概要

長女(2)をマンション5階の自室ベランダから投げ落として殺害したとして、大阪府警住吉署は30日、母親で無職の大阪市住吉区、磧本(せきもと)佳巳容疑者(31)を殺人容疑で緊急逮捕した。

出典:読売新聞

まだ幼い長女をマンションの5回の自室ベランダから投げ落とし、殺害した事件です。

逮捕されたのは、なんと母親の磧本(せきもと)佳巳容疑者です。

この様な犯行は普通では絶対あり得ない行動だと考えられますが、この様な犯行に及んだという事は、日頃から虐待などあったのでしょうか?

しかしどんな理由があっても子供を殺害するというのは考えられない行為ですが日ごろから育児に追い詰められたのでしょうか?

調べに対し、磧本容疑者は「間違いない」と容疑を認めているという。

出典:読売新聞

容疑者は犯行を認めているそうです。

また

出典:FNN

当時3人とも室内にいた。磧本容疑者は、止めようとする夫を振り切って優月ちゃんをベランダの手すり(高さ約1.1メートル)越しに落としたとみられ、府警が動機を調べている。

出典:毎日新聞

磧本容疑者の犯行を夫は止めようとしたようです。

しかし、それを振り切り、ベランダの手すり五指に落としたと見られています。

止めようとした夫を振り切り、犯行に及んだ原因は何だったのでしょうか?

相当に追い詰められていたのでしょうか?

どの様な経緯で犯行に及んだかは、現在は発表されておりませんでした。

発表され次第加筆させていただきます。

犯行動機、5月2日追記

事件発覚の原因

通行人の女性がマンション東側の敷地内で優月ちゃんが倒れているのを発見し、119番した。住吉署によると、磧本容疑者は夫(36)と優月ちゃんの3人暮らし。ベランダには高さ約1・1メートルの手すりがあり、同署は磧本容疑者が優月ちゃんを抱えて手すり越しに落としたとみており、動機を調べている。

出典:毎日新聞

事件発覚のきっかけは通行人の女性がマンション東側の敷地内で優月ちゃんが倒れているのを発見し、119番した事でした。

しかし、幼い女の子が倒れていたという事で、発見した女性は驚きを隠せない状態だったと思われます。

以下、5月2日追記

犯行現場ではこの様な出来事が起こっていたようです。

【優月ちゃんの救助にあたった男性】
「絶対信じられない。ショックや、本当に」
Qまさか子供を落とすとは
「全然(思えない)」

出典:カンテレ

救助にあったた男性もショックを隠せない状態だったそうです。

確かに幼い子が血だらけで倒れていて冷静でいられる方が不思議なぐらいです。

また、「絶対信じられない」という言葉には、そんなことをする人ではなかったという意味も含まれていたのでしょう。

事件の目撃者と救護した男性は、このように語っています。

出典:FNN

出典:FNN

【目撃者】
「男の人の叫び声が聞こえて、ベランダに出たら赤ちゃんが仰向けで倒れていて、周りの人が応急処置をしてた」

当時、駐車場に倒れていた優月ちゃんを発見し、心臓マッサージをしたという男性は・・・。

【優月ちゃんの救助にあたった男性】
「お父さんが結構パニックになっていて、『優月ちゃん、優月ちゃん』と言っていた」
「私が心臓マッサージをしました」

Q磧本容疑者は見ていただけ?
「見ていただけ」

優月ちゃんは全身を強く打っていて、病院に搬送されましたが、およそ2時間後に死亡しました。

当時、磧本容疑者は夫(36)と優月ちゃんと3人でリビングにいました。

妻の犯行について夫はこのように話しています。

「気づいた時には、妻が娘を抱えてベランダに出ようとしていた」
「止めようとしたが間に合わなかった」

出典:カンテレ

夫は容疑者である妻の犯行を必死に止めようとしていました。

しかしそれを振り切るほどという事は、相当精神状態が不安定で、判断能力はなしに等しい状態まで追い詰められていたのでしょう。

夫は日々そのことを知っていたのかも気になる所でございます。

犯行動機

以下、5月2日追記

大阪市住吉区で2歳の長女をマンション5階のベランダから落として殺害したとして31歳の母親が逮捕された事件。
なぜ、こんな凶行におよんだのか、口にしたのは育児に対する悩みでした。

出典:カンテレ

やはり育児に対しての悩みが今回の犯行の原因でした。

<なぜ犯行に至ったのか?>

磧本容疑者は殺人の容疑を認めていて、調べに対し「優月ちゃんの育児の悩みもあった」「精神的に不安定だった」と話していることがわかりました。

また、去年10月、「小さい子供の泣き声が聞こえた」と通報があり、警察がひと部屋ずつ訪問しましたが、当時、「うちには女の子が1人いますが関係ありません」と対応していたということです。

警察は2日、優月ちゃんの司法解剖をする予定で死因について調べる方針です。

出典:カンテレ

さらに精神状態が不安定だったことが分かりました。

また去年10月に「小さい子供の泣き声が聞こえた」と通報があったといいます。

子供が泣くという事は日常茶飯事だと思いますが、通報を受けるという事は、泣き声がきっと普通でなかった可能性がうかがえます。

精神的に不安定だった事もあり、日常的に虐待等もあったのでしょうか?

容疑者の顔写真

出典:ピープルズ

容疑者の顔写真は現在公開されておりませんでした。

公開され次第加筆させていただきます。

以下、5月2日追記

出典:FNN

顔写真が公開されました。

顔写真がぶれており性格な顔は分かりませんが、表情は疲れ切っているように感じます。

顔も下を向いており覇気がないように感じます。

またFacebookアカウントの調査にも踏み切りましたが、個人と断定できるアカウントがございませんでした。

精神的に追い詰められていたという事で、Facebookなどする余裕はなかった可能性もございます。

気になる検索結果はコチラ

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

名前  磧本佳巳(せきもとよしみ)
年齢 31歳
職業

無職

専業主婦をしていたみたいです。

専業主婦という事で、結婚されており旦那さんは36歳で磧本容疑者の5歳年上と思われます。

5階から突き落としたという表現を見る限り、殺意があっての犯行だったと思われます。

いくら何でも、普通の家族でしたら、いくら頭に来ても5階から突き落とすなんてことはしないと考えます。

恐れく、日頃から虐待があったなどの可能性は高いと考えられます。

こちらにつきましても、分かり次第加筆させていただきます。

以下、5月2日追記

後の更新情報に寄りますと、育児の悩みと精神状態の悪化による犯行だったという事が分かりました。

この様な犯行を見る限り後先考える、思考能力はなくなってしまっていたと思われます。

事件現場

こちらの区域のマンションで事件は起きました。

正確な場所やマンション名は公開されておりませんでした。

こちらにつきましても情報が入り次第加筆させていただきます。

ネットの声

・信じられない。
育児ノイローゼだとしても許せない。
怖かったろうに。痛かっただろうに。
心からご冥福をお祈りいたします。

・怖い、怖すぎる、、、
2歳位なら恐怖心あったと思う。
残酷だわ

・衝動的だった気もして、悔いても悔やみきれない。かわいい時もたくさんあったことと思う。

・逆にベランダから落ちないように目を配るのが普通の感覚だと思うけど、この母親は相当精神がやられているんでしょうね。

出典:yahooニュース

容疑者の精神状態についてのコメントが多く見受けられました。

日常的に育児に対して追い詰められていたのでしょうか?

しかし、それでもわが子の命を奪ってしまった行為を非常に悔やむコメントが多かったです。

今後この様な事件が起きない様に日本全体が育児態勢と周りが理解することが今後の課題かもしれません。

まとめ

今回の事件は母親が自分の娘の命を奪ってしまうと言う非常に残念な事件でした。

今後、育児に追いやられる事のない環境作りと理解こそが、この様な事件を減らせる、唯一の手段なのではと考えます。

今回亡くなってしまった長女、優月ちゃんのご冥福をお祈りするとともに今後この様な事件がなくなることを願うばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする