後嵩西倭容疑者の顔画像・Facebook特定!?墨田区で20代の女性にわいせつ行為をした動機がひどい

東京都・墨田区で起きた事件です。

墨田区のマンションの女性宅に侵入して逮捕されたのは後嵩西倭(しいたけにしやまと)容疑者です。

後嵩西容疑者は17日の午後1時に女性の住む部屋に侵入して、口を塞いだとして逮捕されております。

その犯行動機は余りにも身勝手なものでした。

今回の事件の概要と後嵩西倭容疑者について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

出典:テレ朝NEWS

 後嵩西倭容疑者は17日午前1時ごろ、墨田区にあるマンションの一室に侵入し、この部屋に住む20代の女性の背後から口をふさいでわいせつな行為をしようとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、後嵩西容疑者は女性が大声を上げて抵抗したため、その場から逃げていましたが、約1時間半後に近くを警戒していた警察官が見つけたということです。

出典:テレ朝NEWS

非常に許し難い犯行ですね。

犯行は20代の被害者女性の部屋で行われたもので、女性の背後から口を塞いでわいせつな行為をしようとした疑いが持たれるもので、女性が抵抗しようと悲鳴をあげると、後嵩西容疑者はその場から逃走。

しかしその1時間半後に近くを警戒していた警察官が後嵩西容疑者を発見し逮捕に至ったそうです。

容疑者である後嵩西容疑者が逮捕されたことは良かったのですが、今回の事件で女性が受けた精神的苦痛は計り知れないものと考えると後嵩西容疑者に憤りを感じてしまいますね。

スポンサーリンク

女性にわいせつな行為をしようとした犯行動機が余りにも身勝手すぎる

被害者女性の口を塞いでわいせつな行為をしようとした後嵩西容疑者ですが、その犯行動機は余りにも身勝手極まりないものでした。

防犯カメラには、歩いて帰宅する女性の後を約500メートルにわたってつける後嵩西容疑者の姿が映っていたということです。取り調べに対して容疑を一部、否認して「女性と仲良くなりたかっただけです」と話しています。

出典:テレ朝NEWS

「女性と仲良くなりたかっただけです」と言う理由で、女性の部屋に侵入し、口を塞いで、わいせつな行為をしようとしたと言う動機がまず、考えられません。

自分さえ良ければ女性が傷付こうが構わないと言う根端が垣間見える犯行ですね。

スポンサーリンク

後嵩西倭容疑者の顔画像

出典:テレ朝NEWS

出典:テレ朝NEWS

年齢は24歳と言うだけあって若く見えますが、犯行動機も相まって年齢より少し幼く見えました。

また逮捕時の様子ですが、終始下を俯いており、覇気のなさが伺えましたが、無理もありません。

スポンサーリンク

後嵩西倭容疑者のプロフィール

名前 後嵩西 倭(しいたけにし やまと)
年齢 24歳
出身大学 専修大学の可能性
容疑 強制わいせつ罪などの疑い

年齢は24歳と若く、彼女の有無や結婚の有無も気になります。

また、後嵩西容疑者のFacebookアカウントを調査したところ、専修大学出身の可能性が高いと思われました。

しかし本人という確証が無いためコチラでの公開は控えさせていただきます。

スポンサーリンク

事件が起きた現場は?

事件の起きた被害者女性の自宅は現在の時点では公開されておりませんでしたが、女性のプライバシーを考えると今後公開される可能性は低いかと思われます。

強制わいせつ罪の刑罰の重さは?

強制わいせつ罪の場合、一般的な刑罰の重さとしては6ヶ月以上10年以下の懲役です。

スポンサーリンク

ネットの反応

・人と違った考えを持つことは一向にかまわないさ。でも、その考えを無理やり他の人に押し付けてはいけないなあ。その人にはその人なりの考えがあるからね。

・余罪も調べ、性犯罪者にはGPSをつけてほしい

・生ちんこ挿入が仲良くなりたいってことか??

・誰かと仲良くなったことがなくて、分からないんだろうね。

・性欲満たしたかっただけやろ

・背後から口を塞いで仲良くなれるわけないだろ

・言い訳だとわかってるけど、そんな事して仲良くなれるか!!!怒

出典:Yahoo!ニュース

今回の犯行については犯行動機が余りにも身勝手ゆえ、女性に多大なる恐怖を与えたということで厳しい意見がかなり多く見受けられましたが、無理もありません。

この様な事件は本当に憤りを覚えます。

まとめ

今回の事件は墨田区のマンションの1室で起きたわいせつ事件でした。

被害者女性にけがなどがなかったことが何よりもの救いですが、今回の事件で女性のおった心の傷の深さは計り知れません。

何故この様な犯行ができるのかは理解に苦しみますが、今後重い刑罰を受けることを望みます。

今後この様な事件で被害に遭う女性がいなくなる社会になることを祈るばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする